スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は取材

成田ゆめ牧場へ矢野さんと取材に行ってきました。 帰ってきてから写真のセレクトと原稿執筆に追われています。 日記に書きたいことが山盛りなのに~ とりあえず今夜と明日の夜にすべてが決着つくはず。 というか、そうでなきゃならないから頑張ります。 いろいろなご報告は少々お待ちを。 本日の写真は回転する矢野さん。 さんざん回転した矢野さんはそのまま成田から関西空港へと飛んでいきました。 元気な人です。
スポンサーサイト

ありがとうございました。

撮影会は無事に開催されました。 皆々様、本当にありがとうございました。 これから帰って仕事して明日は某所に出かける予定です。 そんなわけで詳しい内容はまた明日にでも。

準備万端。なのか?

いやぁ困った。 デスクトップのパソコンが虫の息です。 ハードディスクが回転を始めるとフリーズ・。・。・ うーん何とか救いたいデータがあるんだけどな。 締め切りまでに間に合うか。 今月もそんな危ない橋を渡るのはイヤだから頑張ってもらわなきゃ。 そんな中、明日の準備をしていると一本のメールが。 水中写真家の池本さやかさんじゃありませんか。 池本さんとは、この企画でご一緒させていただいて以来、お友達になったのですが、近所に用があるとのことでお茶してきました。 やはり色々なジャンルの方とお話しをするのは楽しいものです。 さて、明日は早朝から銚子入りする予定なので 今ある仕事をやっつけるぞー!

3月19日~21日発売

参加させていただいた本が送られてきています。 月刊誌はどこも桜。 やっぱり桜は綺麗ですね。 特にピンクを強調しすぎていない桜の写真を見るとスッと入りこんでしまいます。 まずは日本カメラ。 後ろのページで、ふぉとなでしこを連載している吉住志穂さんから借りたカメラを使って撮影した作品を掲載しました。 またインプレスジャパンからデジタルカメラマガジンでDP1の記事を。 MOOKではD3,E-3を少しだけ担当させていただきました。 D3って1D系と同じような大きさだからカメラバッグを選ぶのって大変です。 各メーカーのバッグを取り寄せて実際にカメラなどを入れて使い勝手をチェックしました。 担当者は大変そうでしたが面白い企画でしたよ。 またオリンパスE-3マイスターブックでは新幹線を撮影しました。 本当ならカメラ名と同じ形式を撮りたかったのですがスケジュールが過密すぎて、どうしてもプラス5時間を得ることができません。 そこで群馬県での撮影になったというエピソードがあります。 ここではフォーサーズ機ならではの背景を撮ることができました。 またE-3用レンズのレビュー記事にも参加しています。 7-14mm 90-250mm どちらも素晴らしいレンズでした。 7-14mmで撮影した真岡のディーゼルは自分の得意技がバッチリ決まった一枚です。 E-3自慢の視野率100%ファインダーに助けられました。 90-250mmは、とてもクリヤーでコーティングも素晴らしかったです。 ただ使ったセットはマウント部のクリアランスが大きかったので それが大きく画質に影響するためシビアな撮影となりました。 こればかりは手ぶれ補正とは関係ない部分です。 結局はベルボン製レンズサポートのおかげでレンズ本来のシャープな像を結ぶことができたのですが。 これはカメラ&レンズの相性もあるでしょう。 気になる方はレンズサポートの発売を待ちましょう。 それからフォトコンライフ。 こちらでは巻頭の見開きで広角レンズを使った撮影にチャレンジしています。 普通、桜や菜の花と絡めた鉄道を広角で撮ると引きのアングルが多くなるためインパクトに欠けるなぁと感じていました。 かなり攻めた写真にするため悩みに悩んだあげく撮ることができた一枚です。 そこからページをパラパラとめくっていくと 「旅人の視線で春の風景を切り取る」というタイトルが見えてきます。 春、風景、切り取る。 自分の中にある世界では、この3つのキーワードを封印してつくりあげていたから、タイトルを見たときは「ガーン、どうしよう」と頭を抱えてしまいました。 四季って4つしかないじゃないからつまらないじゃないですか。 もっと移り変わってゆく楽しさや美しさがあるのに。 また風景と呼ぶことで様々なことから逃げている鉄道写真というものにも自分自身飽き飽きしていたのが本音です。 切り取るって「写真は平面です」って諦めているようなもの。 奥ゆきはどうする?その場にある温度や湿度をどう表現する? そんな2Dの印象を強めてどうするんだ? なんて考えているからです。 でも今年は「こだわりをなくす」というのがキーワードです。 とことんチャレンジしました。 こだわりをなくすのって心地よいですね。 捨てたらどんどん新しいものが吸収できるし。 もし自分が撮った写真が自分で気に入らなければいつでも戻れるから不安はありません。 新年度。心機一転楽しみます! 他にも参加させていただいた雑誌などがあるのですが 送られてきたらまた、ご紹介させていただきます。

カミングアウトde返却ナリ

あと4日で撮影会となりました。 なんだかワクワクです。 参加者の皆様、準備は整っていますか? 私は今回、持っているタムロン・レンズをすべて持っていく予定です。 普段は大体2~3本。時には1本だけで撮影に出かけるのですが今回は28-75mm、17-35mm、それから28-300mmが2本。 こんな構成で出かけようと考えています。 なぜ28-300mmが2本も手元にあるかというと月刊カメラマンでレビューしたあと返却の催促が来なかったので黙っていたからです。 そろそろ潮時だと判断してカミングアウトとなりました。 その理由は上記のレンズを含めて皆さんにチョイ撮りしてもらおうかと思っているからです。 自分のカメラがキヤノンですのでEFマウントのみとなりますが、共通マウントの方はぜひ使ってみてください。 タムロン・レンズは光のマジシャンです。 目の前にある光を芸術的に表現してくれるから、そのあたりを試していただけるのではないかと思っています。 せひ「これ使いたい、あれ使いたい」と声をかけてくださいね。 あと1本、70-200F2.8という未発売のレンズもあるのですがこれは試作品ということもありタムロンさんの許可が出ないと難しいかな。 でもカメラに装着して振り回すだけでも、いいところは判っていただけるレンズだと感じました。 なにしろ軽いんです。 カタログの数値だけを見てもその軽さは書いてありますが重量と撮影時の軽さって必ずしも比例しないものじゃありませんか? 軽いはずなのに疲れるレンズもあるでしょう。 それはバランスが大きく影響しているからだと思っています。 このレンズはマウント側、つまり手前側に重たいものを集中させているのかな。 先端方向が軽量であることを実感しています。 構えていて実にバランスがいいんですね。 これはカメラが軽くなればなるほど体感できる部分だと思うのでタムロンさんもそのあたりをもっとアピールしてもいいんじゃないかなと感じました。 KISS-DIGITALや10D~40Dオーナーの方にぜひ使ってもらいたいレンズです。 もちろん写りも優秀ですよ。 「ただ写ればいい」という記録写真から「表現したい」写真を撮りたくなった人には、強くおすすめ! 先ほど軽さについては触れましたがお値段も軽めに設定されているのが嬉しいですね。 実売では10万円を切るという噂を聴きました。70-200F2.8の価格じゃありません。 このほかGR-IIとGX100、R8も持っていきますのでSDカードをお持ちの方はぜひ使ってみてください。 あと先日パソコンの機種を訊かれる機会が多かったのですが、acer・ aspire5920Gこちらも持っていきます。 SILKY PIXがサクサク~っと快活に動く様子を見ていただけるかもしれません。 その画像は三菱の26インチモニターRDT261WHに繋ぐ予定です。 こんな機会はそうそうあるもんじゃありません。 当日はカメラの設定をRAW、色空間をadobeRGBに設定すれば普段見ることが難しい領域まで見ることができそうですね。 また当日は市川ラボラトリーさん、ベルボンさんのスタッフが来て使い方、遊び方の説明をしてくれることになっています。 その他にも、お忍びで某メーカーの方も来てくれることが決まりました。 また参加者の中にもカメラメーカーや機材メーカーの鉄人がいらっしゃったりして。なんだか凄く楽しみです。 「当日は晴れです」なんて言うのはやめようと思っているのですが天気予報が雨ならば曇り。 曇りなら晴れ間が見えるといったワンランクアップぐらいは期待していてください。 尚、撮影会の前日。 3月29日ですが私は朝から銚子で撮影しようと考えているので発見したら声をかけてください。  また4時からは夜間撮影会を予定しています。 上の日記からスタッフブログをご覧ください。

カミングアウトde返却ナリ

あと4日で撮影会となりました。

なんだかワクワクです。
参加者の皆様、準備は整っていますか?

私は今回、持っているタムロン・レンズをすべて持っていく予定です。
普段は大体2~3本。時には1本だけで撮影に出かけるのですが今回は28-75mm、17-35mm、それから28-300mmが2本。
こんな構成で出かけようと考えています。

なぜ28-300mmが2本も手元にあるかというと月刊カメラマンでレビューしたあと返却の催促が来なかったので黙っていたからです。
そろそろ潮時だと判断してカミングアウトとなりました。
その理由は上記のレンズを含めて皆さんにチョイ撮りしてもらおうかと思っているからです。
自分のカメラがキヤノンですのでEFマウントのみとなりますが、共通マウントの方はぜひ使ってみてください。

タムロン・レンズは光のマジシャンです。
目の前にある光を芸術的に表現してくれるから、そのあたりを試していただけるのではないかと思っています。
せひ「これ使いたい、あれ使いたい」と声をかけてくださいね。

あと1本、70-200F2.8という未発売のレンズもあるのですがこれは試作品ということもありタムロンさんの許可が出ないと難しいかな。

でもカメラに装着して振り回すだけでも、いいところは判っていただけるレンズだと感じました。

なにしろ軽いんです。

カタログの数値だけを見てもその軽さは書いてありますが重量と撮影時の軽さって必ずしも比例しないものじゃありませんか?
軽いはずなのに疲れるレンズもあるでしょう。
それはバランスが大きく影響しているからだと思っています。
このレンズはマウント側、つまり手前側に重たいものを集中させているのかな。
先端方向が軽量であることを実感しています。
構えていて実にバランスがいいんですね。

これはカメラが軽くなればなるほど体感できる部分だと思うのでタムロンさんもそのあたりをもっとアピールしてもいいんじゃないかなと感じました。
KISS-DIGITALや10D~40Dオーナーの方にぜひ使ってもらいたいレンズです。

もちろん写りも優秀ですよ。
「ただ写ればいい」という記録写真から「表現したい」写真を撮りたくなった人には、強くおすすめ!
先ほど軽さについては触れましたがお値段も軽めに設定されているのが嬉しいですね。
実売では10万円を切るという噂を聴きました。70-200F2.8の価格じゃありません。

このほかGR-IIとGX100、R8も持っていきますのでSDカードをお持ちの方はぜひ使ってみてください。

あと先日パソコンの機種を訊かれる機会が多かったのですが、acer・ aspire5920Gこちらも持っていきます。
SILKY PIXがサクサク~っと快活に動く様子を見ていただけるかもしれません。

その画像は三菱の26インチモニターRDT261WHに繋ぐ予定です。
こんな機会はそうそうあるもんじゃありません。
当日はカメラの設定をRAW、色空間をadobeRGBに設定すれば普段見ることが難しい領域まで見ることができそうですね。

また当日は市川ラボラトリーさん、ベルボンさんのスタッフが来て使い方、遊び方の説明をしてくれることになっています。
その他にも、お忍びで某メーカーの方も来てくれることが決まりました。

また参加者の中にもカメラメーカーや機材メーカーの鉄人がいらっしゃったりして。なんだか凄く楽しみです。

「当日は晴れです」なんて言うのはやめようと思っているのですが天気予報が雨ならば曇り。
曇りなら晴れ間が見えるといったワンランクアップぐらいは期待していてください。

尚、撮影会の前日。
3月29日ですが私は朝から銚子で撮影しようと考えているので発見したら声をかけてください。 
また4時からは夜間撮影会を予定しています。

なぜ・・・

先日、20年以上会っていない中学の友達がPIEの会場に来てくれたのですが、なんで分かったのかを訊いてみたところ 「Yahooのニュースで見たから、もしかしてと思って」とのこと。 先ほど送られてきたURLをクリックすると確かに。。。 でも、なんで自分の名前だけ? 私は有名じゃないし。 そのあたりが謎です。 でも名前が出たおかげで懐かしい友人と再会することができたからよかったよかった。

失敗。

パソコンを新しくすると本体だけではなく色々と必要になるものが出てくるから、それなりにお金がかかってしまいますね。 私の場合セキュリティソフトや現像ソフト。 それから原稿を書く際に必要なのがOffice。 Officeって言ってもワードしか使わない、というか使えないのですが。 マトモに買うと結構な価格です。 どうしようか悩んでいると 「コストパフォーマンス抜群のオフィス総合ソフト」 Word Exel PowerPointとの高い互換性 なんて書いてあるソフトを発見。 お値段も超手頃の8180円とくれば即決です。 1人最大5台までのPCで使用できる。と箱に書いてあるのも背中を押してくれました。 「ふふふ・いい買い物したな」 なんてニコニコ顔でインストール。 操作感は少々ワードと違うけれどなんてったって5台までインストールできるから全部のパソコンに入れてしまえば共通した操作が可能になるかも。 カタカタカタと文字を打ち込んで原稿を書き上げました。 で、保存。 これいいかも。 メールに添付して送信~ ところが「開かないんですけど」という連絡が。 ??? 怖いので様々な拡張子をつけて、それぞれ保存していたのですが全滅でした。 どれを開けても???の連続じゃありませんか。 ss8 ショック! せっかく書いたのに、またやり直しかよー やはりOfficeが無難なのかな・・・ 仕事で使うものはケチってはいけないようです。

PCファン

先日発売されたPCファンでこんなアイテムを使った記事を書きました。 一脚と雲台の組み合わせ。 あまりにもフツーなのですが。 Photo by K氏 こんな風に使いました。 TVなどで音声を拾うような感じでしょ。 GRIIにはインターバル撮影という機能がついているので5秒に一度カシャッとシャッターが切れるという仕組みなんですね。 乗車しながら普段ではありえないアングルから撮影しているとプチ俯瞰というより空撮気分でした。 横から運転士さんの様子をカシャッ 動輪やロッドをカシャッ 脚立では考えられないほどの自由度にすっかりはまってしまいました。 ただ、これは危険が伴います。 電化された鉄道では架線から電気を拾ってしまうことが考えられるし 非電化の鉄道でも様々な危険が予想されます。 今回は成田ゆめ牧場さんのご好意によって実現したのですが、もし他でやろうと思ったら様々な問題が出てくるのではないかと思います。 でも鉄道以外だったら結構楽しめそうじゃありませんか? まだまだ写真って限りない遊び方があると思うんです。 デジタルカメラだからできることって、ただ画像を後処理できるっていうことだけじゃないと思うんですよ。 既存の方法だけじゃもったいないですよね。 だから今年は拘りをなくして新しい方法にどんどんトライしていきたいと考えています。 ※直角さん、見本誌送って~

PCファン

先日発売されたPCファンでこんなアイテムを使った記事を書きました。

s001.jpg

一脚と雲台の組み合わせ。
あまりにもフツーなのですが。

s003.jpg
Photo by K氏

こんな風に使いました。
TVなどで音声を拾うような感じでしょ。
GRIIにはインターバル撮影という機能がついているので5秒に一度カシャッとシャッターが切れるという仕組みなんですね。

s005.jpg


乗車しながら普段ではありえないアングルから撮影しているとプチ俯瞰というより空撮気分でした。
横から運転士さんの様子をカシャッ
動輪やロッドをカシャッ
脚立では考えられないほどの自由度にすっかりはまってしまいました。

ただ、これは危険が伴います。
電化された鉄道では架線から電気を拾ってしまうことが考えられるし
非電化の鉄道でも様々な危険が予想されます。
今回は成田ゆめ牧場さんのご好意によって実現したのですが、もし他でやろうと思ったら様々な問題が出てくるのではないかと思います。
でも鉄道以外だったら結構楽しめそうじゃありませんか?

まだまだ写真って限りない遊び方があると思うんです。
デジタルカメラだからできることって、ただ画像を後処理できるっていうことだけじゃないと思うんですよ。
既存の方法だけじゃもったいないですよね。
だから今年は拘りをなくして新しい方法にどんどんトライしていきたいと考えています。

PIE無事終了~

年に一度のお祭りという気分です。 開催までは何かと忙しかったけれど会期中は仕事の友達やメーカーの方、編集の方たちとも会うことができて楽しいものです。 そんな方たちと話していて新しい出会いが浮かんだり。 でもすれ違いざまに「〆切そろそろだよ」とプレッシャーをかけていく編集者もいたり。 こういうのはカンベンしてほしいです(笑) 新しい企画もたくさん出てきました。 中には矢野さんとユニットで参加というのもあり、本当に楽しくなりそうです。 またブースの移動中などで多くの方に「泉さーん」と声をかけていただけたのも嬉しかったなぁ。 何度もトークやセミナーに来てくれた方もいらっしゃって。 「先日の写真です」とステージの写真もいただきました。  Photo by るぼとさん 考えてみたら矢野さんと初めてお会いしたのは昨年の写真展でした。 初対面からいきなり、ぶっつづけ6時間トーク(!)だったのですが、それ以来ですから、まだ会って2回目ということになります。 全然そんな気がしないですけど。 タムロンブースでは30分×2回×4日=4時間喋ったわけですが、あと100時間喋ってもまだまだネタは尽きそうにありません。 どこかのイベントで呼んでくださいね。 楽しかったPIEが終わり自宅に戻ると仕事の山が・・・ いきなり現実の世界です。 こりゃ徹夜だな。 と覚悟したものの、どうしても疲れていて一時間だけ眠ろうとZzzz・・・ 気がついたら朝でした。 携帯電話のアラームをセットしていたはずなのに。 よく考えてみたら会期中はサイレントマナーモードに設定してあったんですね。 なんてこった。

PIE無事終了~

年に一度のお祭りという気分です。
開催までは何かと忙しかったけれど会期中は仕事の友達やメーカーの方、編集の方たちとも会うことができて楽しいものです。
そんな方たちと話していて新しい出会いが浮かんだり。
でもすれ違いざまに「〆切そろそろだよ」とプレッシャーをかけていく編集者もいたり。
こういうのはカンベンしてほしいです(笑)

新しい企画もたくさん出てきました。
中には矢野さんとユニットで参加というのもあり、本当に楽しくなりそうです。
またブースの移動中などで多くの方に「泉さーん」と声をかけていただけたのも嬉しかったなぁ。
何度もトークやセミナーに来てくれた方もいらっしゃって。
「先日の写真です」とステージの写真もいただきました。

pie08001.jpg
Photo by るぼとさん

考えてみたら矢野さんと初めてお会いしたのは昨年の写真展でした。
初対面からいきなり、ぶっつづけ6時間トーク(!)だったのですが、それ以来ですから、まだ会って2回目ということになります。
全然そんな気がしないですけど。
タムロンブースでは30分×2回×4日=4時間喋ったわけですが、あと100時間喋ってもまだまだネタは尽きそうにありません。
どこかのイベントで呼んでくださいね。


楽しかったPIEが終わり自宅に戻ると仕事の山が・・・
いきなり現実の世界です。
こりゃ徹夜だな。
と覚悟したものの、どうしても疲れていて一時間だけ眠ろうとZzzz・・・

気がついたら朝でした。
携帯電話のアラームをセットしていたはずなのに。

よく考えてみたら会期中はサイレントマナーモードに設定してあったんですね。
なんてこった。



タムロンランチ

会期中の4日間は毎日お弁当をいただいておりました。 評判通りタムロンランチはすごく豪華でお味もグー! セミナー控え室にもお弁当があるのですがこちらは魚屋さんのお弁当。 肉厚の魚がたまらなくおいしかったです。 他でもたくさんお弁当をいただきました。 っていうか1日何回ランチを食べてるんだ?

タムロンヤード

ステージの裏は広大な会議室が2つ。 会場であることを忘れる癒やしの空間になっています。 色々なブースをまわったけれど一番立派でしたよ。

pie9

写真家の新美敬子さんからの情報を得てオリンパスブースに向かった矢野さん。 「Nゲージの撮影面白いよ~」という新美さんの一言が気になったようです。 しかし方向音痴の矢野さん。いきなり「オリンパスブースに向かっていたら迷子になっちゃってそのまままっすぐ行ったら今新横浜にいるんですけど」っていうことにもなりかねません。(本当です) というわけでワタシは護衛です。

pie8

おはようございます。 どピーカンの千秋楽となりました。 Photo byエビちゃん ゆりかもめでも撮るついでに ビックサイトへお越しください。

ぱい7

美女3人の会話を盗み聞きしました。 ちょっとリークしてみましょっか。 「都電のレトロ調に乗ってみたい~」 「乗り心地はいいけど音がイマイチだったよ」 などなど。 これって本当に女性の会話なの?

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。