スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回の鉄道講座は

現在EOS学園ではレギュラーの写真教室以外に短期の教室も開催しています。
そこで私は鉄道情景スナップ講座という教室を担当することになりました。
基本的には全3回。
最初に教室で授業をして2回目は野外実習。
3回目に講評をするといった流れになっており今まで江ノ電と箱根登山鉄道のスナップを学習してきました。
学習というと堅苦しい響きになってしまいますが早い話が「おとなの遠足」です。

前回の遠足ではフォトライターの矢野直美さんが取材に来てくれました。
その様子がこちらのサイト「おとなのたまり場バンビボン」に掲載されています。

鉄道の写真教室も次回は3回目となります。
今までは鉄道情景スナップ講座ということで、タイトルの通りスナップを中心にした講座内容となっていましたが次回はハイスピード撮影講座という内容です。

最近はカメラの高画素化に伴い動体撮影の基本が80%以上変化したと言われています。
鉄道写真も例外ではありません。
カメラが進化すれば撮り方も進化していくのは自然なことだからです。
もちろん、このまま行くとすぐに撮り方は変化していくことでしょう。
でも大切なのは流れだと思うんです。
どういう方向に向かっているのか。
ベクトルが持つ方向や力、位置が分かればその延長線上にいつでも答えが見つかるはずなので、そのあたりを感じ取っていただければと思っています。

1v.jpg
▲高い精度の撮影方はフィルムでの撮影にも十分生かせます。同じ機材、同じフィルムとは思えないほどの感動を体感していただけるのではないでしょうか。

今回は被写体をしっかり写すことを中心とした講座になりますので「今持っているカメラの性能を、とことん生かしたい」と言う方や「普段は独学で撮影しているけれど上手くいかない」という方、動体撮影を極めたい方も何か習い事をしてみたいという方も、ぜひご参加ください。
まだ若干ですが空きがあるようです。
また先日担当の方と打ち合わせをしていたのですが鉄道講座も2009年は他ではできない内容のものも含めさらにパワーアップする予定となっているのでお楽しみに!
スポンサーサイト

痒いのはイヤ!

鉄道写真を撮る上で一年の大半は必ず持っていくもの。
そのひとつに虫さされ用の薬があります。

もう絶対に必要です。
忘れるときに限って刺されまくったり。
そうなると拷問ですね。

とにかく痒いのは嫌なので普段はムヒアルファEXを愛用しています。
以前は普通のムヒを使っていたのですが撮影地に多い謎のハエみたいな虫。
あいつに刺されるとしこりが出て暫くの間は大変なことになります。
でもEXなら大丈夫。
でも遠方のロケなどには荷物をコンパクトにしたいためチューブ式を持っていくことが多くなりました。
しかしチューブのクスリって破裂すると、とんでもない悲劇が待ち受けているわけで。

よく効いてコンパクトなクスリはないものかと探しておりました。
すると、こんなものを発見。

プチウナ最高!

プチウナという薬。
こりゃ最高です。
キャップに穴が開いているから首からぶら下げられるっていうのもマル。

修正液って何年以上使っていないんだろう?


先端はプッシュ式。最近は使わなくなってけれど修正液みたいな仕組みで液が出てきます。

こんな素晴らしい薬をどこがつくったのかと見てみると見慣れたロゴが。
コーワシックスという名作カメラをつくった興和株式会社でした。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。