不思議な光景

ふかふかのクロスシートで地下鉄を走るのって不思議な気分です。

別格R8

「愛着のわくコンパクトが欲しいんですが何がいいですか?」 先日そんな質問を受けまして。 ちょっと困ってしまいました。 愛着イコール所有満足度ってことなのかなぁ。 うん?でも愛着とそれは違うのか? そのときは答えをはぐらかしていたものの自分でも未だにどう答えるのが正解だったのか分かりません。 GRやGX。これは自分でも気に入って使っています。 でも普通に考えたら、ちょっとマニアック。 GXは、それでもまだ普通だけど、お値段がマニアック。 今後はもっと高価なコンパクトも出てきますがエントリー向け一眼レフより高いし。 こういうのは本当に欲しい人が買えばいいのであってキワモノと呼ばれるコンパクトカメラだと思っています。 キワモノといえば500Gなんてキワモノ中のキワモノかもしれません。 ライト級の一眼レフよりデカいし価格もデカい。 「おれ以外、誰もフツーに使う人なんかいない」 と思っていたら結構500Gって人気があるんですね。 昨年末の忘年会では3名の写真家さんが所有していることが発覚。 やっぱりエンジンとレンズがいいということを見破っている人はいるみたい。 撮れば一発で分かるけど普通はお店で売ってても手にとらないでしょう。 ある意味GXより愛着があるけれど、これまた万人におすすめできるカメラであるわけもなく・・・ そんなことを考えていたら今日もピンポーン! 宅配便が届きました。 このところ自分の元を通り過ぎるカメラが多かったのですが これは自分用。 R8です。 つい先日CaplioR7が発売されたと思ったのに早すぎ。 あれ?Caplioって書いてない。 ちょっと路線が変わったのかな。 全体的に男心をくすぐられるディテールがあちらこちらに。 トップ部にはヘアラインです。 ヤスリをサーッとあてたような加工が今までのコンパクトとは一線を画す方向に進んでいます。 さらにはアジャスターボタンにもさりげなくカッチョいいモールドが。 カッコだけかと思いきや、しっかりホールドできるようグリップが研究されているし撮ってみたらシャープ感の強かったR7に較べてナチュラルかつキッチリした画質。 無理していないカメラの証しです。 自分が求めているのは、この余裕。ゆとりや豊かさといった3つのY。 こりゃ所有満足度は高いし愛着もわくでしょう。 でも問題がひとつ。 ここまで男らしいデザインだと女性にはすすめづらいかなぁ。 でも最近は女性が40Dとか大き目のカメラ 男性がキスデジなどの小さいカメラを好む傾向にあるから分かりません。 とにかく質感だけでも見てください。 気に入るかどうかまでは責任もてないですけど。

別格R8

「愛着のわくコンパクトが欲しいんですが何がいいですか?」
先日そんな質問を受けまして。

ちょっと困ってしまいました。
愛着イコール所有満足度ってことなのかなぁ。
うん?でも愛着とそれは違うのか?
そのときは答えをはぐらかしていたものの自分でも未だにどう答えるのが正解だったのか分かりません。
GRやGX。これは自分でも気に入って使っています。
でも普通に考えたら、ちょっとマニアック。
GXは、それでもまだ普通だけど、お値段がマニアック。
今後はもっと高価なコンパクトも出てきますがエントリー向け一眼レフより高いし。
こういうのは本当に欲しい人が買えばいいのであってキワモノと呼ばれるコンパクトカメラだと思っています。

キワモノといえば500Gなんてキワモノ中のキワモノかもしれません。
ライト級の一眼レフよりデカいし価格もデカい。
「おれ以外、誰もフツーに使う人なんかいない」
と思っていたら結構500Gって人気があるんですね。
昨年末の忘年会では3名の写真家さんが所有していることが発覚。
やっぱりエンジンとレンズがいいということを見破っている人はいるみたい。
撮れば一発で分かるけど普通はお店で売ってても手にとらないでしょう。
ある意味GXより愛着があるけれど、これまた万人におすすめできるカメラであるわけもなく・・・

そんなことを考えていたら今日もピンポーン!
宅配便が届きました。
このところ自分の元を通り過ぎるカメラが多かったのですが
これは自分用。

R1082890.jpg


R8です。
つい先日CaplioR7が発売されたと思ったのに早すぎ。
あれ?Caplioって書いてない。
ちょっと路線が変わったのかな。

R1082889.jpg


全体的に男心をくすぐられるディテールがあちらこちらに。
トップ部にはヘアラインです。
ヤスリをサーッとあてたような加工が今までのコンパクトとは一線を画す方向に進んでいます。

R1082884.jpg


さらにはアジャスターボタンにもさりげなくカッチョいいモールドが。
カッコだけかと思いきや、しっかりホールドできるようグリップが研究されているし撮ってみたらシャープ感の強かったR7に較べてナチュラルかつキッチリした画質。
無理していないカメラの証しです。
自分が求めているのは、この余裕。ゆとりや豊かさといった3つのY。
こりゃ所有満足度は高いし愛着もわくでしょう。

でも問題がひとつ。
ここまで男らしいデザインだと女性にはすすめづらいかなぁ。

でも最近は女性が40Dとか大き目のカメラ
男性がキスデジなどの小さいカメラを好む傾向にあるから分かりません。
とにかく質感だけでも見てください。
気に入るかどうかまでは責任もてないですけど。





-1+3

2週間ほど手元にあったカメラで撮った写真をモニターで見ていたら、たまらなくプリントしてみたくなり「うーん、いいなぁ」なんてまた見入ったりして写真をセレクトしていました。 色見本としてバッグに詰めてカメラは返却。 ちょっとさびしいなぁなんて思っていたら今日はカメラが3台届きました。 新製品ラッシュはまだまだ続きます。 それぞれのカメラ、ばっちりコミュニケーションとれるかな。 本日は納品の日。 各出版社に写真や原稿を届けながら撮影です。 夜はデジタルカメラマガジン編集長の歓送迎会があり市ヶ谷へ。 久しぶりに飲みました。 うぅっ眠い…

ゲストは太一教授

本日はEOS学園です。 朝の授業が始まると小澤太一君が入室してきました。 彼は3月から講師をやることになっており今日、見学すると聞いていたのですが、すっかり忘れてたからビックリ。 私の授業を後ろで聴いている彼の姿を見ていてひとつ閃いてしまいました。 この教室にはお子さんやお孫さんを撮りたいからという理由で写真を勉強しに来た方が多いんです。 さらに来週はモデルさんの撮影もあります。 というわけで前に出てきてもらいました。 紹介をするふりをして「人物撮影の極意を」と振ったところ数々の質問を浴びることに。 ▲まんまとワナにかかった太一教授 午前の授業が終わり色々と話していたら彼もメチャメチャ忙しいようです。 「PIEが終わるまでは死ぬ気で働くしかないね」 なんて言いながら話題は仕事やカメラに移っていきました。 ここで驚くべき事実が・・・ どうやら、あるカメラのレビュー記事でだぶっていることが発覚。 つまり手元には同じカメラがあるわけで。 また、さらに驚いたのは父親も同じカメラのレビューをしているそうで。 なんだか皆で同じことやってるなぁ。

よく読まなきゃ

早朝から群馬県へ。 最近、群馬に行く機会が増えています。 少々眠かったものの今日は編集者さんと一緒なので話し相手になってもらいながらの移動となり居眠り運転の心配もありませんでした。 赤城あたりから雪が降ってきて、いい感じの光景が広がってくるじゃありませんか。 ということは新幹線のスプリンクラーも稼動してるってわけです。 スプリンクラーの名所へ移動! 今日使ったカメラは2回目の某カメラ。 以前使ったときに較べて、とてもピーキーで扱いづらいなぁと感じたら どうやら設定がマッチしていなかったようです。 いい機能があるのに生かしきれていなかった・・・ 説明書には書いてあったのに見逃していたことを知りました。 読んだつもりで頭に入っていないってこと、今までもあったかもしれません。 今後はしっかり説明書を読まなければ。と大いに反省しています。

春の新色

写真のセレクトにしてもそう。 原稿やラフの進行もそう。 なんだか思ったようにペースが上がらないという状態でした。 気づいたら最近しっかり睡眠をとっていません。 車で仮眠とかチョイ寝の連続でした。 久しぶりにしっかり眠ってみようか。 そう思って昨夜はぐっすり睡眠Zzz・・・ そんなに長い時間は眠れなかったけれどスッキリです。 効率がいいせいか、ようやく一つの山を越えられたので夕方いすみ鉄道へ行ってきました。 ちょうど太陽が沈む寸前だったので面白い写真が撮れました。 その後は小湊鉄道あたりをウロウロと。 すると里見駅に到着~ どうやらペンキが塗り替えられているようで違和感がありました。 色も微妙・・・ どうすればいいのかな。 なんて慣れないカメラの設定をしていると ようやく魅力的なセッティングが見つかりました。 三脚を持っていたので直接比較もできてラッキー! このカメラおもしろいかもグッド

春の新色

写真のセレクトにしてもそう。
原稿やラフの進行もそう。
なんだか思ったようにペースが上がらないという状態でした。

気づいたら最近しっかり睡眠をとっていません。
車で仮眠とかチョイ寝の連続でした。

久しぶりにしっかり眠ってみようか。
そう思って昨夜はぐっすり睡眠Zzz・・・
そんなに長い時間は眠れなかったけれどスッキリです。

効率がいいせいか、ようやく一つの山を越えられたので夕方いすみ鉄道へ行ってきました。

ちょうど太陽が沈む寸前だったので面白い写真が撮れました。
その後は小湊鉄道あたりをウロウロと。

すると里見駅に到着~

SDIM0037.jpg


どうやらペンキが塗り替えられているようで違和感がありました。
色も微妙・・・
どうすればいいのかな。
なんて慣れないカメラの設定をしていると

SDIM0038.jpg


ようやく魅力的なセッティングが見つかりました。
三脚を持っていたので直接比較もできてラッキー!

SDIM0034.jpg


このカメラおもしろいかも

いい経験

今日はEOS学園の撮影実習があったのですが思わず半袖で行きたくなってしまうほどの陽気でした。 ところが、いざ実習が始まると途中から天気は一転。 風がビュービューと吹き荒れてきました。 海際だったものですから風の冷たさっていったらなかったですよ。 無事、実習が終わるといくつかの打ち合わせや納品、取材やテスト機材の受け取りなんかがありました。 色々な機材を使うことに対して以前は抵抗があったのも事実です。 使うのは問題ないのですが、いざ自分のカメラを使おうと思ったら操作を間違えてしまったり。 今はどんなカメラを使っても問題なく操作できるしピントやズームの回転方向が変わっても平気になりました。 結局、自分の引き出しが少なかったんですね。 でね、色々なカメラを使うじゃないですか。 すぐに結果を出さなきゃならないからキャラクターをつかんで、そのカメラのスイートスポットと接しながら撮るわけです。 「あれがダメ、これがダメ」なんて言ってもいい写真は仕上がりません。 自然とカメラに合わせた撮り方になってくるんです。 それを自分のカメラに当てはめると、また新しい発見があったりするから写真っておもしろいものです。 本当にいい経験させてもらってるなぁと思います。

いい経験

今日はEOS学園の撮影実習があったのですが思わず半袖で行きたくなってしまうほどの陽気でした。

ところが、いざ実習が始まると途中から天気は一転。
風がビュービューと吹き荒れてきました。
海際だったものですから風の冷たさっていったらなかったですよ。

無事、実習が終わるといくつかの打ち合わせや納品、取材やテスト機材の受け取りなんかがありました。

色々な機材を使うことに対して以前は抵抗があったのも事実です。
使うのは問題ないのですが、いざ自分のカメラを使おうと思ったら操作を間違えてしまったり。

今はどんなカメラを使っても問題なく操作できるしピントやズームの回転方向が変わっても平気になりました。

結局、自分の引き出しが少なかったんですね。

でね、色々なカメラを使うじゃないですか。
すぐに結果を出さなきゃならないからキャラクターをつかんで、そのカメラのスイートスポットと接しながら撮るわけです。
「あれがダメ、これがダメ」なんて言ってもいい写真は仕上がりません。
自然とカメラに合わせた撮り方になってくるんです。

それを自分のカメラに当てはめると、また新しい発見があったりするから写真っておもしろいものです。
本当にいい経験させてもらってるなぁと思います。


さすがプロフェッショナル

今日は4名のプロフェッショナルな方々がいらっしゃり 色々と作業してくださいました。 これで思い通りのプリント作品ができ上がります。 今日はどうしても時間がとれないため このことについては後日じっくりとお話ししたいと思います。 いやぁ本当に凄い。 いいモニターって、やっぱりいいですね。

群馬から

朝、群馬を出て昼には都内へと戻り事務所や出版社をまわっています。 3月はPIEや新製品発売があるのですが今は約1ヶ月前となるため、どこも忙しそう。 ちょうど写真雑誌の締切と重なっているから超パニックです。

AL

この生活をしていて普段は決して味わうことのできない貴重な体験をさせていただいておりますが切符に鋏を入れるのは初めてでした。 うーん クセになりそう。 リズミカルにカンカンカカカンっ! とは、なかなかうまくいかないものですね。

大波到来

なんだか一気に波が来た。という感じです。 ここから一ヶ月は今まで体験したことがないぐらいハードスケジュールになりそう。 「忙しい」は言い訳にならないから迷惑がかからないようにしなければ。 と思いつつ・・・ 今からロケにダッシュ! ※関係者各位 今夜から明日、明後日とロケに出ます。携帯の電波も悪い地域のため連絡がとりにくくなるかもしれません。 決して逃げるわけじゃないのですが、どうしても写真が必要で。 帰ってきたら挽回しますので宜しくお願いいたします。

特大黄緑

撮影地を移動中にチラっと見えてしまいました。 加藤?酒井?それとも… とにかく小さな機関車であることは間違いありません。 なんて思いながら接近してゆくと デカすぎ。 機関車じゃなくて建物だし。 まぁよくあることです。 以前はボイラーとSLを間違えたこともありますし。 そんなこと、ありません?

フェルメールブルー

今日は都内で仕事をしています。 有楽町で電車を待っていると「通過電車にお気をつけください」というアナウンスが。 有楽町線ではあまり聴くことがないアナウンスです。 何が来るのかと思ったらフェルメールブルーのロマンスカーがやってきたからビックリ! いざ地下鉄で見るとやっぱり凄い存在感ですよ。 いずれは普通の光景になるのでしょうけれど。 そんなわけでポケットからケータイを取り出しカシャッと撮ると背後から「携帯日記ネタですか」 という声が。 毎日楽しみにしてくれているそうで嬉しい限りです。 目指せ毎日更新ということで続けていられるのは、こういった生の声を聴くことができるからです。 いつまで続けられるか分かりませんが、できる限り続けていきたいと思っています。

フレンチブルー

「フランスの空みたいだなぁ。」 なんて行ったこともないクセに、そう思ってしまいました。 なぜ真岡の空を見てそう思ったのか考えてみたのですが、どうやらプラモデルのカラーでフレンチブルーっていう色があったような気がするんですよ。 たしかジタンとかゴロワーズだとかのスポンサーカラーだったような。 その色と今日見た空の色が同じかというと全く自信がありません。 でもイメージはフランス。 勝手なものです。 というわけでEOSにアンジェニューを装着! やってきたディーゼルカーを撮影となりました。 なんと単純な理由なんでしょう。 なぜアンジェニューを持っていたかというと現在、ある原稿を執筆中なんです。 ひとつのオールドレンズを語るうえで、あらためて使ってみようと考えたのでありました。 ピントの山も掴みやすいしトーンも心地よいし、いいレンズだなぁ。 と、これじゃ解説にならないので何とかしなきゃ。 さて、今日の真岡はC11の走行がありました。 午前は雑誌用のカット 午後は現在制作中の児童書用カットを狙ったのですが、どちらもいい感じの仕上がりでした。 帰り道、用事があって真岡駅に寄ると汽笛の音が聴こえるじゃありませんか。 急いでカメラを取り出しスナップショット。 こちらは焦点距離7mmのレンズで撮影となりました。 このレンズもおもしろいなぁ。 このレンズを使いたいがために一台カメラが欲しくなってしまうという危険な状態になりつつあります。

フレンチブルー

「フランスの空みたいだなぁ。」
なんて行ったこともないクセに、そう思ってしまいました。
なぜ真岡の空を見てそう思ったのか考えてみたのですが、どうやらプラモデルのカラーでフレンチブルーっていう色があったような気がするんですよ。
たしかジタンとかゴロワーズだとかのスポンサーカラーだったような。
その色と今日見た空の色が同じかというと全く自信がありません。
でもイメージはフランス。
勝手なものです。
というわけでEOSにアンジェニューを装着!
やってきたディーゼルカーを撮影となりました。
なんと単純な理由なんでしょう。

_C6P8390.jpg


なぜアンジェニューを持っていたかというと現在、ある原稿を執筆中なんです。
ひとつのオールドレンズを語るうえで、あらためて使ってみようと考えたのでありました。
ピントの山も掴みやすいしトーンも心地よいし、いいレンズだなぁ。
と、これじゃ解説にならないので何とかしなきゃ。

さて、今日の真岡はC11の走行がありました。
午前は雑誌用のカット
午後は現在制作中の児童書用カットを狙ったのですが、どちらもいい感じの仕上がりでした。
帰り道、用事があって真岡駅に寄ると汽笛の音が聴こえるじゃありませんか。
急いでカメラを取り出しスナップショット。

_2170282.jpg


こちらは焦点距離7mmのレンズで撮影となりました。
このレンズもおもしろいなぁ。
このレンズを使いたいがために一台カメラが欲しくなってしまうという危険な状態になりつつあります。

10.8kg体脂肪0%

高そうなレンズが届きました。 といっても自分のものではなく借り物です。 しかし重たい・・・ カメラとレンズなどをあわせてバッグに入れて体重計にのせたところ10.8kg。 かなりの重たさです。 重たい機材を扱うときは、しっかり持たなければなりません。 がっしり掴むというか。 「そんなの当たり前じゃん」と言われてしまいそうなのですが、つい関節で持ってしまうんですよ。 関節で支えると、すぐに筋を痛めてしまうんですね。 筋や軟骨を痛めてしまうと復活するまで時間がかかるから気をつけないと。

「電車大集合1338」が再刷となりました。

本日「電車大集合1338点」の第5刷が届いたのでパラパラとめくっていたら撮影時のことが思い出されてきました。 どうしても一枚を載せたくて割に合わないロケに出たこともあります。 そういうのが重なって当初より多くの写真が載ることになりました。 元々はキリのいいところで555点だったんです。 結局、倍以上の点数となってしまったのでした。 でも、やっぱり日本中を旅しながら撮って撮って撮りまくったのはいい経験になったし楽しかったですよ。 「こういう本を出したいんです」と鉄道会社に相談したところ快くご協力いただけることになったり。 本当にたくさんの方々のおかげで仕上げることができました。 ▲税込み2,940円÷1338点≒2.2円/点あたりのお買い得。 この本は従来の児童書とはちょっと違う視点とセレクトでまとめています。 お行儀のいい姿写真だけではなくサイドからのショットあり縦位置あり。頭だけという写真もあれば流し撮りしたものまで掲載されています。 使用したカメラも何十種類? レンズの焦点距離だって相当なバリエーションです。 っていうかレフレックスレンズで撮った写真もあったりして。 普通こういった本じゃ、ありえないですよね。 リングぼけが写っているのを見て「あの写真は泉君が撮ったんでしょ」って何度となく言われましたが、あれ私じゃないんですよ。 とにかく普通の児童書っぽくないところが第5刷まで部数が伸びたということの、ひとつの要因かもしれません。 と、ここまで書いて 父のコラムと同じような内容になっていることを知りました。 ガーン・・・・ ※昨日の日記をアップしてから本当に多くの方にメールを戴きました。 今後も撮りたい写真が撮れるよう頑張っていきますので、よろしくお願いいたします。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード