スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに

20090731233204
打ち合わせは続きます。
スポンサーサイト

真剣だからこそ侍

20090731222539
今日は月末の侍会議。
デジタルカメラマガジンのインプレス会議室をお借りしての会議となりました。
写真を見ながら意見を出し互いに高めていきます。
こういう環境があるって凄いことだと感じています。

地図帳でトリップ

こんな本が出ました。
全日本鉄道旅行地図帳です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4778050029/tetsudoshashi-22私は列車で旅するフォトジェニックな路線。それからお勧めサイクルトレイン。というページに参加しています。

tcho.jpg

鉄道の地図帳は多くの出版社から出ていますが面白いですね。
時刻表の地図を眺めているだけで幸せになれてしまう私たちですから、地図帳なんていったら究極の幸せです。
ついつい乗ってどこかへトリップしてしまいたくなりますよ。

jamis.jpg
▲自転車をそのまま載せられるサイクルトレインは鉄道撮影にも強い味方となります。

腕試し、してみます?

今年も私の好きな鉄道風景ベストショット
http://www.tamron.co.jp/special/train2009/index_outline.htmlの開催が発表されました。
昨年、初開催で凄い応募数があったので今年はさらに加速するのではないかと見られています。

なにしろ優勝賞金30万円っていうんだからたまりません。

tam.jpg


年に一度は、こんなコンテストに応募してみるのもいいと思いますよ。
参加を考えるだけで意識が変わるのです。
意識が変わるから視線も変わり写真も変わるわけで、このあたりはスポーツと同じですね。

ところで、こういったコンテストで上位に出る作品はプリントが美しいという共通点があるのをご存知でしょうか。
インクジェットプリントのレベルが上がってきているので自宅でこつこつプリントするのもいいでしょうし
こういったサービスを受けるのもありです。

インクジェットにしてもお店プリントにしても一夜漬けで理想の姿というのはありえません。
普段からプリントをこなすことが何よりの近道です。
私のセミナーに参加されている方やEOS学園の生徒さんからは耳タコですね。
でも、やはりプリントしている方の写真は、いつでもパワーを感じてしまうのです。

もう~

このところデスクワークに追われています。
写真をセレクトしてプリントして・・・
必要な場合は原稿を書いてまたプリント・・・・・

なんて具合です。
そんなわけでインクもそれなりに使うわけで
もうインク貧乏に片足突っ込んでいます。

どういうわけかインクがなくなるのは各色同じタイミングになるというのはよくあるハナシで
一色交換して「プリントだ~」と思いきや
他の色がなくなり
「だったら一緒に言ってよー」
というのもよくあるハナシで。

で、このお知らせ。
koukan-1.jpg

なくなった可能性って・・・・・
なくなったなら、なくなったと言い切ってよお願い。
使い切りたいという思いとは裏腹に交換していく小心者のワタシ。

まだまだプリントは続きます。
でもプリントをこなしてゆくと写真をまた新しい角度から見ることができて
現像をこうしたらいいんじゃないかとか
新しい発見があったりして。

写真って面白いですね。

理想の姿になるまで追求していこうとするじゃありませんか。
プリントって写真の最終的な形だと思うんです。
こうなってくるとフィルムもデジタルも関係ありません。
ただの白い紙が意思のあるものへと変化してゆくって素晴らしいことだと感じずにはいられません。

ついに登場

ついに発表となりました。
GR-DIGITALIIIの登場です。

GR DIGITALⅢ 

ぱっと見た感じでは初期型やIIから何も変わらないように見えますが
よーく見ると
f19.jpg

F1.9であることが分かります。
こりゃ大きなアドバンテージとなるでしょう。
ところで表記は6.0mmとなっていますが今までと同じ5.9mm。
画角は変わりません。

ノイズに関しても今までのGR-DIDITALシリーズとは比べものにならないほど向上しているから
「撮れるシーン」の巾がグンと広がります。
グリップは少し違和感を覚えてしまいましたが、すぐに慣れるのではないでしょうか。

ところで最近GRを持つ女性を多く見かけません?
こんなマニアックなカメラなのに。
やはり画質優先の時代になってきたということなのでしょうか。

「男性諸君、負けずにIIIでいい写真を撮りまくりましょう!」









カボチャの電車

20090726231343
「何これ」
千葉駅でホームからそんな声が聞こえてきました。
通常だと紺ベースのスカ色が走る外房線。
突然、湘南色がやってきたので利用客は驚いてしまうようです。
皆さんケータイを取り出しカシャッ!
でワタシもカシャッ!

ザワザワとしたホームから「暑苦しい色~」「かぼちゃみたい~」という声も聞こえてきました。

シンデレラはカボチャの馬車に乗ったけど
千葉県民はカボチャの電車に乗るわけです。

トロ電

20090725165012
昨夜、北海道から帰ってきました。
ちょっと仕事して本日はEOS学園の撮影実習へと向かいました。
江ノ電のホームに到着すると不思議な電車が。
運転席にはトロがいました。

すくすくと

20090724124201
鹿討駅にあるポプラ。
すくすくと育っています。

鹿討駅

20090724124033
大好きな鹿討駅に寄りました。
相変わらずのんびりした時間が流れています。

到着~

早朝の便で旭川空港へ。
とは言うものの北海道に来たという実感がわきません。
確かに目の前に広がる光景は美瑛だし関東とは違い異常なほどの寒さではありますが、どことなく現実味に欠けるのは飽きるほど車を走らせたり移りゆく列車の車窓を眺めていたりという時間を味わっていないからなのかもしれません。

そんなことを思いながら国道を富良野に向かっていると対向車の運転席にデジ侍出身の小林さんの姿が。
クラクションを鳴らしてUターン。
久しぶりに会って話すことができました。
「なんで分かったんだ?」と聞かれましたが、そりゃ普段から時速300キロで走る新幹線の細かい部分までピントを合わせるなんてことしてれば、普通に見えてしまうものですって。

ただいま準備中

現在、旅の準備をしています。
いつものように・・・と行きたいのですが今回は普段にくらべ荷物が多いため
どのように運ぶかが問題。
バックパックを一つ背負うとショルダーは使えず手持ちになるじゃありませんか。
大容量の荷物を一気に運べるバッグってないもんですかね。
カメラ用のバッグは機材を運ぶのにはいいかもしれません。
でも着替えなどを運ぶことなんか、まるで考えられていないし歩くことも以下同文。
迷いながらの荷造りとなります。

結局、バックパックに機材を山盛り詰めてその他は大きなバッグに詰め放題プラン。
飛行機を使った移動ではこれがベストなのかもしれません。

とりあえず荷造り完了~
仮眠して行ってきます。
さて、明朝は果たして起きられるのか。
それが一番の問題だったりして・・・

久しぶりに日記再開

少しだけ過去の日記を読み返してみたら書いてある内容が古いことに気づきました。
常用機材も、とりまく環境も変化していることから「また書こうかな」と思っています。
今は毎日更新というわけにもいきませんが時々覗いてみてください。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。