スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200806長野:プラナーにイチコロ

「どれを使ってみますか?」
コシナの方にそう訊かれて「50mmと28mmを」と即答しました。
普段常用しているコンタックス・プラナー50mmF1.4と同じものを使うことでD3の特性を掴みつつ興味のあった28mmF2を探っていこうという方針です。

R1083654.jpg
▲いまどきプリントではなく彫刻されたレンズの文字。どんな装飾より満足度が高く感じる。こういうのに私は弱いため、すでにイチコロ。

実際に撮影してみるとファーストショットで、コンタックスのプラナーとは全く別物であることに気づきました。
「コンタックス・プラナーと変わらないフィーリング」なんて書かれていたレビューを鵜呑みにしていた自分を呪うしかありません。
開放付近の特徴的な、いわゆるプラナー画。
そこには細いながらもしっかり芯があります。
絞ってゆくと、そこから力強い像を結んでいくのですが立ち上がりのカーブがコンタックス・プラナーとは別物だと感じました。
絞り羽根も限りなく円形に近いもので凝ったつくりで背景のぼけは、さすが帝王といったものです。
実絞りレンズですからファインダーを覗いていると一発で分かってしまいます。
イチコロですよ本当に。

DSC_1161.jpg


また広角の28mmも素晴らしい仕上がりでした。
ディスタゴン特有の透明感はより強くなりフレクトゴンを思わせる立体感が加わったような印象です。

DSC_1171.jpg
▲F2開放で車体の塗装面までこってりと描写されている。様々なコンディションで撮ってみたくなってしまった。

こうなってくると他のレンズも気になってしまいます。
「2本をしっかり試したい」という当初のコンセプトはとうに吹っ飛んでしまいました。

DSC_1267.jpg
▲怖ろしいほどの解像力を持つ25mm。28mm感覚でスナップすると、もう30cmの寄りが必要。難しいけどおもしろすぎ!

DSC_1305.jpg
▲「設計が大変でした」と語る開発者の一言で使ってみたくなってしまった85mm。降り始めた雨で濡れてゆくレールの表情も優しいタッチに生まれ変わる。草のピントがあった部分は痛々しいほどシャープな像を結んでいた。これで女性を撮るのは当たり前すぎ?。鉄道風景を撮っていくとどうなるのだろう。

やはりマニュアルレンズはおもしろいですね。
絞りを操作しながらピントを回して被写界深度を探ってゆく過程が「写真を撮っている」と実感できます。
レンズのキャラクターを尊重しながら撮り手が一緒に写真を仕上げてゆくという感覚だから撮ったときに全てが完結。プリントまで一直線というフィーリングが楽しく感じてしまいました。
そういえばカメラの液晶モニターもろくに見ていなかったなぁ。
フィルムカメラで撮って、あるはずのない液晶を見てしまうことはあっても逆は初めての感覚です。
目の前に広がるアーティスティックな光景を見ていると新しい感覚で写真が撮れてしまうのではないかと感じてしまいました。
しかし、これらのツァイスレンズはほとんどがNikon用のものばかり。Fマウントユーザーが羨ましく思えてしまいます。
しかし、このまま見送ることもできそうにありません。

もうガマンの限界です。そこで「今50mmの在庫はありますか?」
言うまいとしていた言葉がほろり。

R1083656.jpg


で、買っちゃいました。

ファーストインプレッションもイチコロ。
シリアルナンバーも156・・・
絞りもまん丸。
私の満足度もまん丸二重丸!

めでたしめでたし。

スポンサーサイト

200806長野:0800

moblog_497598.jpg

ところが現在コシナさんでリリースされている一眼レフ用レンズはニコン用がほとんど。
そこでニコンさんに相談してみました。
ニコンさんにしてみれば自社のレンズではなくコシナさんのレンズということもあり断られて当然だと考えていました。
EOS学園をはじめキヤノンさんのイベントで色々やっているし。
でも快諾していただき今回夢のコラボが実現したわけです。

200806長野:0700

moblog_497595.jpg

昨日は須坂に到着後スイッチが入ってしまい日記のことをすっかり忘れてしまいました。
その原因となったのがこのレンズ。

勘のいい方はもうお分かりになると思いますが須坂といえばコシナさんがある地。
以前から大好きで何度か日記にも登場していますが、この素晴らしいレンズをつくるメーカーさんだからどうしても来てみたかったんです。

200806長野:1422

moblog_497371.jpg

野駅を出発~
ここではロマンスカーと東急8500系の以前ではありえなかったミラクルな並びがお出迎え。
田園都市線で育った私にとって8500系は思い入れの深い乗り物。
長野の車窓を眺められるなんて、これまたミラクル!

200806長野:1133

moblog_497344.jpg

こんな景色の場所に。
社員さんのデスクからは田町電車区が俯瞰できるのだとか。
公開希望!

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。