富良野線の撮影


ラベンダーで有名な富良野線ですが私が好きな撮影地は鹿討駅周辺です。
このポプラがアクセントになるのですが毎年すくすくと成長するのでアングルも少しずつ変化してきます。
本当は今日あたり札幌に入るつもりだったんですが、少々疲れが出てきているので富良野でのんびり撮影してパワーを蓄え明日にそなえたいと思っています。




早朝北舟岡アタック


昨夜呑み交した方々と熱い握手で別れ早朝から北舟岡にて撮影。
その後札幌方面へと向かっています。
車があまりにも調子いいので不気味だと思いチェックしてみました。
どこかがいつも調子悪くないと落ち着かない車になってしまったようです。
すると少しガソリンが漏れているような箇所を発見しました。
パイプを辿っていった結果ガソリンタンクとインジェクションに繋がっているみたい。
そこにある太鼓っていうことはフィルターでしょうか。
とりあえず問題なさそうなので、このまま走り続けることにします。
しかし、あまりに無防備な燃料パイプです。ダートでガリッとやったら怖いので帰ったらアルミでプロテクターでも作らなきゃなぁ。
なんて思っています。
今は苫小牧のあたりで休んでいるんですが戦闘機が上空を飛びまわっています。
撮影したくなる気持ちを抑えつつ出発!



北舟岡で撮影


到着後日没まで北舟岡で撮影していました。
すると同じように撮影に来た方と合流。
こちらは元々北海道まで来る予定はなかったものですから、情報も何もありません。
彼から色々教えてもらい最終的にはダイヤグラムまで頂いてしまいました。
ありがとうございます。大感謝です。
そして今日は例によって道の駅で車泊です。
入るやいなや、主の方にビールを頂きながらデータをパソコンで処理しています。
こういうのが旅人の楽しさでもあります。
色々と情報交換しつつ飲みながら深い話にもぐっていきます。そしてそれぞれの車に戻ってゆく。
こんな楽しい思いをしながら毎日旅を続けるっていう豊かな日々を送ることに感謝です。



函館のコインランドリー


今回も家を出てからだいぶたつので洗濯物がたまってきました。
いつも北海道で利用するのは五稜郭駅前にある「ゆとり工房」です。
ここで洗濯物をつっこんでおけば、五稜郭駅や周辺で撮影もできます。
最新のマシーンが置いてあるので長期で北海道撮影に来られる方には、おすすめです。



函館朝市は500円のイクラ丼でスタート


毎年訪れる度に凄まじい勢いで観光地化してゆく函館朝市ですが今回もそんなことを思ってしまいました。
実は昨夜はホテルに泊まりました。
莫大なデータをCDに焼いておくには電源が必要だからです。
さらに撮影時に目がゴロゴロするな。
と思ったら片方の目に赤い点が強く出ていたため、休養という意味もあったのです。
普通に血管が切れていただけならいいんですが神経とかだと怖いので…
朝起きたら目もだいぶよくなりひと安心。
朝から函館市電を撮っています。
珍しく濃い霧が出ていて幻想的なムードに包まれているのでおもしろい写真が撮れそう。



大間港からのフェリー


大間港に着くと、お昼だったので、ゆっくりと昼食をとることにしました。
マグロ漁港なのでマグロ入り刺身定食です。
そして「マグロひとすじ」Tシャツに手を出してしまい、あまりに暇なのでカモメを撮ることにしました。
でも中々難しいんです。
ようやくカモメの癖を掴んだ頃には1・6ギガも使ってしまいました。最終的には顔面どアップが撮れるようになりました。
そして今は船の中です。
あと少しで北海道!





もうひとつの温泉に行ってみると


もうひとつの温泉があると聞き行ってみると橋が見えました。
ちょっと分かりにくいけど枕木も見えます。
どうやら間違いありません。
行ってみようと思いましたが熊の足跡だらけだったので断念。今年こそは熊と出会わずに済ませたいものです。



6kgレール?


大間港まで車を走らせていましたが今日の第2便には間に合いそうにないので
ちょっと寄り道。
パーキングで休んでいると「勝手に入れる自然の温泉があるよ」と地元の方が教えてくれたので行ってみました。
やはりいいもんですね。
そこで景色を眺めていると川にレールが突き出しているのが見えます。
元々軌道があったのでしょうか。
あってもおかしくないシチュエーションです。



大湊線に後ろ髪ひかれつつ


さらに北上を続けていくと家のつくりが北海道のようになり植物も北国仕様になってきているのが分かります。
ルピナスはやはり寒い冬を越さなければ花がつかないようで千葉ではムリだったようです。
道の駅横浜のホタテづくし定食を食べたかったけどまだ始まっている時刻ではなかったのでパス。
さらに北上を続けていきます。



泳ぐかたつむり


今朝は激しい雨が降っています。
かたつむりも水たまりの中を泳いでいます。
とても暗くシャッター速度を稼ぐことができないので絵本用の写真は撮ることができません。
ISO感度を上げれば回避できることはできるんですがノイズが出てしまうため、本当に写真として使えるのは200まで。
最悪でも320と考えています。
そんな雨の中、JRRの坂さんから運行状況のメールを頂きました。
遠く離れたところから心配して下さるのは本当にありがたいことです。
いつもありがとうございます。
その内容は五能線が大雨で運転見あわせとのこと。
その影響はやがてこちらにも来そうです。
天気予報を見ると一週間は晴れません。
なんとかせねば。
よくドラマで犯人が逃亡して「こんなとこまで来てしまったぜ」
と下北半島で言っているのを見た記憶がありますが今の自分は雨から逃れて下北半島まで来てしまったようなもの。
そして雨に追い詰められて身動きできずにいます。
ならば…?
向こうがわに渡ってしまいましょう!
というわけでフェリー乗り場に向かってひた走る広田泉でした。
許せ父上他皆々様。




東北はやっぱりいい!


特に青森や岩手は最高ですね。
北海道よりも味があるし、本当にいい環境の中を走る鉄道が多いと思います。
今日は一般道ばかり400キロ以上走って少し疲れたけど、撮影することにより癒されるという幸せな環境にいられることを感謝しています。
青森市街から浅虫に向かう途中に「うとう」という食堂があります。鉄道ファンには「うとう色」でお馴染の名前ですね。ここのラーメンは昔ながらの醤油ラーメンで250円。
安いんですがトッピングが異常に高いのが不思議。
でも色々な定食があって大好きなんで、いつも利用しています。
今夜は青森の常宿「道の駅浅虫温泉」に泊まります。
波の音に混じって貨物列車の音が聴こえてきます。
明日は小湊あたりで本線を撮影してから大湊線を撮る予定です。



そこから弘南鉄道へ


津軽鉄道の後
弘南鉄道へと撮影に向かいました。
弘南鉄道は線が2つあり、それぞれメインは元東急で活躍していた車輛なので、福島交通に続き懐かしいイメージ。
その移動中でガソリンを入れようと思いスタンドに入ろうとするとビックリ仰天!
こんなものが…
給油するわけでもないだろうに。




津軽鉄道で撮影


秋田から一般道を使い北上したので結構疲れが出てきましたが五能線から津軽鉄道へ。
ここには「毘沙門」という駅があります。
昔、遊んでいた仲間に毘沙門と呼ばれていた男がいたのを思いだしてしまいます。
津軽鉄道も中々いいシチュエーションの中を走っています。
父が「全部が撮影地」と言っていたのも頷けます。




轟木駅近くにある道の駅でランチ


焼き魚定食は「ホッケかサバあたりかな」と思っていたら凄くうまい鯛でした。
まずは頭を取りおすいものにつけておき全て食べ終わってからご飯にかけて食べるのをテレビで見たことがあったので、やってみたところ
鯛の旨味が出て本当においしかったです。



五能線轟木駅


五能線はやっぱりいいですね。
本当に全てが撮影地なのでガイドとかつくる必要がないぐらい。
海をダイレクトに入れてももちろん普通に絵になりますが、表現として考えた場合にも「小道具」が豊富です。
錆びた屋根、海を感じさせる植物、その他たくさんの物を絡めて作品にするには時間がいくらあっても足りないと感じました。
今度ゆっくりと時間をかけて来なければ。



五能線の撮影に入ります。


秋田から海沿いを北上して青森県に入りました。
地図で見るより遠かった気がします。
途中霧の中を走っている時に583系に抜かれた時は銀河鉄道999のようで凄く幻想的でした。
途中の駅で停まった583系は、しっかりカメラにおさめてきました。
そして今は五能線にいます。
ここ北能代駅は貨車が待合室になっており、いい感じ。
気になるのでホームに立ってみると上下とも、素敵なムードで撮影することができそうです。



さて今日は何処に行こう。


朝起きて自分が何処にいるのか一瞬分からなくなることがあります。
海際に車を停めたせいか津波の夢まで見てしまいました。
さて今日はなんとか青森まで行きたいと思っています。
時刻表を見たら、きらきらみちのくが走るのは今日までと書いてあるじゃありませんか。
次は7月になるとのこと。
ショック…



道の駅「象潟」


秋田まで海際を移動していましたが同時に今夜の宿(道の駅)も探さなければなりません。
昨日暑かったのに、お風呂に入れなかったので今日は何としてでも入りたいところです。
走っていると道の駅象潟(さきかた)を発見。
ここにはお風呂もあるんです。
「ここに泊まるがいい」と神の声が聞こえたところで入浴タイム。
海が見えるお風呂は最高です。
そしてお腹が減ったので焼き魚定食とカキのかまくらを注文。もちろんビールも忘れてはいけません。
カキのかまくらというのはカキのまわりにはんぺんのようなものがかぶせてあり
海苔で味つけしてある絶品料理です。
これが東京の居酒屋でも食べられたらいいのに。と思いました。



しつこく利府の写真です。


利府の基地は電気機関車のトップナンバーが数多く保存されています。
以前は利府駅の近くに置いてあったんですが今どきの落書きという悲しい姿になっていたので移動したものと思われます。
公開の際にはこちらも合わせて楽しみにしていて下さい。
ちなみに今日の写真はEF71-1です。
さて、今日は陸羽西線を無事撮影した後
秋田まで移動しています。



画像再び


昨日の写真で反響があったので横からのフォルムも。
昨夜は陸羽東線の池月駅前にある道の駅にて車泊。
ここは駐車場に傾斜もなく、ぐっすり休むことができるうえコンビニまでありビールも売っているという素晴らしい道の駅でした。
朝の列車を撮り仙山線に移動。
その後、左沢線を撮影し現在陸羽西線に向かって移動中です。
先ほど道の横にある温度表示は36℃を指していました。
暑いわけです。
でも山に雪が被っているというアンバランスさが東北に来ていると実感です。



ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード