スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっと。


あれから大阪、名古屋とまわり岐阜に寄ってから長野経由で戻ってきました。
戻ってからは、たまりにたまったお仕事を
丁寧かつスピーディーに仕上げて現在に至ります。

今日は家でCPXの下ごしらえ。
明日のお昼ぐらいには現地に到着して色々な準備。
夜はトワイライト撮影会です。

ここで鉄道写真真剣勝負のお知らせ。
当日の9時からCPXは始まるのですが9時より受付をします。
先着順ですのでよろしくお願いいたします。


shinken_20140425233021ed3.jpg

また驚きの新展開。
CPXでネスレ日本さんがオリジナルのキットカットを200箱プレゼントしてくださることになりました!
嬉しい~
kitkat-3.jpg

三陸鉄道でキットずっとプロジェクトを進行させているネスレさん。
鉄道ファンならキットカット食べましょう!
ってことで、こちらのオリジナルキットカットも先着200名様限定で。
お一人様1つ限りでお願いします。
みんなに食べてほしいので。
パッケージには私の写真を使っていただきましたが
どんなデザインになるのかはお楽しみ。
自分が一番楽しみだったりして。


というわけで皆さま
那珂湊駅ホームの3710-01でお待ちしてます!
きっと晴れです。
スポンサーサイト

JustStartingここから始まる

「震災から3年経つことについて何か一言」
そんな質問があったのですが何て答えていいのか分かりませんでした。


3年だから、どうってことはないっていうのが正直な気持ちかな。
普段から、いつも頭にあって現在進行形なわけです。
やらなければならないと思うことをやっている、まだその途中ですから。
やりたいことをやるだけです。
だから今年も色々やります。
502.jpg


まだまだ続く
JustStarting!

いい仲間と出会えたのは最高に幸せなこと。



褒めて讃えよ。

ちょっとした不注意で右手の人差し指、第一関節イン側に約2cmのトゲが入ってしまいました。
外から見ても木のトゲがプックリと。
トゲ抜きでスーっと取れるような感じでもありません。
針でチクチク取るっていうには痛すぎる場所。
さらには、この長さでしょ。
放っておけば後々ずーっと痛くなってしまうのは経験上間違いないわけで。
こりゃぁ病院に行かなければ。と思ったわけです。
悪いことにはならないでしょう。

しかーし。

これって何科に行けばいいんでしょ。
皮膚科?整形外科?
こういう時はデカい病院に行くに限ります。
受付で「どしました~?」と訊かれて「実はトゲが」
なんかカッコ悪いですね。
でも「じゃ3番の前でお待ちください」
「一応お熱も測りましょうね。それから血圧も」それが関係あるのか、ないのか分からないけど普段あまりお医者さんに行かない自分が、この診察ムードに呑まれるのは時間の問題でした。
いざ「ひろたさーん、ひろたいずみさーん」と呼ばれると、もう強気な自分は居ません。
完全に弱気な患者さんになっていまいました。
「どしました?」
「トゲが刺さってしまいました。」

「ははぁ。痛そうですね。」
「じゃぁ○×△と専門用語が室内を駆け巡り中に居たスタッフに緊張感が漂ってきました。
センモンヨーゴの中で私が聞き取れたワードは「セッカイ」「ナナ」ぐらいのもの。
でも何だかタダゴトじゃない感じ。
セッカイって石灰じゃないだろうなぁ。
節介でもなさそうだし切開?
用事を思い出して帰りたい気持ちです。
でも時すでに遅し。
麻酔も注射も出てきました。
もう10年以上、注射を避けて生きてきたんですけどね。
とりあえず2発打たれました。
右手の感覚がなくなってきた頃に鋭利な刃物がいっぱい出てきました。
「ただのトゲ抜きとは思えないんですけど」
なんて事も言えず始まっちゃいました。
麻酔が効いているとは言え結構痛いもんです。
暫くおっかない音が響いていましたが
「出ました。これです」と見せられたのは真っ赤に染まった長いトゲ。
いやいや汗びっしょり。

長い闘いが終わった。
センセありがとう。

と、ここで「破傷風のワクチンもやっておきましょう」という言葉が出てきました。
ボランティアで、よく話題になっていたけれど注射が怖くて逃げてきたんですよね。
でもフィールドが仕事場ですから「やんなきゃなぁ」と思っていた自分には、いい機会です。
「その注射をお願いします」
おぉー 注射も怖がらない強いオトコじゃありませんか!
オトナって感じ。
カッチョいいな、おれ。

ところが、これって一回じゃ終わらないんですって。
来月に一発。さらに半年後に一発。
もう既に弱気。

果たして、また自分は来るのだろうか。
いや、絶対に受けておきたい気持ちは強いんですよ。
でもねぇ。
というわけで来月、誰か「破傷風2回目受けた?」って聞いてください。
勇気が必要です。
「もう注射しちゃったよ」って言ったら褒め讃えてください。
オダテが必要です。

でもさ、飲み薬とか平和的解決ってないんでしょうかね。
この機会だからエキノコックスも予防できたらと思っているんです。
強気なんだか弱気なんだか分からないのは
「あれも、やっぱり注射なのかな。」っていうのが心配だということ。
赤いきつねなら半年ぐらい前に食べたんですけど。
ダメ?

注射が本当に嫌いなんです・・・

こうやって日記を書くのに心配だったキーボード操作は不自由していません。
普段から一本打法なので(笑)
でもマウスの左クリックが難しい~

※後記
エキノコックスの予防接種なるものは存在していないようで。
もちろん赤いきつねを何倍食べても予防にはなりません。
生水は飲まない(名水もやめようかな)など色々と注意しなければ。

まだまだ続けます。

2年が経ちました。
昨年の今日は姫路で写真展とともに講演をさせていただき
その瞬間を黙祷で迎えました。
そこでは多くの方々と会話させていただく機会があったのですが
全国どこで災害があっても兵庫からは大勢の人たちが助けに来る。
その理由も理解できるような気がしました。

今年も3.11に向けて色々とお話しを戴きましたが
そこには商業ベースというものが存在するものばかり。
地元が潤うならば幾らでも何でもする。
どこへだって自分で行く。
でも、そこに甘えて関係ない人が儲かるっていうことに自分は興味を持てなかった。
多くの団体や企業が撤退する中、こういう節目で注目を集めること自体はいいとも感じているのも事実だけど。

2013年も「みんなの笑顔プロジェクト」は継続します。
第一弾は陸前高田。
その後は南相馬、南三陸で開催できることになりました。
初動は誰もが参加できる。
その後は自分の力が発揮できることを。

自分の場合は写真だったということ。
それだけです。
やればやるほど、かかる圧力。
だけど絶対に負けません。
評価なんて、どうだっていい。
自分は、やりたいこと、正しいと思ったことをやり続けます。
理不尽なことって、どこにでもあることだと思います。
だから、みんなも負けないで


x_126.jpg


写真家である前に

_MG_0450.jpg


ずっと気になっていて
すぐに駆けつけたい気持ちでいっぱいだったけれど
自分には、やらなければならないことが山ほどあるし。
そんなわけで日記も放置して仕事漬けの日々。

_MG_0438.jpg


でも、ようやく目処がつきました。
ほんと遅くなってしまってごめん。
クルマにシャベルとか色々と積みこんで。
目指せ1300キロ先の熊本。
今まで、いい写真をたくさん撮らせてくれた大好きな地だから
今度は恩返ししなきゃね。

なんだか最近こんなことばかりだけど
だからこそ日本が大好きになっていくし写真もまたしかり。
そんなことを実感しています。

_MG_0432.jpg

立野スイッチバックで撮影したなぁ。
なんて気になる方は一緒に汗をかきましょう。
詳しくはオープンジャパン(旧石巻ボランティア支援ベース絆)にて
http://openjapan.net/

つくば再訪

よい子の道ボランティアベースに参加してきました。
いわゆるボランティアセンターをベースとしたものとは違い
有志で結成された集団です。

IMG_0063.jpg
▲活動テントを張るために借りた場所が小学校のすぐ下。その道の名称からつけられた名前。

オープンジャパン(旧石巻ボランティアベース絆)が軸にはなってるけれど、これは今回だけの
いわば期間限定・地域限定のプロジェクト。

東北の沿岸や会津、和歌山県の那智勝浦などで活動して知り合った仲間が、ここに集まったわけです。
ツイッターやface bookなどを使っている人がほとんどいないのも不思議で特徴的なところ。
携帯で連絡をとるわけでもなく皆の思いが同じだから自然に集まってしまうんですね。
文明の利器を使わないから鼻がきくのかもしれません。

場所柄、関東の人が多いけれど
愛知や三重、岐阜や兵庫、和歌山などから来た人もいて
さらには普段写真を撮っている人や鉄道ファン。
それから近所の筑波サーキットで開催されているレースに行くのを
急遽変更してボランティアに参加した人もいて。
普段は住むところも違えば行動もバラバラ。
それでも、いざという時には大きな力としてドカーンと活動できるなんて凄いことだと思います。

IMG_0045.jpg

IMG_0053.jpg

こうして集まった人たちだから動きもまた素晴らしいのなんのって。
自分の役割として、来た方が安全に効率よく作業できるように動くことが多かったのですが
こちらの言うことをしっかり理解してくれるし自己完結型で作業ができる方が多かったので
本当に気持ちよかったし
だからこそ事故もなかったのだと思います。


皆さま本当にお疲れ様でした。

そして今でも切れた電線が風に舞っているということ。
これもまた現実です。

IMG_0058.jpg
▲報道で伝えられることは、歪曲していることだってある。つぶやかれることが間違っていることだってある。それが拡散されているのを何度も目にしてきた。自分が何より大切にしたいのは自分で見て聞いて感じること。それは、これからも変わらないし、やがては写真にも、それが表れていくと思う。

5月13日を持ちまして、オープンジャパンでのボランティアの受け入れを終了させていただきます。
5月14日以降ボランティア参加希望の方々は つくばボランティアセンターにお問い合わせください。
※オープンジャパンの現地活動を、筑波大学や地元商店街のみなさまに引き継ぐ形となりました。
決してボランティアが必要なくなったということではございませんので
今後とも竜巻被災地に目を向けてくださいますようお願いいたします。

Tomブログ
http://ameblo.jp/tomkichige/

ナゼカ地上絵失敗

ようやく雑誌や広告関連の年末進行というものが全てこなせて
とりあえずホッと一息。
そんな中、朝の散歩では幻想的な光景を見ることができました。
IMG_9529.jpg

いつになく暖かい12月ですから最近までは田んぼも青くて不思議な感じがしたけれど
ようやくキリっと寒くなってきましたね。
そして田んぼも、いつもの寒い色に。

IMG_9528.jpg
▲自分の家は赤い小山の中で、すぐ右側に見えるのはゴルフ場。

そんな清々しい空気の中ではございますが(っていうと怒られそうだけど)諏訪君が近所にいるとのこと。
彼は近所に土地を買って、これから住もうというのです。
詳しくはこちらのどこかに。
近所って言っても10kmほど。都内で言えば東京駅から新宿駅とか、そんな距離ですけど
田舎道だと信号5~6箇所。10分ほどで到着してしまうんですね。
そんな近くに住んだら、これから先どうなっちゃうんだ?



「今日は何やってんの?」
「穴掘ってる」
「じゃ行くよ」
ってな具合で行ってきました。
これが諏訪邸です。

IMG_9552.jpg

これだけ見たら悲壮感が山盛りだけど、これが現在の住居ってわけじゃなく仮設の道具置き場ってことで。

それでですね、何ゆえ穴を掘ってるかっていうと植樹のためなのだとか。
長靴履いて軍手してスコップを手に穴掘り開始!
なんだか今年はこんなことばかりしているなぁ。
岩手や会津、和歌山・・・
那智勝浦は未だ全ての泥出しができていないのだと耳にしました。

色々なことを思い出しなが掘っていきます。
「ランダムでいい」って言うもんだからグーグルアースで見た時に
「バカ」って見えるように木が植えてあったらビビるだろうと企んでいたんだけど
さすがにバレてしまいマジメに掘ることに。
根切りシャベルってザクザク掘れるから作業効率いいです。
そんなわけで本日の作業は終了~

上げるために

現在開催中のデジ侍写真展「光」ですが
ここに来るまでの道のりは、自分としては特別なものでした。

始まりはNYの写真展遠征です。
自分が得た僅かなものは、とてつもなく大きくて厚い壁となりました。

見なきゃ
聞かなきゃ
知らなきゃ
考えなきゃ
何ていうことなく過ごせたのだと思います。
でも、その自分が考えたレベルに達したかったし
それを望まない自分が許せませんでした。

具体的には言えないけれどステップアップへの鍵が手にできるような気がしたんです。
正確に言えば鍵の隠し場所が見えた。
これも違うな。
鍵があるかもしれない。そんな感じだったのだと思います。

ここで考えました。
前に進むべきか。
見なかったことにしておくか。
何度も何度も考えました。
なんて言ったって重たくて大きい鍵です。

一歩踏み出せば後戻りなんて中途半端なことはできません。
そこから鍵を手にするまでは自分のレベルがめちゃくちゃ落ちます。

矯正ですよね。
自分の経験で言えば水泳でフォームを矯正した瞬間ってタイムがガタ落ちするんですよ。
もう泳ぐのが嫌になるし大会なんて出たくないぐらい。
レースが終わってもタイムなんか見たくないし当然、結果だってついてこない。
でも一旦それまでの記録とか捨てても矯正した後の自分を信じて一歩踏み出すわけじゃないですか。
何とか新しい泳ぎ方を身につけて僅かでもタイムアップできれば
そりゃもう最高のトンネルを抜け出ることができるんですが
どうしても合う合わないってあるもんです。

その時は戻ればいい。

いや、実際何度も戻ろうとしましたよ。
チャレンジする前の方が上手に撮ることができたし、ラクに撮れていたし
いい写真が撮れていたんですから。相対的にね。

いっそのこと流行りもんに手を出そうとしたこともあります。
でも、さすがにそれは応援してくれている人たちに申し訳ないって思うし自分が今やりたいことじゃない。
また試したり戻ったりなんて中途半端なことやってると、いいことないのは充分痛い思いしてきたから判っています。

全部自分の今まで培ってきたものを捨ててゼロから組み立てることにしました。
今回は水泳の時のようにコーチもいないし全て自分で判断していかなきゃなりません。
しかも、その間にも仕事はこなさなきゃならないし迷惑はかけられないし。
そんな中で写真のことを語らなければならないことだってあったのが辛かったかな。

そんな中開催されたデジ侍の写真展がNY凱旋というテーマだったんですよ。
これが一番辛かった。
NYに出した写真をそのまま展示する方法もあったと思います。
でも、その後大きく自分は変わったわけだし。
その過程を歪曲させちゃいけない。なんてね。

もう最低でした。本当に。
会場には居たくないけど、できるだけ在廊するようにして反応をしっかり受け止めなきゃって。
針のムシロですよ。
少なくとも自分のベストじゃないし、それを多くの方々に見られるって最低じゃないですか。

でも「写真の言い訳は写真でつけなきゃならないんだよ」って、いつも土屋さんが言ってることが頭の中をグルグル回ってて。
その後は日々データとったりトレーニングしたりで何とか過去のレベルまで達したことを実感して
思っていたより時間はかかったけど結局、目指していた場所が見えてきて。
今回はプリントまで含めて「今までの自分のベストです」って、しっかり言えるようにまでなりました。

本当に諦めなくてよかった。
目指す場所や物がはっきりしていればいるほど必ず叶うもんだって本気で思っています。

だから何かを目指す人
途中カッコ悪いけど覚悟して一歩前へ。
自分を信じて精一杯 本気で、もがきましょうよ!






ところで今回の写真展では写真の販売をしています。
高橋じゅんいちさんが代表として活動しているバックアップセンタージャパンに寄付ということから
普段では絶対ないお手ごろ価格です。

IMG_0244-453e6.jpg



既に自分の写真が4枚売れてしまったこともあり購入できなかったという連絡を戴きました。
ちなみに会場では展示現物ということもあり
売り切れ御免の早い者勝ち表記になっていますが
ご希望があれば同じ価格でプリントしてブックマットを写真に合わせオーダーしますので
会場でお申し込み戴ければと思います。
よろしくお願いいたします。

IMG_9508.jpg
が販売可能写真でが売約済み。自分のは複数のお申し込みOKですので、ぜひ!

さてさて。
明日は朝からEOS学園の撮影実習。
お昼から新幹線で北上して鉄道フェスタに写真集を持って行ってきます。
お話しをいただいたのは暑くなる前だったかな。
「本当に来てくれるのか」って心配だったみたいだけど、しっかり約束は守りますよ~

また近々、色々と新しい企画を発表できそうです。
今、色々とあたためていますので少々お待ちを。
それから近日中に写真集やグッズの経過を報告させていただきます。
こちらも少々お待ちを。

ほんの一瞬のできごと

「今年こそはmoto gpに行こう。」
そう思って、もてぎに向かった。
久しぶりのサーキット。

_MG_9343.jpg

全日本を現役で走っている友達。
世界GPを走っていた友達。
なぜか中学の同級生やTUBEのドラマー松本さん、
いつもイベントに来てくれる方々なんかとお会いしたり
なんだか同窓会のような雰囲気だった。

_MG_9345.jpg

この日の大きな目的はショーヤ君の写真集をブースで売ることだったけど
この性格だからジッとしていられるわけもなく
すっかり妻に丸投げしてしまい自分は多くの時間を人に会ったりレース観戦に使っていた。

持っていたパスは主催者であるIRTAから送られてきたものでパドックやピットにも入れちゃうプレミアムなもの。
だから歩いているとライダーなんかにも出会えてしまう。
その中にマルコ・シモンチェリ選手がいた。

_MG_9415.jpg

昨年から最高峰のクラスを走り始め
とにかく激しい走りで大注目されている彼は他のライダーを巻き込んでクラッシュしてしまうこともあり
非難を浴びることもあったけれど
徐々に安定感を身につけ必ずや近い将来チャンピオン争いをする台風の目となる存在であることは間違いない。
そんなライダーだ。
アフロヘアーも走りも激しいものであったけれど実際に見る彼は線が細く繊細なイメージに思えた。

そのギャップが意外で、すっかりファンになってしまうのは私だけではなかったようだ。
特にモジャモジャ古賀がモジャモジャ・マルコと握手しているシーンは見ものだった。
とにかくスターのオーラを撒き散らすことができる数少ない人物だと思う。

そんな彼が今日、マレーシアでレース中に亡くなってしまった。
ほんの一瞬のできごと。
信じたくないけれど、もう彼のアグレッシブなレースを見ることはできない。
いつも、こういうことが起こるたび
「こんな辛い思いをするならば」
と考えてしまうけれど、それでも離れることができずにいる。

_9331970.jpg

ヤクは当分いらない


昭和44年1月生まれのワタクシ。
自分が何歳なのか忘れてしまっています。
34歳が3年続いていたという実績もあるので年齢に興味がないっていうか関心がないのかもしれません。
そんなワタクシも厄年だけは気になっています。
何しろ前回の厄は酷かったですから。
諏訪コージ君もシャンシャンシャンって厄除けしてもらったというし
今年は、あのシャンシャンシャンをしてもらおうと稲毛の浅間神社へと行ってまいりました。
「あのー昭和44年1月生まれなんですが今は何厄ですか?」と訊いてみたんですがね。
「僕バイトなんで分からないんです。この冊子に書いてあるんで」
と表を見たのですが読めば読むほど分かりません。

うーん・・・

数えだとか早生まれだとか。
結局おれは、どうなんだろ。
もしかしたら今年後厄だと思っていたのに実は立春で解放されるのかも。
でも読み方によっては、今が本厄で今度の立春から一年が後厄なのかな。
まぁ後厄でも立春まであるし厄除けしてもらうことに。
ようやくシャンシャンシャンとやってもらったわけですが頭を下げている最中にやってもらったので実感はないんですよね。
例の音だけ。
で、最後にこんなものを戴きました。

R9331295.jpg

効き目ありそう。
でも+1-1。難しいぞ。

結局いつまで厄が続くのか分からないまま撮影に出かけました。
カシオペア狙いで。

一応調べましたよ、そりゃ。
で準備万端。コンセントレーションもバッチリいい状態に仕上がっています。
時計とにらめっこしながらカシオペアを待ちます。
「雪とかで、ちょっと遅れてるのかな。」
と思っていたら、やってきました。
でも客車が青くない?
どうやら北斗星が定刻でやってきただけみたい。
あれ?カシオペアは?
と思って鉄道が得意な写真屋さんに電話してみたところ
「今日は走ってないですよ」
ありゃりゃ。走行日の読み方を間違えたみたい。
落ち着いて考えればすぐ分かることなのにね。
+1-1。難しいぞ。

明けました。

いよいよ2011シーズンですね。
昨年は考えることがたくさんありました。
前に進むため色々と犠牲になったこともあります。

それでも目指すところが明確になったのは本当によかった。
色々な経験をさせていただいた結果です。
自分の活動をバックアップしてくださる企業や団体、そして人の力。
いつも感謝しています。
今シーズンは大きなことから小さなことまで楽しいことが
たくさん控えているから
思いっきり楽しんでいきたいと思います。
見守っていてください。

   広田泉

もじゃもじゃアタックNo2

月曜日に、もじゃもじゃ君とともに長野に行きました。
「どこも暑いなぁ」
なんて話しながら信号待ちしていると
同じく後方で信号待ちしていたトラックが突然暴走。
ハイエースのリアゲートにアタックしてきました。

1トンの荷物を積んでいたトラックですから衝撃もヘビーです。
首を中心に背中や最近よくなってきた腰がまたドカーンと。
厄年に屈するわけにはいきません。
こんな時こそアクティブにね。

IMG_0485.jpg

病院から見える景色。
まるでリゾートでしょ。

IMG_0488.jpg
(のんではいけません)
はい。湿布は、できれば自分も飲みたくありません。

しかし例えそれが10対0の、もらい事故だとしても保険ですべてまかなえるわけではありません。
もじゃもじゃ君にも痛い思いをさせてしまうし
最高に便利なロケ車も当分使えないし身体は痛い。
積んであった自転車は傷だらけになるし壊れる。
なんだかんだ不便なもんです。
トクすることなんか何もありません。

まだ暫く暑い日が続きます。
何が起こるか分かりません。
皆さんも本当に気をつけてくださいね。

大丈夫・・・なのか?

毎日毎日本当に暑い日が続いていますね。
こういう時こそしっかりしなければならないと思うのですが

こちらのコラムでは便座4丁目になってるし。

こちらでもカメラの名前を見事に間違えてるし。

暑いですからね。
今日は午後、基本的に在廊しています。
ちょっと打ち合わせに出てしまうこともありますが見かけたら声をかけてください。

いぢわるなテスト

s9.jpg
既に多くのお申し込みをいただき
そろそろ貸し出しの自転車も終了に近づいてきたサイクルトレインinサマーバケーションの打ち合わせで
おろしたてのS90を使いました。
「なんかアレに似てるなぁ」なんて。GRって言いました?おそらく多くの方が思うであろうアレの感覚で撮ったところ
「ありゃりゃ失敗しちゃっかな」というカットだったんですよ。
思ったよりシャッターが開いている時間が長かったから手ぶれは間違いないだろう。
そう判断したわけです。

ところが液晶を覗いてみたら、あっけないぐらいに普通に写っているじゃありませんか。
で、レンズの前を見たらISとか書いてあるし。
もっとよく見たらズームもついてるし。
勉強不足でございました。
それでですね。
カメラをいじっているうちに、もっと凄いことを発見。
なんと流し撮りモードまでついていることが判明。
サーボAFまでついてるし。
なんだよEOS+Lレンズみたいじゃん・・・

コンパクトだから、こんなことしたくはないんですが少々シビアなテストをしてみました。
まぁイジメです。
そしたらね
ある項目で5DII&7Dと同じクセが見えました。
ってことは、あれも?これも?
全部の項目でってわけじゃないですが限りなく同じベクトルを持っています。
Digic4みたいだと思ったら本当にDigic4なんですね。(さっきキヤノンさんのHP見たら書いてありました)
既に発売されている新しいカメラとか使うときはサイトとか見るクセつけなきゃいけないと感じた今日この頃です。

どうすればロー・インパクト?

撮影で旅に出ていると時々ギョッとするものを見てしまうことがあります。
鉄道写真を撮っていて熊に出会うことは避けられないようで。
一度出会ってしまうと敏感になってしまうものですよね。
音、匂い、目視・・・
とにかく五感をフルに研ぎ澄ませているようになるものです。

安心できるのは熊が冬眠している間だけ。
と思っていたら、こんなものを見つけてしまいました。

_MG_8830.jpg

分かりにくいですよね。
大きくしてみましょう。

u_MG_8830.jpg

熊の足跡よりは遥かに小型ではあるものの犬の足跡よりは断然大きいものでした。
また横にある人間の靴の跡も凄く大きくて。
自分の靴と比較してみると150%という巨大な足跡です。
イエティでもいるの?ってな感じでした。
一度気づいてしまうと気になるものです。
通りかかった人に訊いてみましょう。
すると「雨が降ると足跡に水が溜まってジワーッと大きくなるもんなんだよ」とのこと。
なぁるほど。
なんでも聞いてみるもんですね。
_MG_9179.jpg

どうして、こんなことを思い出したかというと
先日、畑の中に、こんなものを発見したからです。
これ何だか分かりますか?

_MG_5909_20100427214841.jpg


丸い穴は正三角形の頂点を結ぶようについていました。
三脚の跡です。
畑の土は柔らかいからグリグリっと押しつけたのでしょう。
さらに雨が溜まり次第に大きく広がっていったようです。
雪の足跡みたいに。

畑の中に入らないようにするのはもちろんですが三脚も考えて使いましょう。

毎年タムロンさんで発行させていただいている小冊子で書いた7つのマナーがサイトにも掲載されました。
http://www.tamron.co.jp/news/release_2010/0426.html
特に最近マナー6が問題になってきています。
我々鉄道写真を撮る者にとっては邪魔以外の何物でもない雑草ですが築堤の土留めとして存在していることもあるしバラスが田畑などに入ることを防止する目的で存在することもあると聞きました。
もし刈りたいならば鉄道会社もしくは土地の所有者に問い合わせることで刈り取ることができることもあります。
もし、やるならば必ず筋を通してから刈りましょう。
そして根から刈っていいのか残しておくべきかも同時に訊いておくことが必要です。
また刈ったものを、そのままにしておくべきか持ち帰るべきかも合わせて訊いておきましょう。

絶対に無断で刈り取ることだけはやめましょうよ。
こちらも読んでみてください。

怒涛Week折り返し

このところ続いている怒涛ウィークですが
今のところ無事に折り返しています。

今日は数多くの打ち合わせをしてきました。
この日が今までの流れを一気に変える一日でもあったから気合い充実。
今まで撮りためたものを一気に放出する場もあり
このところ面白いと思っている作品を放出する場もあり
はたまた全く新しい作品にチャレンジする場もあり。
また今後の活動をサポートしてくださる企業にお願いする日でもありました。

今後やっていくことは大きく分けて仕事と活動。
その2つがメインとなります。
仕事をしなきゃご飯は食べられないけれど
今ある問題を解決するためには、やらなければならないこともあって。
それが今やるべき活動だと考えます。
バランスよくできればいいけれど、まだ誰もやったことのない世界だから不安もいっぱい。
それでもチャレンジできるのは応援してくれる人と、それを支えてくれる企業があるからです。
本当に皆さん、ありがとうございます。


それから最近よく訊かれるCP+に関してですが
今年もカメラメーカーさんとレンズメーカーさんでトークを予定しています。
(なんとなく分かりますよね)
初日と2日目は4ステージ。
土曜日は比較的静かにしていて日曜日は連続で一気に喋り倒しますよー
また情報が解禁になったら日記にてお知らせしますね。

怒涛Week

「このあたりは怒涛の日々が続きそうだな~」
なんて手帳を見ながら考えていました。

気づいたら、いつの間にか突入しているじゃありませんか。

でも毎日、色々な方々に会えるし内容も楽しいことばかり。
ポジティブな怒涛を楽しんでいる幸せ者です。

_MG_0274-(2).jpg

それにしても昨日のツアー楽しかったな。
この写真よーく見てください。

皆さんEOS&タムロンなんです。
B003とA20かな?
最近この組み合わせを多く見るのですが
ここ秋田でもスタンダードみたい。

シチュエーションに応じてVCを操作するあたり
かなり使いこなしているようです。
ということで記念撮影!

ふた足お先に

秋田内陸縦貫鉄道の撮影ツアーに参加の皆さま
今週の土日は思いっきり楽しみましょう。
バッテリーのスペアと充電器は忘れずに。

私は、ちょっとお先に撮影しながら秋田に向かいます。
そのためには今ある仕事を片づけなきゃ。

#41

41歳になりました。
なんだか新年よりも気が引き締まる思いです。

私の場合、生まれつき1月9日生まれなので
(当たり前ですが)
クリスマス→年末→正月→誕生日となります。
イベントぼけしそうな感じもするのですが
一番引き締まるのは、やはり誕生日なわけで。

今年は厄年だから、ちょっと気をつけなくちゃと思うのですが
ガンガン攻めていくのは変わりません。
自分に嘘のない、お気に入りの写真を撮っていきたいと思います。

明日は早朝からスペシャルな撮影があるので早く寝なきゃ。

まいった

正月早々やっちまいました。
風邪です。
いきなり体温が上がり何もできない状態に。
インフル?と思い調べてもらいましたが反応は出ませんでした。

もう、ひたすら眠りつづけましたよ。
こんなに眠ったのは赤ちゃんの時以来じゃないだろうか。

電話がかかってきてもロクに返事はできないしメールも以下同文。
皆さま、ご迷惑をおかけしました。
早く復活したいです。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。