スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近

深夜に帰宅して原稿や写真セレクトなどの作業をして朝には都内へ向かう。ということが多くなりました。 何日か続くとさすがに厳しいけど実は楽しかったりして。 さて、明日は撮影会のお知らせをダブルでお伝えできそうです。 チェックお願いします。

スポンサーサイト

蘇我駅

外房線を利用して都内に出る際、必ず通るのが蘇我駅です。 この蘇我駅はタキの姿を見ることができるしタイミングが合えば機関車入れ替え作業を見ることもできるわけで楽しみのひとつでもあります。

帰り道

今日はEOS学園でした。 朝10時30分に午前の教室がスタートして夜間の授業が終わるのは20時30分となるから帰りは特急さざなみ23号です。 この車両も間近で見ると、かなりくたびれているようで各所に補修ペイントが施されているのが見えました。 現役を退く前にカッコいい姿を数多く撮っておきたい車両です。

聞く、聴く、訊く

最近思うんですよ。 「自分は恵まれているんだなぁ」って。 やはり写真が好きで撮っている以上、色々な疑問が生まれてきます。 特にデジタル写真は何が正解で何が不正解か分からない状態が続いています。 本当にちょっと前では常識だと言われていたことが実は今の非常識になっていたり。 物が圧倒的な速度で進化している以上は仕方のないことなのかもしれません。 ただ「いい」と思ったことをストレートに認めて実行するということで前に進んでいます。 「こりゃ間違いだったな」と思えば引き返せばいいわけで、そこに「これだけやったのに」なんて感情はあまり持たないようにしています。 いいものはいい。 それだけなんですね。 とにかく「?」と思ったら、とことんテストしてみる。 それでも分からなかったらメーカーの担当者さんに直接会って訊く。 「ここを、こうしたらこうなった。こう思うんだけど、どうなんでしょう」 ただ漠然と「分からない」じゃ相手も何を喋っていいか分からないから、とことんテストするわけです。 すると「泉君、これはね・・・」 と丁寧に教えてもらえる環境にあることが恵まれているなぁと実感するわけです。 やっぱり電話じゃ細かいニュアンスがイマイチ分からないしメールだと、もっと分からないですからね。 人と会って話すというのは今さらながら大切なことなのだと思う今日この頃です。 でも、その特権が自分たちだけじゃ面白くないと考えはじめました。 そこで先日お話しした撮影会と、うまく絡められないものかと思ったんですよ。 すでに幾つかのメーカーさんにお願いしています。 カメラメーカーではなく撮影機材を扱うメーカーさんばかりです。 たとえば三脚の本当に効率的な使い方。 斜面で使う場合(鉄道の場合多いですよね)どうすれば本来の性能を発揮でき美しい写真が撮れるのか。 脚の向きは? 太い部分と細い部分、何%ずつ出すのが理想的なのか。 三脚の使い方も高画素時代では実にシビアになってきたこともあり過去の常識も今では通用しなくなってきているのも事実です。 そのあたり聞いてみたいと思いませんか? 現在、色々なメーカーさんにも声をかけさせていただいております。 もし叶ったら今までにない撮影会になりそうですね。 ちょっと期待していてください。 一日も早く詳細をお伝えできるよう頑張ります。 別件で4日後ぐらいに新しいスタイルの撮影会もお知らせできそうですので、そちらもお楽しみに!

聞く、聴く、訊く

最近思うんですよ。
「自分は恵まれているんだなぁ」って。

やはり写真が好きで撮っている以上、色々な疑問が生まれてきます。
特にデジタル写真は何が正解で何が不正解か分からない状態が続いています。
本当にちょっと前では常識だと言われていたことが実は今の非常識になっていたり。
物が圧倒的な速度で進化している以上は仕方のないことなのかもしれません。
ただ「いい」と思ったことをストレートに認めて実行するということで前に進んでいます。
「こりゃ間違いだったな」と思えば引き返せばいいわけで、そこに「これだけやったのに」なんて感情はあまり持たないようにしています。

いいものはいい。
それだけなんですね。

とにかく「?」と思ったら、とことんテストしてみる。
それでも分からなかったらメーカーの担当者さんに直接会って訊く。
「ここを、こうしたらこうなった。こう思うんだけど、どうなんでしょう」
ただ漠然と「分からない」じゃ相手も何を喋っていいか分からないから、とことんテストするわけです。
すると「泉君、これはね・・・」
と丁寧に教えてもらえる環境にあることが恵まれているなぁと実感するわけです。

やっぱり電話じゃ細かいニュアンスがイマイチ分からないしメールだと、もっと分からないですからね。
人と会って話すというのは今さらながら大切なことなのだと思う今日この頃です。

でも、その特権が自分たちだけじゃ面白くないと考えはじめました。
そこで先日お話しした撮影会と、うまく絡められないものかと思ったんですよ。

すでに幾つかのメーカーさんにお願いしています。
カメラメーカーではなく撮影機材を扱うメーカーさんばかりです。
たとえば三脚の本当に効率的な使い方。
斜面で使う場合(鉄道の場合多いですよね)どうすれば本来の性能を発揮でき美しい写真が撮れるのか。
脚の向きは?
太い部分と細い部分、何%ずつ出すのが理想的なのか。
三脚の使い方も高画素時代では実にシビアになってきたこともあり過去の常識も今では通用しなくなってきているのも事実です。
そのあたり聞いてみたいと思いませんか?
現在、色々なメーカーさんにも声をかけさせていただいております。
もし叶ったら今までにない撮影会になりそうですね。

ちょっと期待していてください。
一日も早く詳細をお伝えできるよう頑張ります。

Nikon賞!

Nikonさんから賞品が届きました。 黄色と黒のバンダナです。 バンダナって何かと使えて便利なんですよね。 私のカメラバッグにも必ず入れてあります。 さて、その奥に見えるのは・・・ Nikonカラーの巾着。 あけてみると。 カメラバッグが出てきました! ワンデースナップにはちょうどいい大きさです。 ちなみに巾着は不織布でできているから利用価値は大ですね。 さて、プレゼントも、かなりの量と質が揃いました。 発表は一週間以内を予定しておりますので、お楽しみに☆

銚子より

今日は銚子に行ってきました。 打ち合わせがてら撮影もできてしまうのだから幸せ者です。 本日、銚子に持ち込んだのは1D-MarkIIIとレフレックスの500mmという組み合わせ。 このところフットワーク優先の軽量セットだったのに対して今回は超重量級です。 機材が変われば視線も変わるわけで、いつもの銚子がまた新鮮に見えました。 色々な写真を撮ったので、そのうち雑誌などでご覧いただけると思います。 やっぱり望遠は面白いですね。 難しいといわれているピントですが被写体の動きに同調させれば特に問題ありません。ムービーを撮るような感覚に近いものがあります。 さて、今回の年賀状フォトコンですが 銚子電鉄さんからも協賛していただくことになりました。 じゃーん! ぬれせんを3名の方に! まだあります。 光り輝くレール文鎮です。 これ、いいなぁ。 自分が欲しいです。 クルマのエンブレムにしたい・・・ 実はあと一社から協賛していただいております。 こちらは後日あらためて、ご紹介させていただきます。 さて、今日は銚子で何の打ち合わせがあったかと申しますと・・・ 銚子で3月30日に撮影会が開催されることになりまして。 講師として参加させていただくことになりました。 デジタルカメラで銚子電鉄を撮って楽しもうという企画です。 今までの撮影会では、ありえなかったような面白いプランもありますので、こちらも決定したことから逐一ご報告したいと思っております。 う~ん楽しみ。

空が青いなぁ

曇り/晴れの予報は快晴に変わり絶好の撮影日和です。 今日はSLの撮影に来ました。 3日間走るということでキャンピングカーで来たのですが、とてもいい写真が撮れてしまったので今日は一旦帰って別の路線へ撮影に行く予定です。

某出版社にて

新しく発売される書籍の表紙セレクトです。 何度となく撮影アタックした写真を前に唸る時間が過ぎてゆきます。 出版元とデザイナーさんのOKはとれて、後は著者さんの印象次第というところ。 気に入ってくれたら嬉しいのですが。

1・23はイズミの日!

屋久島から戻りデスクワーク中心の日々を過ごしていました。 色々やることはあるんですよ。 写真のセレクトや色見本用のプリントづくり。 CD-RやDVD-Rに焼いたりキャプションを書く作業などなど・・・ それらが、ようやく終わり明日は納品&打ち合わせを幾つかしてから 都内で撮影です。 何度か通ってはいるものの未だ撮れていないシーンを狙います。 カメラは40D。レンズはマニュアルの操作感を重視したいからULTRON40mmF2とCOLER-HELIAR75mmF2.5をバッグに入れました。 明日こそ、うまくいくだろうか。 さて、明日が終わればいよいよ外房線SL走行本番ですね。 聞くところによると試運転から、かなり混雑しているようです。 さて、どこで撮ろうかな。

北の国から

北海道在住のフォトライター矢野直美さんからグリーティングメールが届きました。 矢野さんらしい写真ですね。 矢野さんとは今年もイベントでご一緒させていただく企画がでてきました。 今後ともよろしくお願いいたします。また喋りまくりましょう! さて、イベントといえば今年は様々なイベントで皆さまとお会いすることができそうです。 また詳しいことが分かりましたら日記などでご紹介させていただきますね。

あれ?

本日はCAPAの懇親会で五反田まで。 たどり着いたら見覚えのある顔が。

さぁて今月のプチテツは?

日本カメラで連載しているプチテツへの道(鉄道写真ことはじめ)ですが 早くもいい反響があって嬉しい限り。 今月は雪の中での鉄道撮影にチャレンジしてみよう!という企画です。 私の失敗談も含め、撮る際のポイントなどを書いています。 また快適に撮影するためのウェアやメモリカードの取り扱いに関する注意点などもコラムとして紹介しています。 ▲今月の表紙もステキ。こういうの大好きです。 それから今月号は 「最旬 中古カメラ道アラカルト2008」という特集があるのですが こちらの「ボクの中古カメラ道」という企画にも参加させていただきました。 登場するカメラは過去の日記で紹介してきたものばかりなので「あぁそういえば、こんなカメラ出てたなぁ」なんて見ていただければ嬉しいです。 さて、明日は関東地方に雪が降るらしいですね。 せっかくの機会なので撮影に行こうと思っています。

200801屋久島10:行ってよかった

もう感動の連続でした。
今回のハイライトは、この巨大な屋久杉。

_C6P8438.jpg


堂々の2m超!
ど迫力です。
やはり重たいのでしょうか。
通常のブレーキングポイントより、かなり手前から減速しています。

_C6P8448.jpg


また普段のサイズより大きいので木にぶつからないよう細心の注意をはらっていたのが印象的でした。

_C6P8456.jpg


今回はスケジュール的にも資金的にも厳しかったけれど、やっぱり行ってよかったなぁ。









行ってよかった

もう感動の連続でした。 今回のハイライトは、この巨大な屋久杉。 堂々の2m超! ど迫力です。 やはり重たいのでしょうか。 通常のブレーキングポイントより、かなり手前から減速しています。 また普段のサイズより大きいので木にぶつからないよう細心の注意をはらっていたのが印象的でした。 今回はスケジュール的にも資金的にも厳しかったけれど、やっぱり行ってよかったなぁ。 さて。 楽しい屋久島から帰ったら仕事のメールや電話が山盛り。 今日は打ち合わせで都内まで出てきました。

200801屋久島09:ヌルヌル

moblog_463214.jpg


一般の登山道ではない、もう一本の軌道を歩きました。
普段は人が入らない場所なので枕木はヌメリがあり、かなり滑ります。
今回初のスパイクを装着しました。

小杉谷線とはまた違い、かなりワイルドな風景が魅力です。

ヌルヌル

一般の登山道ではない、もう一本の軌道を歩きました。 普段は人が入らない場所なので枕木はヌメリがあり、かなり滑ります。 今回初のスパイクを装着しました。 小杉谷線とはまた違い、かなりワイルドな風景が魅力です。

200801屋久島08:2日目

moblog_463025.jpg


朝から快晴でした。
今日の走行は二本。
インターバルを利用して小杉谷線をフルに歩いてきました。
縄文杉までの登山道と併用されている軌道は、とても歩きやすく快適です。

さて、明日は最終日。
走行は午前の一本のみだという情報なので悔いのない撮影をしたいと思っています。

2日目

朝から快晴でした。 今日の走行は二本。 インターバルを利用して小杉谷線をフルに歩いてきました。 縄文杉までの登山道と併用されている軌道は、とても歩きやすく快適です。 さて、明日は最終日。 走行は午前の一本のみだという情報なので悔いのない撮影をしたいと思っています。

200801屋久島07:それから

moblog_462796.jpg


飛び魚の塩焼き!
身がしまってて美味いです。
明日、集中力が必要な撮影をするため本日はアルコール抜きなのが痛い…

ビール飲みたいなぁ。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。