スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3

「いいでしょ」と先日、自慢した硬券名刺。 実は裏返すと4桁の数字が記されているんです。 つくっていただいたのが100枚なので0001から始まり0100まで。 スタッフ同士で交換なんかをしたのですが その際に私は「3番がいい」なんてワガママを言って皆さんの0003をゲットしてしまいました。 「日本3大○×」なんていうのには、まるっきり興味がなかったクセに最近好きな数字です。 3といえば愛機EOS-1D MarkIIIもファームアップして、ますます絶好調!
スポンサーサイト

進化の玉手箱

K20Dブログに参加させていただきました。 詳しくはこちらをご覧ください。 この中の一点が5月の壁紙になる予定です。 魚眼ズームって初めて使ったけれど面白いですね。 返却したあとで「こういうのも撮れるんじゃないか」「あぁいうのも」 なんてイメージがわいてきています。 ほ、欲しい・・・ しかしこのプロフィール写真すごいアタマです。 いつ撮られたものだろう?

進化の玉手箱

K20Dブログに参加させていただきました。
詳しくはこちらをご覧ください。

k20d-3.jpg


この中の一点が5月の壁紙になる予定です。
魚眼ズームって初めて使ったけれど面白いですね。
返却したあとで「こういうのも撮れるんじゃないか」「あぁいうのも」
なんてイメージがわいてきています。
ほ、欲しい・・・

しかしこのプロフィール写真すごいアタマです。
いつ撮られたものだろう?

3

「いいでしょ」と先日、自慢した硬券名刺。
実は裏返すと4桁の数字が記されているんです。

つくっていただいたのが100枚なので0001から始まり0100まで。
スタッフ同士で交換なんかをしたのですが
その際に私は「3番がいい」なんてワガママを言って皆さんの0003をゲットしてしまいました。

R1083481.jpg


「日本3大○×」なんていうのには、まるっきり興味がなかったクセに最近好きな数字です。
3といえば愛機EOS-1D MarkIIIもファームアップして、ますます絶好調!

今日も

昨日とほぼ同じポイントで撮影しています。 日差しも強く、いつの間にか半袖のラインがクッキリと。 明日は一度都内にて納品や打ち合わせをしてそのまま撮影に出ます。 今、自分の中でいい写真が撮れているのでこの勢いを止めたくなくて。

インバータが・・・

今日はロケ2日目。 SLや新幹線を撮影しています。 今回はレンズのレビューということもあり一本のみ。 着々とこなしています。 しかし数年前に買ったインバータが不調となってしまいました。 ケータイの充電ができず早くも通信不可能となってします。 GW中だから仕事関係の連絡はないと思いますが 何かありましたらパソコンのほうにメールください。 とはいうもののパソコンもそのうち充電が切れるわけで すっかりバッテリーに管理されている今日この頃・・・

視点

色々と妙なこだわりを持って写真を撮ってきましたが 昨年あたりから色々な視点で撮ってみたくなりました。 鉄道がテーマであることに変わりはありません。 でも柔軟さも必要だと思ったわけです。 そのためには行動パターンを変えるというのが手っ取り早かったので まずは、そこからアプローチ。 「夏は北海道」 長年続いた決まりごとを破ったのも昨年からです。 やはり時期をずらして各地を廻ると色々なものが見えてきますね。 「桜の名所は桜の時期以外がいい」と言いますが実にそのとおり。 機材もスタンスも視線も変化が必要なようです。 そんなわけで普段はおとなしくしているGWだけど 今年はフィールドに出ようと思っています。 混雑?いいじゃない!

視点

色々と妙なこだわりを持って写真を撮ってきましたが
昨年あたりから色々な視点で撮ってみたくなりました。
鉄道がテーマであることに変わりはありません。
でも柔軟さも必要だと思ったわけです。

そのためには行動パターンを変えるというのが手っ取り早かったので
まずは、そこからアプローチ。

SDIM0075.jpg


「夏は北海道」
長年続いた決まりごとを破ったのも昨年からです。
やはり時期をずらして各地を廻ると色々なものが見えてきますね。
「桜の名所は桜の時期以外がいい」と言いますが実にそのとおり。

機材もスタンスも視線も変化が必要なようです。
そんなわけで普段はおとなしくしているGWだけど
今年はフィールドに出ようと思っています。

混雑?いいじゃない!

SDIM0099.jpg

いいでしょ

切符? よく見ると「普通名刺券」なんて書いてあります。 そう、名刺なんです。 これは先日開催された撮影会のご褒美として特別に作っていただいた物。 何よりです。 でも、こういうのって普通に注文をとったら結構なオーダーが入りそうな気がしますね。 これを見ていたら鋏が欲しくなってしまいました。

いいでしょ

R1083479.jpg


切符?
よく見ると「普通名刺券」なんて書いてあります。
そう、名刺なんです。

これは先日開催された撮影会のご褒美として特別に作っていただいた物。
何よりです。
でも、こういうのって普通に注文をとったら結構なオーダーが入りそうな気がしますね。

R1083477.jpg


これを見ていたら鋏が欲しくなってしまいました。

蒸気機関車のすべて

のりものアルバムの最新刊 「蒸気機関車のすべて」が完成しました。 シリーズでは一番長い期間をかけたものでもありますし 一番予算がかかったものでもあります。 SLは走る日が限られているし「ついで」というわけにはいかないのが実情で。 構想から3年かかって、ようやく完成したというものです。 当初は「全体的に真っ黒で単調な児童書になってしまうのでは」 という心配もありましたが、成田ゆめ牧場のまきば線や虹の里。 またアプトくん、大井川の735といったカラフルな外観を持つSLに助けられ色とりどりの本になりました。 また撮り方も下から上から、広角~望遠、アウト&イン・・・ 様々な構図で飽きないように心がけています。 さらには後半にある「国鉄全盛期の蒸気機関車」では12ページにわたり当時の蒸気機関車の姿を掲載。 これは見ものです。 と、眺めていたら こんな写真を発見。 小さくてよく見えないけれど、たぶんワタクシ? これ聞いてなかったから驚きでした。

蒸気機関車のすべて

のりものアルバムの最新刊
「蒸気機関車SLのすべて」が完成しました。

R1083463.jpg


シリーズでは一番長い期間をかけたものでもありますし
一番予算がかかったものでもあります。

SLは走る日が限られているし「ついで」というわけにはいかないのが実情で。
構想から3年かかって、ようやく完成したというものです。
当初は「全体的に真っ黒で単調な児童書になってしまうのでは」
という心配もありましたが、成田ゆめ牧場のまきば線や虹の里。
またアプトくん、大井川の735といったカラフルな外観を持つSLに助けられ色とりどりの本になりました。

R1083465.jpg


また撮り方も下から上から、広角~望遠、アウト&イン・・・
様々な構図で飽きないように心がけています。

さらには後半にある「国鉄全盛期の蒸気機関車」では12ページにわたり当時の蒸気機関車の姿を掲載。
これは見ものです。

R1083469.jpg


と、眺めていたら

R1083468.jpg


こんな写真を発見。
小さくてよく見えないけれど、たぶんワタクシ?
これ聞いてなかったから驚きでした。

蒼い瞳のEOS

EXAKTAにつけるのが本来の姿だけどEOS1系に装着したANGENIEUX-R1も、たまらなくカッコいい。 そしてカッコいい組み合わせのレンズはイマジネーションを心地よく揺さぶってくれるというもの。 今月発売の写真工業ではANGENIEUX-R1を紹介しています。 真岡の空が南仏の空に化けてしまう不思議なレンズの描写をご覧ください。

急変。

GW前の締切。 うーん重たい・・・ しかし今日を逃すと快晴が期待できる日は少ないから。 なんて言い訳しつつ銚子へGO!です。 タムロンさんの冊子用カットは、かなりの枚数があるものの どうしても撮り足しておきたいと思っていたので一日乗車券をゲットして電車で移動となりました。 このところ毎週のように通っている銚子ですが毎回のように変化があります。 まず気づくのは草の成長。 枕木の隙間からどんどん伸びてきています。 また笠上黒生の101 これも急激に、その姿を変えつつあります。 やはり海の近くということもあり痛むスピードは内陸の比ではありません。 前面のパネルもあと僅かで落下するかもしれません。 まさに首の皮一枚といったところです。 ▲毎回、足を運ぶごとに鉄板が剥がれ落ちてきています。ガラスが落ちる瞬間などは本当に危険なので注意して撮影を楽しみましょう。 本当は、この状況であればアンダーで撮った方が雰囲気は出るけれど 銚子のイメージには似合わないからプラス2/3で撮りました。 さて、今夜から写真のセレクト、原稿なんかを頑張らなくては。

ぶっちぎりE

このところ、騙しだまし接してきた風邪が一気に爆発。 昨夜は42度を超え体温計の表示はエラーとなりました。 一夜明けて本日はEOS学園。 もう大丈夫です。 出版業界はGW前進行ということもあり、このままぶり返すことなく逃げ切りたいものです。

近日発売!

宝石箱を思わせるようなクリヤーケース。 あけてみると中から出てきたのは スペースシャトルだ~ このスペースシャトル。 PIEでご覧になった方も多いのではないかと思いますが水準器です。 40Dにつけてみました。 まだ「夢のスペースシャトル」だった頃にNASAがジャンボの上に乗せて実験していたのをTVで見たことがあったのですが、それを思い出さずにはいられません。 後方のライトが点灯して傾きを教えてくれます。 これならばファインダーを覗きながらでも水平が出せるってもんですね。 アナログの水準器に較べて使い勝手は数倍よさそうです。 今までなかったのが不思議。 こちらは、いつもユニークな機材をリリースするベルボンさんから発売されます。 いい機会なのでベルボンさんの撮影グッズを、もうひとつご紹介しておきましょう。 こちらはTwin1 R3-TRCという商品。 レリーズです。 ワイヤレスで100m離れていても届くというスグレモノ。 100mというと確か日本では電波法に触れるとかで発売できないレリーズもあったと記憶しているのですが、こちらは赤外線なのでOKなのだとか。 100mって凄い距離ですよね。 20mの車体なら5両分! また混信を防ぐため同調をとるので多くの人がいる撮影地でも誤作動がありません。 さらにはコントローラーに強力なライトがついているのがミソ。 これは夜間撮影でありがたいですね。 もちろんバルブの設定もできるし半押しのフィーリングもちょうどいいタッチでした。 夜の鉄道写真では、かなり便利なアイテムだと感じます。 近日中にリリースされる2つの商品。 みかけたらチェックしてみてください。 それからレンズとカメラの三脚座を結ぶレンズサポート(仮称)ですが、こちらは最終的な調整に入っているようで発売はもう少し先だということです。 他にも実用的な撮影機材を幾つか提案しているので、そちらもご期待ください。

近日発売!

R1083429w.jpg


宝石箱を思わせるようなクリヤーケース。
あけてみると中から出てきたのは

R1083430w.jpg


スペースシャトルだ~

このスペースシャトル。
PIEでご覧になった方も多いのではないかと思いますが水準器です。

R1083433w.jpg


40Dにつけてみました。
まだ「夢のスペースシャトル」だった頃にNASAがジャンボの上に乗せて実験していたのをTVで見たことがあったのですが、それを思い出さずにはいられません。

R1083439w.jpg


後方のライトが点灯して傾きを教えてくれます。
これならばファインダーを覗きながらでも水平が出せるってもんですね。
アナログの水準器に較べて使い勝手は数倍よさそうです。
今までなかったのが不思議。

こちらは、いつもユニークな機材をリリースするベルボンさんから発売されます。

いい機会なのでベルボンさんの撮影グッズを、もうひとつご紹介しておきましょう。

こちらはTwin1 R3-TRCという商品。
レリーズです。

R1083445w.jpg


ワイヤレスで100m離れていても届くというスグレモノ。
100mというと確か日本では電波法に触れるとかで発売できないレリーズもあったと記憶しているのですが、こちらは赤外線なのでOKなのだとか。
100mって凄い距離ですよね。
20mの車体なら5両分!
また混信を防ぐため同調をとるので多くの人がいる撮影地でも誤作動がありません。

さらにはコントローラーに強力なライトがついているのがミソ。
これは夜間撮影でありがたいですね。
もちろんバルブの設定もできるし半押しのフィーリングもちょうどいいタッチでした。
夜の鉄道写真では、かなり便利なアイテムだと感じます。

近日中にリリースされる2つの商品。
みかけたらチェックしてみてください。

それからレンズとカメラの三脚座を結ぶレンズサポート(仮称)ですが、こちらは最終的な調整に入っているようで発売はもう少し先だということです。
他にも実用的な撮影機材を幾つか提案しているので、そちらもご期待ください。

基本

デジタル一眼レフの基本テクニック という本が発売されます。 タイトルには「基本」とあるものの内容は、かなり濃く感じるのではないでしょうか。 私は「ハイブローな鉄道写真を写す」という内容で4ページだけ参加させていただきました。 このテーマを撮るうえでのツボを5つ。 失敗作を交えながらフレーミングの学習講座へと続きます。 ここでは撮影地に到着してから、どのような方法で理想のイメージに仕上げていくかを解説しました。 普段は仕上がりの写真だけしか人の目に触れることはないから、こういうのも面白いかもしれません。 鉄道以外にも様々なジャンルのレシピが掲載されています。 その数33(!) 多すぎ。 でも他のジャンルでは、どういう撮り方をしているんだろう。 なんて勉強になりますよ。 一言で鉄道写真って言っても幅広いですからね。

基本

デジタル一眼レフの基本テクニック
という本が発売されます。

R1083426w.jpg


タイトルには「基本」とあるものの内容は、かなり濃く感じるのではないでしょうか。

私は「ハイブローな鉄道写真を写す」という内容で4ページだけ参加させていただきました。
このテーマを撮るうえでのツボを5つ。
失敗作を交えながらフレーミングの学習講座へと続きます。
ここでは撮影地に到着してから、どのような方法で理想のイメージに仕上げていくかを解説しました。

R108342w.jpg


普段は仕上がりの写真だけしか人の目に触れることはないから、こういうのも面白いかもしれません。

鉄道以外にも様々なジャンルのレシピが掲載されています。
その数33(!)
多すぎ。

でも他のジャンルでは、どういう撮り方をしているんだろう。
なんて勉強になりますよ。
一言で鉄道写真って言っても幅広いですからね。

デジタル一眼レフの基本テクニック―表現力をアップする! 15人の達人が教えるジャンル別・プロのノウハウ

DP-1がやってきた!

「どのカメラにどのレンズをつけて散歩しようか」
毎朝、目を覚ますと外を眺めてそんなことを考えるのですが今日はDP-1に決めていました。

R1083418.jpg


昨日届いてすぐバッテリーもしっかりチャージ。
フード&ファインダーをセット。
A&Aのストラップも装着。
前回のテストで見えてきた基本セッティングに合わせて。
ファームアップも済ませていたから準備万端というわけです。


歩きながら
セッティングを変えながら
撮りながら。
いつもより時間をかけて散歩しました。

SDIM0013.jpg


撮った画像をRAW現像してウットリ。
プリントした写真を見て、またウットリ。
たまらず屋久島へ行きたくなってきました。

SDIM0013px.jpg
▲上の写真を拡大したもの。基本セッティングを少しだけ振るだけで十分屋久島仕様になりそうな予感。

明日はコンパクトな三脚を持って出ようかな。
やっぱり広角撮影は楽しいです。
GRとSWCも、ますます登場の機会が増えそうな予感。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。