締め切り

月末といえば会社員の頃修羅場だったことを思い出します。 今は比較的自由の身になったとは思うものの、やはり月末はてんてこまいであることに変わりはありません。 「じゃ今月中に何とか」 そんな会話から生まれる締め切り地獄というやつです。 同じ日に発売される雑誌ならば締め切り日も同じようなものなので同時進行で色々進んでいくといった具合なんですね。 仕上がったものは発送したり直接持ち込んだりメールに添付。サーバーにアップ。 色々な手段で納品しています。 さて、残るはあと2つ。 がんばります!

新しいレトロ

ある企画で都電荒川線ロケに来ています。 「来た!」 テスト中のカメラでカシャッ! 携帯を取り出し日記用にカシャッ! 同行していただいたデジタルカメラマガジンのYさんは、この新車を見て一言。 「かわいい~古い車両なんですか?」 「いや、バリバリの新車。」 「なんでレトロなのに新車なんですか?新車なのにレトロ?」 う~ん難しい質問。 「貸切とかイベント用にレトロ調の車両を新たに作ったんだよ」と答えたのですが理解できたのだろうか… まぁ、かわいいと言いながら携帯でカシャッと撮っていたのでヨシとしましょう。

ラッキーつづき!

昨日、軽井沢で撮った機関車はEC40でした。 一番最初の電気機関車として有名ですね。 日記でも書いたように、ここへは駅の外にある観光案内所で入場料を払えば入ることができます。 しかし既に閉館した後だったので、しなの鉄道のホームから撮影しようということに。 ところが、しなの鉄道では列車が来ない時刻はホームに入ることができません。 そこで駅員さんに事情を説明したところ、特別に入れていただくことができ無事撮影することができました。 しなの鉄道の皆様、ご丁寧に説明までしていただき本当にありがとうございました。 と、ここまでは仕事での撮影だったのですがここからは趣味の領域です。 軽井沢といえば私の中では草軽なんですよ。 以前、軽井沢を訪れたときは何処にあるのか分からなかったため悔しい思いをしたのですが今回はバッチリその姿を見ることができました。 特異な姿にうっとり・・・ そこで写真を撮ろうと思ったのですが横位置ではパンタが切れてしまいます。 縦でもイマイチ。 そこでスクエアが撮れる1D-MarkIIIのメリットが出ました。 後でトリミングするのもアリだとは思いますが、やっぱり撮る段階でフレーミングができるのとできないのでは全く違うものです。 最近MarkIIIとGX100のおかげでスクエアづいています。 いい時代になったものですね。 ところで昨夜の月食ショー。 見られた場所は相当限られていたと聞きびっくり。 見られたのは本当にラッキーだったんですね。 普段の行いが特に良いとも思えないのにラッキーつづきです。

月食ショーの後は

先ほど楽しんでいた月食ショーですが 月の下に見える雷が気になっていました。 ゆっくり満ち欠けする月と激しく光る雷。 いい感じだったのですが、その不安定な空が来てしまったようでバケツをひっくり返したような雨。 こんなときに走ってもロクなことはないから少し休んでまた走るとしましょう

月食

小海線撮影の帰り道は軽井沢を経由しました。 撮りたい電気機関車があったからです。 機関車は観光案内所から見に行けるようなのですが閉まった後だったため入ることができません。 そこで駅の入場券を買いホームから撮影することに。 光線もいい感じで素敵なホームの写真も撮ることができました。 帰り道は月食を見つつ高速を走っていたのですが上ばかり見ていては危ないのでSAにクルマを停めて見ています。

ラッキー

時折、大粒の雨が降るという生憎のコンディションでしたがカメラを構えるとピタッとやむ抜群のタイミング。 八ヶ岳がクッキリもいいけれど霞んでいると車体もいい具合に引き立ちます。 ハイブリッド車を撮りまくりの一日でした。

道の駅こぶちざわ

昨夜は道の駅こぶちざわで仮眠。 今回はハイエースの中を特に遠征用に改造することなく来ました。 後ろのシートを倒した状態というのは微妙に凸凹があり快適ではないものの涼しくてよく眠ることができました。 敷地内には足湯もあるし併設されたホテルにはお風呂もあるし駐車場もほぼフラット。 ちょっと寝坊してしまったけど一番列車の撮影には間に合いそうです。

都内から

打ち合わせのため出版社をいくつか回りました。 そのうちのひとつである講談社では新しい絵本の打ち合わせ。 今回の絵本は今までとはちょっと違うテイストになりそうで楽しみです。 都内に出たついでに高速でビューンと山梨へ。 明日は一日撮影です。 なんだか天気が悪そうな感じですね。

ペースアップ!

写真のセレクト&納品用のデータづくりをしています。 パソコンの前にずっと座っているのは苦手なのですが仕方ありません。 頑張らなきゃ。 とはいうものの、もう限界。 慣れないことをしているせいか体がムズムズしてきました。 いつの間にかウェアに着替えトレーニング開始! 実は昨日、合同トレーニングがあったのですが、いつもと違うペースでトレイルを走ったら足がつってしまいました。情けないですね~ これが自分としてはかなり悔しかったので今日からちょっと変化をつけたトレーニングをすることにしました。 ▲トレイルラン用のシューズは鉄道撮影のアプローチにも最高のマッチング。どうして早くこれに気づかなかったんだろう。 クタクタに疲れるまで体を動かしたら不思議と仕事の効率もあがりサラサラ~と終了。 さて、明日は都内で打ち合わせがいくつか。 終わりしだいロケに出ます。2日ぐらいで戻ってこなければならないのが辛いところ。

涼しくなってきました。

雨が降った様子はないのに水滴がついています。 きれいな緑色の葉もあったけれど大部分は縁が茶色くなってきているから 「今の時期を撮る」ってことで茶色をチョイス。 写真で何通りの緑色を再現できるのだろう。 そのトーンをどこまで追求できるのだろう。 植物を撮るときは必ずそんなことを考えながらファインダーを覗くのですが フィルムで撮っていたときより確実に理想へと一歩ずつ近づいているような気がします。 デジタル一眼レフが世に出て何度目になるでしょう。 カメラの新製品ラッシュが続いています。 でも、よく見てみると大きくわけて2つに分かれると感じています。 ひとつは表面上のスペックを追求したもの。 もうひとつは写真としての表現を重視してつくられたもの。 残念ながら前者がほとんどで後者は限られた数しかないような気がします。 あんまり、そういう観点でカメラを見る人がいないようですが自分にとってはとても重要なこと。 職人と芸術家。 デジタルカメラにも、そんなキャラクターの違いが求められる時代になってきたのかもしれません。

危なかった

今日は取材される側でした。 いつもは原稿やらカメラの部品などが散らばっている机の上も今日はスッキリ。何もありません。 こんなことは珍しいので写真におさめようとするカメラを構えるとチビネコがフレームイン。 どうやらカメラにとても興味があるようです。 中でもGX100にワイコンをつけた状態だと燃えるらしくネコパンチの連打を喰らいました。 レンズは無事です。 今後はしっかりしまわないと危ないかもしれません。

節目の雨

涼しい朝でした。 明け方に降った雨のせいか 昨日、久しぶりに都内へ出たから感覚が狂ったのか 昨夜ようやく切った髪のせいかでしょうか。 あるいは昨日で写真展が終わったから少し気分が変わったからなのかもしれません。 とにかく今朝は涼しく感じました。 俳句などを作れるほど気の利いた言葉も浮かばないし ましてや詩が書けるわけもなく曲もつくれません。 でも自分の手にはカメラがあり写真を撮ることができる。 これだけで充分です。 さて、明日からの一週間はちょっとハードになりそう。 短い遠征あり、トレーニングあり、そして取材される側にまわる企画がいくつか。 今後撮りたい方向が定まってきたという意味では節目をむかえた今日。 久しぶりの雨が昨日までのことをさっぱりと洗い流してくれたようで、ちょっと心強い。 これほど雨が気もちいいものならば雨男になってもいいかも。

写真展無事終了

品川、北海道、そして新宿と開催されてきた写真展「二本のレールが語ること」が本日、無事終了いたしました。 手元にある芳名帳を見ると全国から本当に多くの方においでいただいたことが分かります。 また何度も足を運んでいただいた方、各メーカーや出版社の方々や写真家の方などのお名前もあり暖かいメッセージとともに拝見させていただいております。 今回の写真展でも多くの方々とお話しさせていただきました。 芳名帳とともに宝物として大切にさせていただこうと思っています。 今回いらっしゃった皆様 本当にありがとうございました。 今回の写真展を終え、やはり写真の最終的な姿はプリントだという考えがまた一段と強くなりました。 だから写真を撮っている以上できるだけ写真展を開催していきたいと思っています。

センサーのダスト対策

シュポシュポッ センサーのゴミ取り機能がついて、この作業から解放されると思っていました。 しかし。 いまだにシュポシュポ!というのが現実のようです。 もちろん起動時に取れるゴミもあるからラクチンですが基本はブロアー作業に頼るしかありません。 面倒で地味な作業ではありますが後からゴミを消す作業に較べたらはるかにラクだと感じます。 しっかり全てのゴミを消すって本当に大変なことですからね。 このアナログなゴミ取り作業。 サラッとやるだけでは取れないゴミもあるから厄介。 ゴミが完全に除去できたかどうかを確認するのには望遠レンズを使い絞って白いものを撮影するという方法もあります。 ところが最近はあまり望遠レンズを使わないことからロケに必ず持っていくものでもありません。 また確認の際、センサーについたゴミなのか被写体のゴミなのか分かりにくいことから近頃はこの方法で確認するという話も聞かなくなってきました。 最近の流れとしては完全にこれでしょう。 RAYQUAL(宮元製作所)のセンサーチェッカーです。 RAYQUAL製品に関してはマウントアダプターで、その精度の高さを思いっきり実感しているから不安はまったくありませんでした。 とてもコンパクトなのでカメラバッグに入れておいても邪魔にはならないし白い被写体を丁寧にチェックする作業も必要ありません。 交換レンズを取り付けるようにキュッと装着してシャッターボタンを押すだけ。 実にカンタンです。 カメラの液晶モニタで確認することもできるしパソコンのモニタで確認すれば、より鮮明にチェックすることができます。 これで気持ちよく撮影できて後処理の面倒な作業から解放されるなら安い買い物だと思いました。 ずっと使える物だし。 このセンサーチェッカー。 今なら期間限定で安く買うことができるからチャンスです。 デジタル一眼を持っている方のマストアイテムですね。 レイクオールさんのHPはコこちら。 さて、明日は写真展最終日。 お昼ごろには会場に入り3時の終了までゆっくりしていようと思います。

インターナショナルな町です

今日は近所でバーベキューがありました。 近所とはいえ、なぜか英語が飛び交う不思議な感覚。 私自身、英語をはじめとする外国語は広く浅くというタイプでしてまるっきり自信がないのですが カメラ好きのTOM氏とはどういうわけか意思の疎通ができてしまう。 「写真」という世界共通語が国境を越えてしまうようです。 しかし不思議なことに今日、色々な人が集まったにもかかわらず持ち込まれたカメラはRICOH製ばかり。 GRデジタルを筆頭にGXやR6などなど・・・ マニアックといえばマニアック。 でも、そういう人が集まる場所なのかもしれないと思うとすべてが納得・・・ 不思議な町です。 楽しい町です。

合同トレーニング

9月16日の大会には近所の友達も何人か出る予定です。 普段はそれぞれ別々にトレーニングしているんですが今日は合同トレーニングをすることになりました。 水泳、MTB、トレイルランとある中で 今日のお題はトレイルラン。 山の中にある細い道を走るというものです。 今日も結構な暑さですが森の中は強い日差しも遮られ涼しいのが助かりました。 ▲トレーニングを始めたときにはまだ低かった草も今は背丈より伸びている。写真に写っているのは「この前、念願の岩泉線に乗ってきた」と楽しそうに語る隣町在住のY君。かなり速い。 黙々と、ただトレイルを走る。 苦しいです。 ただ苦しさより楽しさが勝ってしまうんですね。 路面を読み、自分の足をどの方向に進めるかを瞬時に判断するあたりは動体撮影をしているときに少し似ています。 ▲汗と森の湿度でファインダーが曇る。しかし曇るのはレンズも同様だった。疲労困憊で判断力も低下。 普段は自分ひとりで走っているので自分のペースが固まってしまうのですが集団で走ると、そのペースが速いのか遅いのかが判断できるいい機会になりました。 ▲同じ町に住む、やきもの屋のY君は新車を手に入れ準備万端ヤル気満々! 大会まで一ヶ月を切っています。 ちょっと焦る気持ちを楽しみながら過ごしていきたいと思っています。 また当日はなぜか機材テストも兼ねる企画が動いていたりして。 こちらはまだ正式決定ではないものの今から楽しみです。 ※本日の写真はすべてGX100で撮影したものです。

リングにかけろ!

先日あるレンズを久しぶりに使ってからというもの、封印をしていたレンズ熱に再び火が注がれてしまったようです。 そういうときはユラユラと流されてしまおう。 流れに逆らっても仕方ないってもんです。 そこで箱に入れておいた魔法のリングを取り出し並べてみることに。 う~ん燃えてきた。 さっそく朝の散歩で使ってみることにしました。 今回は普段愛用している1D系ではなく素子の小さい20Dやキスデジにつけることにしています。 タイムリーに、こんな私の趣味につきあってくれる企画が予定されることになったので。 しかし、ただでさえピントが合わせにくいクセのあるタマばかりです。 ピントの芯を捉えるのに苦労しましたがコツを思い出しました。 ファインダーを見ている右目(私の場合)だけでなく左目もきちんとあけること。 息を止めず、しっかり呼吸をすること。 この2つです。 すると今まで見づらかった像がグッと飛び出して見えてくるから不思議なもんです。 しばらく、こういったレンズを使っていない期間があったことは自分の中で大きなプラスになったこともありました。 以前は「このレンズはこういう使い方がおいしい」なんて自分で表現の巾を狭くしていたのですが今は比較的自由に撮れているような気がします。 ちょっと天邪鬼な撮り方というんでしょうか。 その結果、確実に見えなかった部分が見えてきています。 これだから写真はおもしろい!

名前は小姐

先日、愛犬ユンタと散歩中に出会い、ついてきてしまった猫を保護しています。 既に貰ってくださる方も決まり、今は残った日々を共に暮らしているといった状況なのですが生まれて1ヶ月少々ということもありヤンチャ真っ盛り。 パソコンに向かって仕事をしていると肩に乗る。 文字数が増えてゆく液晶に興味を示す。 ここまでは「可愛いなぁ」で済むのですがキーボードの上を歩くのだけは勘弁してほしいところです。 原稿が突然rfvvvvvvvvv………. なんて意味の分からない文章をつくりはじめてしまうのですから、たまったもんじゃありません。 ▲また踏んでるし。 ▲だからよー でも、やっぱり子猫です。 ひとしきり遊ぶとキーボードを枕に寝てしまいます。 この瞬間に今だ!と仕事をするのでムラがあります。 効率は悪くなるから問題ありなんですが、この可愛い寝顔を見ていると「まっいっか~」とヤンチャぶりも許せてしまうものなんですね。 ユンタとも、それなりに仲良くやっているし、いい状態が続いています。

ドカ~ン

いきなりでした。 ドカン!と下から突き上げられるような暴力的振動で目が覚めました。 震源地が遠くであれば「グワ~~~ッ」と唸り声のような音がしてドスンと揺れるけれど今回はいきなりです。 震源地が近いと感じました。 やっぱり地震は怖いですね。 それからも何度かバイオレンスな揺れで起きてしまったため今日は少々寝不足気味・・・ 今夜はゆっくり眠るぞ~ と思っていたら明日は早起きしなければなりません。 目覚ましテレビのなかで私の写真が使われることになったからです。 6時14分ぐらいだということですので 早起きの方チェックしてください。 さて、このところ暑ネタが続いていましたが ちょっといい物を発見しました。 バブシャワーです。 お風呂に入ったあと、これをつけて軽くシャワーするとアラ不思議。 寒いぐらいの爽快感がアナタを襲います。 薬局で見つけたらゲットしてください。 よく眠れますよ~

実家もアッチッチ!

ちょっと前から父のパソコンが調子悪いと聞いていました。 なんでもメールが送れるけれど受けることができないのだとか。 これでは仕事でも迷惑がかかりそうですね。 多分「メールの返信がない」とイライラした方も多いのではないでしょうか。 父はフォトショップとかSILKYPIXなんかは巧みに使いこなすくせしてメールやネットに関しては、まだまだよく分からないところが多いらしいのです。 私にできるか分かりませんが、とりあえず診てみようと実家に電話したところ「エアコンが壊れたからムリ」とのこと。 住宅街でエアコンなしは確かにキツそうです。 父のコラムを見ると、そのことが書いてありました。 このままだと、またしても暑苦しい話題に展開しそうなのでやめましょう。 さて、父のコラムに出ていたこのバッグに釘付けです。 いいなぁ~ Photo by 父 捨てるならワタクシがゲットしましょう。 都内に出るときはA4がキッチリ入るバッグが重宝するので。 写真を納品する際は画像データの入ったCD(またはDVD)にA4出力の色見本を添付するのが基本です。 昔は「大きい~」と感じていたA4も今はスタンダードサイズになりました。 それなりに折れ曲がらないよう気を遣うのですが大きいバッグだと中で踊ってしまうこともあり、こういうバッグを探していたんです。 まさに灯台元暗し! 捨てないで取っておいておくれ~

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード