使い倒し教室

EOS-1Ds MarkII
自分にとっては忘れられないカメラです。
うまく仕上がれば、とにかく精度の高い写真が生まれるのですが、とにかくシビアで。
ラフに撮ると精度の低い写真を量産してしまうから、とにかく丁寧に撮らなければと、いつも格闘していました。
その時に「ぶれとは何か」
何が悪くて何がいいのか」
「どう撮ればいいのか」
「何が必要で何が不要なのか」
そんなことを考えながら撮っていたのですが、
それまで基本となれていたことなんか何の意味もないことだと知りました。
この時代に勉強できたことは本当にいい経験になっています。

それから何年経ったのでしょうか。
僅かな年月ですね。
今では7Dが1Ds MarkIIの画素数を超えて登場しています。
まさにMONSTER。
この怪物、止まっているものを撮るのであればほんの少し気を遣うだけで凄い写真を撮ることができます。
ところが動くものを撮るのと豹変。
とにかくシビアなのは1Ds MarkII以上と言えるでしょう。

だから「7Dを使って撮り方の教室なんかをやりたいな」なんて思っていました。
今回その機会に恵まれたのは自分にとって本当に嬉しく思います。

参加者の方々は私と同世代の方々でした。
少人数ということもあり、まずは自由に撮っていただき細かくチェック。
そこで幾つか矯正させていただきました。
すると飲み込みが早い早い。
凄い吸収力でした。
もう後姿を見ているだけで手ごたえあり!というのが感じられます。

お昼を過ぎたあたりで銀座のEOS学園に移動。
A3ノビでプリントすると皆さん凄い精度の写真が仕上がりました。
「これって本当にキットレンズ?」という声が聞こえてきたのが印象的でした。

いやいや本当に凄い写真ばかり。
もし「鉄道写真の精度コンテスト」があったとしたら今日の4名は確実にプロアマ問わず
日本トップテンに入る実力を身につけてしまいました。
もう、どんな状況でも車体のネジ一本までしっかり描写するような写真が撮れてしまうでしょう。
ここまで撮れれば後はイメージを表現する写真でも思い通りに撮れるはず。
この先にあるものをしっかり掴んでいただきたいと思います。

77d.jpg

情景スナップももちろん楽しいけれど、こういうのも、もっとやりたいな。

いよいよ

この2日間、某所にて極秘任務を遂行していました。
先ほど帰ってきて片づけ中です。

ggg.jpg


明日は、いよいよ7D使い倒しツアー!

参加者の皆さま、お楽しみに!!!

小海線は今が旬

20091028204528
今日はクラブツーリズムのツアーで小海線へ。
参加した皆さん和気あいあいで楽しい一日でした。
台風の影響もあり、そんなに期待していなかった紅葉ですが空の青さもあって実に美しいもので感動。
クラブツーリズムのツアーは初めてでしたがかなり楽しかったです。
皆さん、ぜひご参加下さい!

まもなく完成へ

講談社の児童書ですが
次は新幹線です。

w_MG_0329.jpg


再校が上がってきて、いよいよ近日発売となりました。
しかし、この原稿袋って何度見ても緊張感があるものです。
慣れることがありません。
お習字で先生が使う朱色の墨汁ってあるじゃないですか。
あの色だからなのかな。

しかし今回の新幹線は、ある意味かなり大胆な児童書といえるでしょう。
全国のよい子の皆さん、お楽しみに。


2つの写真展

昨日EOS学園のお昼休みに並木隆さんの写真展 マクロ。不思議
を観てきました。
これ凄いですよ~
「新しいレンズを手にしてから撮る世界が広がったんだ。」と言っていたけれど
そんな世界の一部を見ることができました。

そして教室が終わると雨・・・
そのままフォトエントランス日比谷で山本浩孝さんと佐藤竜也さんの写真展 汽笛こだまして
を観てきました。
EF58を追い続けた写真なのですが情熱を感じずにはいられません。
様々な角度から撮ってEF58という機関車を思いっきり表現しています。
本当は好きな写真もまだまだあったに違いありません。
それでもセレクトにセレクトを続け残った写真が展示されています。
今回はお二人の共作ということなのですが、どちらがどの写真という見せ方はしていません。
合作なんですね。そこがいいと感じました。
残り2日間しかないので会社帰りに寄ってみてはいかがでしょうか。

さてさて
思いっきりデスクワークが続いています。
頑張れ~
と自分でゼンマイ巻きながら頑張ってます!

あれ?

忙しかった2009年も、やることやって
ようやく時間ができてきたかな。
なんて思っていたら、あと10日後には海外へ向けて出発だということが判明。
うっ・・・
やることは結構あるから、さぁ大変。
こりゃヤバいです。

明日はEOS学園で午前、午後ともに鉄道写真の授業。
終了後はフォトエントランスへ写真展を観に行ってから打ち合わせ。

今、絶対に風邪はひけません。
頑張らなきゃ!
気合で乗り切るぞー

常に新しい発見を


マンネリが嫌。
というか同じ動きをしていることに面白みを感じないから常に何か違うことをしようと考えています。
以前、通勤していた時も同じ道を歩かないように違う電車の違う駅で降りたりしていました。

今も撮影地までのアプローチは毎回少しずつ変えています。
道順を変えるだけでも、いつもと違う景色が見られたり交通手段を変えると劇的に変化したり。

_wMG_0254.jpg


機材なんかもそうですね。
望遠がおいしい撮影地では広角を持っていくとか防水のコンパクトカメラを持っていくとか。
桜の名所と言われているところも、季節を外すと色々なものが見えてきますよね。
情報が溢れてるということは素晴らしいことで否定はしません。
でも、それに沿って行動することってどうなんでしょう。

今度の撮影ツアーは時間もたっぷりあることだし
撮影地の見つけ方からイメージの組み立て方なんていうものも、お話ししたいと思います。
それから普段お使いのカメラがCFカードという方も、もしお持ちでしたらSDカードをお持ちください。
当日GR-DIGITALシリーズとか防水のG600とか使ってみませんか?
私のでよろしければどうぞ。
希望者が多ければ交替で使ってみてください。
一眼レフじゃ絶対に撮れない世界っていうのも確実にあるんです。
体験というか体感してみてください。
http://rocknococoro.com/travel/travel.html

w_MG_0281.jpg

足湯で

20091021202617
夕方マジメな会議中。
男3人のおみ足ってちょっと不気味ですね。

ロケハンで

20091021202534
伊豆に来ています。
駅には足湯があるから歩きまわっても安心ですね。

久しぶりの

ちょっと理由があって封印してきたハッセル。
久しぶりにスタメンで活躍してもらうことにしました。
ケースから取り出し眺めてみます。

R9319848.jpg

この半年ぐらい触っていなかったので空シャッターを切ってみます。
SWCはカチャンと小さな小さな音。
まずは1秒でスローシャッターのテスト。
1秒というのは自分の中で完全に見分けることができる時間です。
何度もシャッターを切ってみたけれど粘りはなさそう。

R9319861.jpg

このカメラで撮ると「直線ってこんなにも美しいものだったのか」
なんて思えてしまいます。
ただ大きな落とし穴でもあって。

それは水平に拘りすぎてしまいやすいということ。
水平で撮れことを条件にバランスを崩した瞬間に次のステップが見えてくるところが面白いカメラだと感じています。
記録ではなく表現として使う場合の話しですが。


次に500Cのシャッターを切ってみます。
シュパンシュパンと心地よい響き♪
R9319856.jpg

自分と同じ1969年生まれのカメラです。
だから思い入れも他のカメラとは違うものがあって。
革を剥いだカワハギ仕様にしたら、もっとお気に入りになってしまいました。
100mmと相性がいいので結局100mm専用機になっています。

さてさて、眺めていても仕方がありません。
ということでフィルムを買いに行ったのですが、こんなに高かったっけ?
12枚撮りで横に置いてあった2GBのSDカードと同じような値段っていうのもね。
なんて言いっこなしで久しぶりのフィルム充填を楽しんでいます。

本日はEOS 1D-MarkIVの発表日だっていうのにアナログな日記になってしまいました。

走れ

走れ~

R9319824.jpg

もっと走れ~

R9319825.jpg

売店で見つけた電車。
正体は

R9319832.jpg

お茶でした。
見ていたら、どうしても走らせたくなってしまったので。
アトリエにて突然撮影開始。



本日の功労者たち。
_9319841.jpg

左からモデルのお茶JR山手線エディション
GX200まだ半分王子様SPL
使っても使っても減らない不思議なパーマセル7歳
KTS雲台 シグネイチャーモデル
ベルボン・カーボン三脚
それからベルボンDL-11
色々と使い道を探ってる最中ですが、これ最高に面白いです。

あっ、それから今日はベアリング玉を使いました。
走らせるのにね、どうしても必要だったんです。
だから1個ばらしちゃいました。

こちらのツアーも締切間近。さらに新しいツアーの情報もアップされています。

clubt1.jpg

小海線は残りわずかです。
その他のプランも、まずはこちらから。
http://photo.clublog.jp/e13034.html
昨日、一昨日の日記同様お待ちしております。

使い倒してみましょうか。


鉄道.comというサイトがあるのは鉄道ファンの方ならご存知ですよね。

tcom.jpg


時々、仕事で名刺を交換する時なんかURLを見て「あの有名なサイトは広田さんのところなんですか」と間違えられることがありますがウチは鉄道写真.comです。個人の小さなサイトなんで・・・

なんて話しはどうでもいいんですが
さてさて、その鉄道.comさんで、このたびプレミアム撮影講座にご招待という企画が立ち上がりました。
ブログをお持ちの方なら、どなたでもご応募いただけます。
総武本線で撮影実習をして銀座のEOS学園(もしかしたら品川のキヤノンSタワー)でプリントアウトしながら講評というスケジュールです。
EOS学園は3日間かけて、このスケジュールをこなすわけですが今回は1日です。
3名限定。さらに全員同じ機材だからこそ可能になった、この企画。
ギュッと濃い授業ができそうですね。
普段、量販店やショールームでも最新機種のカメラは触ることができるけれど、いざ自分のフィールドで使うと全く違ったフィーリングになることはよくあることです。
また状況に応じたセットアップなども含めて実戦的な撮影方法などもレクチャーできるんじゃないかと思っています。
ぜひ皆さまご応募ください。

お申し込みは鉄道.com
http://www.tetsudo.com/

tcom7d.jpg



※こちらで7Dについても書かれていますが私が喋ったことを記事にしてもらったため内容には若干のずれが出てしまいました。
週明けには文章が直っていると思いますので、もう少々お待ちください。

極上なんです。

イベントやセミナーなどに参加させていただくと必ず思うことがあります。
それは「もっと皆さんとゆっくり、のんびりお話しがしたい」ということ。

やはり限られた時間の中ですから仕方ないことなのかもしれません。
でも質問に充分答えられなかったり、もっともっとお話しがしたいなんてことは必ず思ってしまいます。
だから、いつかはのんびり撮影ツアーをしてみたいと考えていました。

念願がようやく叶いましたよ。



ジャーン



  こちらです。


広田泉・矢野直美と行く伊豆一碧湖リゾートホテル一泊鉄道撮影の旅(長っ)
gokujo-1.jpg


今回の企画には矢野直美さんも賛同してくれました。
楽しくなりそうですよ。

また、こちらのホテルを先日見学させていただいたのですが
素晴らしい空間でした。
詳しくはコチラをご覧ください。

お一人でももちろん楽しめますがお友達やカップル、ご夫婦での参加もおすすめです。
12月が始まると慌しくなりますよね。
一気にスパートがかけられるようスタートで楽しい思い出をつくりましょう。

皆さまの参加、心よりお待ちしております。

広田泉・矢野直美と行く伊豆一碧湖リゾートホテル一泊鉄道撮影の旅HP






素敵な一日

昨日は素敵な鉄道の日でした。

まずは朝一番「私の好きな鉄道風景ベストショット」表彰式からスタートです。

今回も素晴らしい写真が多く貼り出していない作品まで見てみたくなってしまう内容。
その中でも小中高校生の部・大賞の作品が大きな注目を集めていました。

IMG_5310.jpg


鉄道写真の歴史を刻む一枚といっても過言ではないと感じた作品です。
大きくプリントされた写真は今しか見ることができません。
Webとは迫力が違うので、ぜひ見ていただきたいと感じました。

さて、表彰式の後は矢野直美さんのトークショー。
今回は司会です。
でも気がついたらPIEの延長になっていました。
11時からと13時からの会それぞれ予定より延長してお喋りしてしまいましたがお客さんとの距離が近いから、かなり親近感があり楽しかったです。

さて、その後は移動。
ニューシャトルに乗った矢野さんはメチャ楽しそうです。
プラザノースに到着すると、たくさんの写真が展示してありました。
訊いてみると120点以上あるのだとか。
60分で120点。
1枚30秒しか持ち時間がありません。
こりゃ全部を喋るのは無理。
ということで狙いを絞って濃い内容でお話しさせていただきました。

imgCA3Y0F5X_20091015214302.jpg
▲Photo by TO氏 

その時の皆さんの眼差しといったら真剣そのもの。
矢野さんに助けてもらいながらかなり頑張って喋りました。

さて、その次は18時からのパネルディスカッション。
もう最高のメンバーでした。

IMG_5338.jpg

さいたまのスーパーMC西田奈保子さん。
銚子電鉄のスーパー次長・向後功作さん。
北海道が生んだスーパー天然フォトライター矢野直美さん。
それから地元大宮の観光大使でもあるスーパー漫画家あらい太郎さん。
皆さん個性が強くお話しも上手なので結局4人のトークショーになっちゃいました。

IMGP7172.jpg
▲ステージ上では7D+タムロンのワイドズームで出演者を撮影しちゃいました。写真提供カラーいちのせ

これが最高に楽しいものでした。
あらいさんは今まで特に鉄道に対して興味をもったことはなかったそうです。
我々が喋っている内容を漫画にするということだったようですが一番喋っていたかもしれません。
本当に楽しい方です。

で、喋っているときに
「僕は車輌の名前や詳しいことは知らないこともあるけれど、どこから見るとカッコいいとか、どう光が当たると素敵とか、そういうことは知っている」というようなことを言ったのだと思います。
それを聴いたあらいさんがステージの上でペンを走らせるのですが

IMG_5339.jpg


こんなのが出来上がっていました。

IMGP7176.jpg
▲Photo byカラーいちのせ

私の思いに対して被写体からかえってくる言葉まで理解していたあらいさん凄すぎ!
もう、これがすべてなんですよ本当に。

内容としては偏り過ぎないように。足を運んでいただいた皆さんに向けて楽しんでいただけるよう喋っていたはずなのに、それでも理解して見抜いていたあらいさん。只者じゃありません。
今度あらいさんの作品をたくさん見てみたいと思いました。

その後はゆるゆると楽しいトークショー(本当はパネルディスカッション)を楽しく続け
あっという間に終了となりました。

IMGP7148.jpg
▲Photo byカラーいちのせ

会社帰りの方も多く、この時間帯だと寝ちゃったりする方も多いものなのに皆さん目がランランとしているのが印象的でした。
主催してくださった明日のさいたまをつくる会の皆さんは今後も楽しいことを企画されていらっしゃるようです。
こちらでも思いっきり告知していきたいと思いますので頑張ってください。
いやぁ本当に素敵な一日でした。
皆さん本当にありがとうございます。

本日は留守の間にたまったデスクワークの日。
オオゼキタクさんに戴いたCDを聴きながらパワーアップ。
かなり捗りましたよ。ありがとう。

只今、準備中

20091013225030
明日、14日は「そごう大宮店(さいたま市)」で、鉄道写真家の広田泉さんとスライドトークを行います!みなさまのお越しを楽しみにお待ちしていますので、よろしくお願いします(^^)
やのなおみ拝

鉄道ファンにとって今さいたまが一番熱いと言っても過言ではないでしょう。明日は続いて、プラザノースで矢野さんと熱くしゃべり続けたいと思います!みなさん、どうぞお集まりください。
広田泉

お先!

20091013100145
明日開催されるイベントの前に打ち合わせやリハーサルに納品、会議などやることはたくさん。
一足お先に都内へと向かっています。
今日と明日の東京埼玉は夏日らしいですね。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード