スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20ミリの楽しさ。

「今までのベストショットは?」と聞かれると、いつも困ってしまいます。
その時々で常にベストを尽くしていて、それに対して順位をつけることが難しいからです。
だから聞かれると「これから撮ります」なんて答えを、はぐらかしたりしていますが「今年のベストショットは?」と聞かれると、もう逃げ場がありません。

イメージを表現する作品は色々ありますが技術的に満足したものという意味ではこの写真があります。
広角レンズで後追いしたものです。
雪の中を走る列車を撮ると普通にカッコいいものですが特にどうってことなく終わってしまうもの。
「そこから先にあるもう1つの何か」を掴むには逆に悩んだりしますよね。
SL撮影や有名撮影地で撮ったもののように難しいものです。

そんな中から1つ1つ手繰り寄せていったのがこれでした。
雪をまき上げながら走る列車は前面より後尾の方が雪が付着して、いい表情を見せてくれます。
それを強調するならば後追いということになります。
望遠でアップにするのもいいけれど、自分らしさを出すために広角レンズを選びました。
それでいてパンフォーカスとなる絞りこんだ状態ではなくF4という微妙な線。
失敗すれば中途半端な写真になってしまいますが成功すればイメージしただけでヨダレが出そうなぐらい、いいのが撮れそうです。
こういう勝負はダラダラやってはいけません。
成功しても失敗しても1回限りで自分に楽しいプレッシャーをかけます。
失敗したらトリミングなんて、考えられません。それならもっとラクに焦点距離が少しでも長いレンズを選べばいいのだから。

ターゲットとなる列車がやってきました。
立ち位置を何度も修正しながら構えます。
なにしろ微妙なアングルの違いがモロに出るのが広角レンズのおもしろくて怖いところ。
狙うは画面いっぱいに雪だらけの車両。上下はスキマなし!
ファインダーに先頭が姿を現し後続の車両が過ぎてゆきます。
そして音が変わったその瞬間。連結器が見えた一瞬のシャッターチャンスがおとずれたところでシュート!

会心の一撃

(CanonEOS1D-Mark2&Carlzeiss-Jena FLECTOGON 20mmF2.8 1/2000sec F4 ISO200)
日記の写真では、なかなか細かいところまで見えないと思うので、この写真を壁紙カレンダーにしますね。

バッチリ決まった満足感は他のレンズじゃ得られないものがあります。
来年は広角レンズで楽しんでみませんか?

今年は本当に色々な面で自分自身が楽しみながら撮影することができました。
また来年も勢いを止めることなく進んでゆきたいと考えています。
また日記が毎日更新できたのも毎日見ていただいている方々の「楽しみにしている」との声があったからこそだと感じています。
今後も電波のある限り更新しつづけていきたいと思っておりますので宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト

冬休みの工作

今年1年様々なものを作りましたが
今年の締めは露天風呂。
明日は正月で両親や兄弟の家族が集まるため、それに間に合わせようという企画です。
トンテンカンテンと釘打ちをしながら風呂を作っていると気分は黒板五郎。
「純と蛍、よっろこぶべなぁぉぇ」



巾4mのデッキの隅に鎮座する、お風呂ができあがりました。
費用9,000円、時間にして3時間。
我ながら上出来!

さっそく、お湯を入れて。といきたいところですが今日はなかなか忙しいのでデビューは明日となりそうです。
その悔しさを胸に秘めて、せめて入浴気分だけでもカシャッ!

今日あと何度かアップする予定ではいますが、どうなることやら!

広角レンズを真剣テスト

「今年のテストは今年のうちに。」
と思い広角レンズのテストをしてきました。
場所はホームグラウンドの物井~佐倉インカーブです。

広角レンズに求められるものは多いんですよね。
標準から望遠レンズのクセはある程度「味」として使える部分があるし、
もしダメでも撮り手がカバーすることができます。
しかし広角レンズの場合、まずはシャープに撮れることが求められます。
そのうえで「味」が表現できればいいのですが、まずはしっかり撮れるレンズなのかを見極めなければなりません。
どうしてもレンズにおけるウェイトが大きくなってしまうので、ことらも真剣勝負となってしまい厳しくなってしまうのも仕方ないところです。

さて今回導入されたレンズ。
また以前買ったものの、なかなか使うチャンスがなかったレンズをテストしてみましょう。
今回持ちだしたレンズは3つ。
フレクトゴン20mm F2.8
ヤシカ28mm F2.8
そして以前買ったMIR37mm F2.8の3つです。
それぞれ、どのようなテイストを発揮するのか楽しみです。

テストする内容は色々あります。
絞りによる変化。
被写界深度がどのように変化するか。
ボケ味はどのようなタッチか。
中央と周辺の差。
レンズの歪み。
その他、莫大なチェックポイントをノートにまとめていきます。
また、全体の色や空気感、立体感といった印象を、その都度書いてゆきます。
気になる箇所があれば納得のいくまでしっかりチェックして理解できるまで前後のセッティングから検証していきます。
今回は3つのレンズをテストしましたが間違ってならないのは比較テストではないということ。
あのレンズに較べて・・・というのは目安として分かりやすいのですが何の意味もありません。
それぞれの個性を引き出すのが目的なので、1本1本をじっくり調べていきます。

まずはMIR37mm F2.8
MIRはちょっと実用的じゃないかも。
MIR全体に言えることなんですが開放からベタベタが続き一瞬オイシイ部分があるんですが、そこから先は回折現象との折り合いがつかず本当にオイシイ部分というのが限られてしまいます。
そのため「味」を追求すると大変ピンポイントな写真になってしまいレンズのよさというのを引き出すことができずにいます。
そのオイシイ部分は絞り込んだ状態なので他のレンズを使っても一緒ということになってしまうんですね。
これを使う状況というのも必然的に限られてきます。
このレンズを使うことは可能ですが、それは単にMIRを使った。という自己満足に終わってしまい本当に使いこなすのとは違ってきてしまいそうなので今後使うことはないかもしれません。
これも2500円ぐらいで買ったものなので良しとしましょう。

さて次にヤシカ28mmF2.8

ヤシカ28mmは開放でも使えるかも。
ツァイスのレンズが暖色系であるのに対して、こちらは思いっきり寒い色。
そして重みのあるタッチだと感じます。
広角レンズの割りに開放から使えるんです。
ピントの山は広いクセに線が細い。
こりゃぁ4200円で申し訳ないぐらい使えるレンズです。
オイシイ部分も巾が広く自分がレンズを引っ張って表現できるレンズだと思います。

次に新生フレクトゴン。
やっぱり全ての面で優れています。



フレクトゴン6.3

上の写真が開放2.8下の写真がF6.3です。
開放だと、いかにもツァイスといった描写で空気も温度も写ります。
そして絞るとキリリとしいくんですね。
前回のレンズとちょっと違うところもありますが完全把握。
もう手足のように自由自在となりました。
これで来年はバリバリいけそうです。

忘年会@日暮里


先日買ったフレクトゴンの20mmF2・8ですが絞りがうまく作動しないので購入元の極楽堂さんへ相談に行きました。
修理には時間がかかるとのことで一度返品となり新たに違う個体を買い直すことにしました。
今度のはM42のマウントなので色々な条件で試すことができるようになり利用価値も広がりました。
さらに名レンズと呼ばれているヤシカの28ミリを4200円でゲット。
もし自分の考えている方向と違っていてもこの値段ならば納得がいくし部品取りとして使ってもいいかなと思っています。
でもまずは極限まで操ってみようと思うのはいつもと同じこと。
どんな世界が広がるのでしょうか。
今から楽しみです。
さて今日都内に出てきたのは理由があります。
普段お世話になっているデジタルイメージマガジンの忘年会があったからです。
ダイレクトにレンズ沼のメンバーばかりですが大いに盛り上がりました。
今回集まったのは日暮里にあるトルコ料理店。
初めて食べるものばかりで楽しかったです。
このときの様子はG3ブログに詳しく書いてありますので私は写真メインで。


左から和田カメラマン重金カメラマンライターのジュンイチさん

H氏
水煙草でトリップしているのがデジブックH氏、右側で何か食べているのがマクロの世界を撮っている吉住志穂さん
吉住さんは現在写真展を開催中ですので新宿に行かれる方はぜひチェックしましょう。
さて、お待たせしました。
踊り子さんの登場です。
集まった皆が一斉にカメラを向けている中で自分に求められているのは何か。と考えると「流し撮り」しかありません。
ところが、被写体の動きは速く、さらに予想外の動きを見せるのです。
前半に動きのクセを観察して後半勝負をかけるのは、いつものスタイルですが曲が変わると踊りも微妙に変わり難しい撮影となりました。
被写体が一番美しい姿を見せるのが、この瞬間でした。
踊る踊る!
これが1年の集大成だったのかも知れません。
昨年の自分には、こんなもの撮れなかったと思います。
今回集まった方々に色々教えていただき一緒に撮影して(欲しくもないレンズも買わされ・・・!?)勉強させていただいたことが実を結んだんだな。
と感じながら家に戻りました。
さて来年の自分はどれだけ成長するのでしょうか。
今から楽しみです。



続きを読む

バルブ撮影

昨夜、キヤノンボールに行く前に待ち合わせがあったので有楽町の交通会館3Fテラスでバルブ撮影をしていました。

普段鉄道写真でバルブというと駅で停まった車両を写す時によく用いられる撮影方法ですが、こんな使い方もできるんじゃないか。と思いチャレンジしてみました。

500系

現在クリスマスイルミネーションで彩られているのでたくさんの光がファインダーに入ります。
その向こうに走る新幹線を流し撮りする際
好きなところでシャッターを切り始め好きなところで離す。というわけです。
約2秒シャッターを切り続ました。
今度は広角レンズでもっと面白い効果を狙おうと考えています。

さて、今日はこんなものが家に送られてきました。
蓮根?

美しく肉抜きされたビレットパーツ。
いったいこれは何の部品でしょうか。
こう見えて撮影機材の一部ですよ。
ちなみに左のスモークアルマイト処理が施されているのが父のもの。
右のオレンジが私のものです。
実はまだ一部しか完成していないので、全てが仕上がったらお披露目させていただきます。
と言っても特に目新しいモノでもありません。
皆さまも一つは持っているものですが何が違うと言えば使う素材を徹底的に研究し、絶対的に優れたモノなんです。
そして今までの常識を覆す豊富なカラー。
なんか楽しそうじゃありませんか。
年が明けて何日かしたら公開できそうなので、それまでおたのしみに!

キヤノンボール

キヤノンボール、キヤノンカップと呼ばれているキヤノンの忘年会に今年もお邪魔させて頂きました。 ぐるっと見渡すと各界の大先生たちの姿が。 それだけでも見応え充分なのですが実際にお話しさせていただき、有り難いお話しを聞かせていただいたり出版社やメーカーの方とお話しすることができたり実に充実した時間をすごすことができました。 その中でも、たくさんのいい話がありました。 春から初夏にかけて、幾つかの嬉しいニュースが発表できそうです。 来年に向け、いいスタートが切れそうな予感。 実は今年の初めに100の目標をたてました。 なんとか少しずつクリヤーしたのですが最後の一つはムリかなぁと思っていただけに最後の最後でクリヤーでき100点満点で新年を迎えられるなんて、こんなにハッピーなことはありません。 願っていれば叶うものなんですね。 改めてそう感じています。

SL on the cake!

「そういえば今年はクリスマスケーキ食べてなかったなぁ。」
そんな時にめぐり合った光景がこれです。

クリスマスケーキfor Me
(Canon1D Mark?&CarlZeissSonnar200/f2.8)

手前の雪が生クリームというか溶けかけたアイスというか。
なにしろ本気でうまそうに思えてきたのでした。
あまりの寒さに幻を見たのか・・・
アイスが溶けるということは暖かい部屋の中。
「そんな中でケーキが食べたいっ!」
食べることになると執着するタイプの私ですが男1人でケーキ屋さんに入れるほどの度胸もなく目の前にある光景をケーキだと思いながら撮ることしかできずにいました。
こうなると砂浜でケーキやお城をつくるのと変わらないかもしれません。

煙突がローソク。後ろの家をチョコレートハウスにしてカシャッ!
ん~うまそう!

そんなわけで鉄道写真.comのギャラリーに今回の北海道の写真が登場します。
ちょっとムリ言って急ぎの作業をしてもらっていますので間もなくアップされると思います。
今回のギャラリーは3部作。
1スペシャルステージ
2ニセコエキスプレス
3ホワイトクリスマス
となっています。ちょっと遅れたクリスマスプレゼントとなってしまいましたが、おたのしみに!

※アップされました!

やっぱりヤバいかも


ダイハードのワンシーンを思わせる雪に埋もれた空港です。なんとかなるかと思ったけど何とかなるわけがありません。除雪したそばからドバドバ雪まみれだし一応キャンセル待ちで一つ早い便をゲットしたものの、まだ肝心の飛行機が着いていないから先行き…
こんな時は乗れなかったらかえってラッキーだったと思うようにしています。



なんてこった


さっきは小樽駅で雪が降ってきていい作品が撮れて喜んでいたのに空港に着いたら飛行機が飛ばないかもとのこと。
遅い時刻なのでお土産屋さんも閉まるし食事もギリギリセーフ。
まぁ何とかなるか。と思いつつちょっと心配



小樽へもう一度


凍結が怖いので先にレンタカーを戻し、また小樽へ。
今度は鉄道利用です。
微妙なダイヤのため走行SLを撮影すると引き上げていましたが駅に停車するイルミネーションSLを撮ろうという魂胆です。
そのためのレンズや三脚を持ってきたのだしいいのが撮りたいと思っています。写真は札幌駅で撮った携帯流し撮り。
撮影はどんなカメラでも楽しいものですね。



大回転


昨夜撮影地からホテルに戻る時、実は何度も怖い思いをしました。
なにしろ滑りまくりなんです。
「急」のつくことをしないというのは雪道の鉄則ですが、かなりゆっくりとブレーキを踏んでも滑るしハンドルもゆっくり切っても滑りまくりという恐怖。
「なんで自分だけこんなに滑るんだろう」
と考えました。
スタッドレスもしっかり履いているのに。
唯一加速は問題なし。
ということは…
そうです。リヤがロックしていたのです。
と言っても整備不良とかではなくて自分のミステイク。
撮影している間にサイドブレーキを引いてしまっていたんですね。
注意してはいたんですが、ついいつものクセでパキパキッと。
当然凍ってしまいパーシャルから少しアクセルを戻すだけでリヤタイヤが前に来ようとする動きがするんです。
よく自転車でリヤブレーキかけて後輪滑らして遊ぶじゃないですか。アレと同じ状態になってしまうのです。
こういうのって教習所でも教えてほしい事柄だとも思いますが今回は自分が悪いです。
事故にならなくてよかったですよホント。
撮影も無事済んでこれからレンタカーを返して空港に向かいます。
結局3日間ずっと同じ駅間で撮影していましたが場所を移動しながら撮影したのでは得られない充実した内容でした。
帰って写真を確認するのが楽しみです。



鉄道が海外まで伸びる計画?

ホテルに戻ったらトップにこんな見出しが。 つい路線と聞くと鉄道が真っ先に思い浮かびますが早トチリ。 よく読んだら飛行機のハナシでした。 今朝は北舟岡に行こうと思っていたのですがよく考えてみたら北舟岡って意外と不便な場所でした。 鉄道を利用すると片道2時間以上かかってしまうのです。 SLを小樽で撮ろうと思うとタッチ&ゴーとなってしまいどちらもそこそこ。というのがイヤなので再び朝から小樽周辺での撮影となったのでした。 同じ撮影地に2日いたわけですが様々な撮り方があるので飽きることもありません。 レンズや絞り、立ち位置を少し変えるだけで全く違う写真になるから不思議なものです。 しかし今回持ってきた三脚。今のところ出番がありません。 というのもワイド系レンズを使う機会が多くシャッター速度も稼げるような天気にも恵まれないからです。ほとんど1日中カメラを振っていました。 明日は三脚使うのかなぁ

うわっヤバいかも。


「カンカラカンカンッ」
フードに当たる雪の音が耳に突き刺さります。
小樽周辺は吹雪いており10分ほど撮影しているとスネあたりまで埋もれているという状況。
この寒さなのにサーファー達は波乗りを楽しんでいます。
「気合い入ってるね~」と声をかけると「そっちも寒いのに写真撮ってるでしょ」
納得。
確かにその通りです。
わざわざ、こんな寒いところで寒いことしてるのは好きだからできること。
なんか妙に打ち解けたサーファー達にコーヒーをご馳走してもらいながらシャッターを切っています。
この吹雪じゃAFも効かないし厳選して少しだけ持ってきたレンズをつけてテストしています。
中には意外なパフォーマンスを発揮するのもあり、そのうちフルセット持ってきたいと考えています。
和田さんやzinさんが持っていた某レンズ。
シャーベットトーンと呼ばれる重みのあるレンズが本領発揮するフィールドは雪国かも。



北舟岡へ


昨夜は普段考えられないぐらい早く寝てしまいました。
このところ充分な睡眠がとれていなかったので、ようやくリフレッシュといった具合です。
しかしその分朝が早くなってしまいます。
外がこの調子だしSLが走るのは夕方ということもあり、ゆっくりとした時間を過ごしています。
でも今ちょっといいことを思いついちゃいました。
北舟岡です。
レンタカーを借りているんですがホテルの窓からは先ほどから事故が続いているのが見えるため運転意欲は自然消滅しています。
鉄道で行けば、座ってるだけで目的地につくし、いいのが撮れそうな予感。
てなわけで行ってきます。



小樽で撮影


小樽界隈をロケハンしています。
海沿いでいい場所があるので、まずはこの辺で。
と思っていたら列車がやってきました。携帯しか持っていなかったのでカメラを起動してとりあえずカシャッ!
ん~いい感じ。



北海道到着


荷物室の確認とかで羽田でかなりの時間ストップしていましたが30分遅れで離陸。
現地はマイナス15℃なんてアナウンスにまだまだ現実味が感じられないままJRのホームに来てしまいした。
空港直結駅というのは大変便利ですが何も感じられないまま移動することなんですね。
ようやく景色が見えてきました。



行ってきます


朝4時30分のバスで羽田空港へ。
北海道への足は久しぶりの飛行機です。
金属探知機のあるゲートはなぜかいつも緊張してしまうものですが今日は反応しまくり。
ポケットには携帯はおろか財布も入っていないのに…
係員さんも首をかしげる謎の反応の正体は腰のコルセットでした。
このところ調子が悪く重たい荷物を持つために大事をとって装着してきたのですが今回のロケで悪化しないことを願いつつ行ってきます!




雪中歩き


新幹線というのは撮る者からすると厄介な乗り物でトンネルや高架、防音壁などにより遮られることが多く、撮影地探しは困難をきわめます。難しい撮影地を開拓さていくのも、これまた面白いことなんですけどね。
夏は木で隠れてしまうところも冬場はオープンになったり季節によって撮れる場所も変わってきます。
そんなわけで現在雪中歩きしています。



軽井沢撮影2


小海線を撮影した後しなの鉄道なんかを少し撮影して今回のメインであるイルミネーションの撮影に入りました。
持ってきたレンズのキャラクターが発揮できるよう事前からイメージしてた内容をこなすとどんどん時間が過ぎていきます。
でもおかげで素晴らしいのがたくさん撮れました。
名レンズ達ありがとう!
撮影後温泉に入ったんですが温泉と言えば牛乳。
で牛乳を飲むと、なんと今では珍しいプラキャップじゃありませんか。
ずっと探していたんですがなかなか見つからなかったキャップです。
これで何をするかと言うとM42レンズのリヤキャップになるんです。
以前10コ買ったものの全て使ってしまったのでそろそろ買わなくては,と思っていたのでラッキーでした。
でもこれはレンズ沼人の仲間にお土産として持って帰ることにします。
軽井沢名産リヤキャップ!



軽井沢で撮影1


イルミネーションの撮影ということで軽井沢に来たんですがイルミネーションと言えば夜。
それだけじゃもったいないのでやってきました小海線!
雪はチョロチョロだけどチョロチョロなりの撮り方があります。
豪雪地帯のように見えるような撮り方。ありのままの姿を活かす撮り方など色々撮影できました。
しかし毎度感じることなんですがキハ100系列って速いですよね。
加速が凄いので駅近くで撮影していてもスピードがのっています。
そう考えると今までの気動車とは別格と言えますよね。
デビュー時には話題になったけれど次に注目を集めるのは原色が姿を消す時でしょうか。




ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。