銀鉄上々

銀座鉄道は無事スタートしました。
11時オープン一番手は、どんな方がいらっしゃるのかと思ったら某メーカーのNさん。
予想外の展開に驚きました。
このところお会いすることもなかったので何をしているのかと思ったら秘密のことをしているみたい。
そんな秘密のことに関わることになったようで今後も面白いことになりそう。
R9330867.jpg
▲奥に見える白い塔は、のぞき穴。ちょっと覗いてみてくださいね。
不思議な空間に吸い込まれている人、多数。

次に現れたのは外国の方でした。
これまた予想外の展開です。
3枚の写真を物凄く気に入ってくれたようで色々とお話ししていくとスペインの方だということが判明。
そこからはスペイン語、英語、日本語に交じり何故かポルトガル語まで入り乱れて、お喋りしました。
スペインの男はお喋りだと言いますが本当にその通り。
でも話していったら共通の友達がいたりして、またまた予想外の展開に。
世界、いや地球は狭い!
彼はS90を買うかCX3を買うか迷っていたようですが結局どちらを買ったのだろう。

と午前中から脳と喉をすり減らしてしまったわけですが、その後もたくさんのお客様がいらっしゃいました。
お土産を持ってくださる方も多くバックヤードはドーナッツ&Red Bullだらけに。
もう最高に幸せな気分です。
一人じゃ食べきれるわけもないので皆さんと一緒にいただきました。ありがとうございます。
でも、なんでドーナッツ好きって知ってるんだろう。
そういえば、こんなお土産を持ってきてくれた方も。
R9330883.jpg

切符です。硬券です。
しかもナンバーが123(イズミ)です。
これ嬉しいぞーっ!
ありがとう。

午後も多くの方とお話しをさせていただきました。
そして徐々に集まってくる出展者。
そう、今回の銀座鉄道は趣味で鉄道写真を撮っていて元気のある方々を中心に作品を1~2点ずつ出していただいております。
その方たちと一緒にオープニングパーティーを開いていただきました。
R9330878.jpg
▲プレジデントとお話しができる機会なんて、そうそうないですもんね。最高のサプライズでした。

私からの紹介と自己紹介タイムでRING CUBE閉館の時刻になってしまったため
次は新幹線ガード下に移動。
R7047962.jpg
どういうわけか、あっという間に時間が過ぎてお開きとなりました。
ここで、ゆきぴゅーからプレゼントをいただきました。
R7047964.jpg
いいね、これ。
撮影旅。特に海外へ行く際には手ぬぐいが欠かせません。
タオルより乾燥も早いし色々使えるし日本人の軽い自己主張にもなるし。
今度の旅に持っていこう。
R9330880.jpg
▲普通じゃ見られないレアなゆきぴゅーの素顔を見て驚いた某参加者のお顔が印象的でした。

2日目は午後に顔を出したのですが夜はオリンパスギャラリーに移動。
2人の侍がいました。
R9330893.jpg
こんなのやってますので、お散歩がてら合わせてどうぞ。
詳しくはとんぼ日記で。

_9330762.jpg
銀座鉄道は毎週、少しずつ変わるので何度でも遊びに来てくださいね。

どんどん出てくる


「ちょっと痩せたんじゃない?ウチに来ないから。」
久しぶりに行った近所の定食屋さん。
いきなり、これです。
こちらのお店は普通に頼んでも量がハンパじゃないのに
「これも食べなさい。これも」
なんだか頼んでいないのに小鉢が次々と出てきます。
「夏バテには酢の物だろ。」「いや、こっちの方がいいんじゃない?」なんて声が奥から聴こえてきてまたまた次々と出てきます。
最終的には、唐揚げ大増量。
これってKFCだったらバケツ一杯分じゃない?
そんなに悲壮感漂っていたのだろうか。
全部残さず戴いてお腹いっぱい~
もう無理。

ってな状態で出てきたのが天ぷら一人前…
絶対ムリ!
というわけで明日の朝は包んでもらった天ぷらを朝からいただきます。
モーニング天ぷら。
いいかも。
いや、よくないっ!

さて、いよいよ明日から銀座鉄道出発進行です。
毎週何かが変わる銀座鉄道。
まずは一週目どうぞ。

太鼓判


脊髄脊椎外科。
なんだかちょっとナーバスになってしまう名前の科ですが今日検査に行ってきました。
「治るの早いですね。当面は大丈夫ですよ。」と先生に言っていただけました。
痛みと痺れは相変わらずなんですが動けるのは嬉しいことです。

すごい青

「凄い空の色だなぁ」
と思いハガキと見比べてみたら、この通り。

sz033.jpg

「銀座鉄道」のご案内ハガキが完成しました。
こういうのって作者の名前と写真を前面に押し出したものが多いのですが
今回の銀座鉄道は、ちょっと違うでしょ!
とても気に入ってます。

実はレアなバージョンのハガキも存在します。
裏・銀座鉄道仕様です。
もしかしたら既にネット上に出ているかもしれません。

しかーし

「裏」というだけあって、とても数が少ないのです。
会場でも最初の週ぐらいで、なくなってしまいそうということでした。

今日はCX3で遊んでいます。
CX3_black_front_open.jpg

一見、普通のCX3ですよね。
ちょっと前までは確かに普通のCX3でした。

ところが現在は・・・

gt2jpg.jpg

こんなんなってまーす。

分解すると見えてくる機能美。
カスタムするのが、もったいないかも。
このまま飾っておきたいぐらい。

でも撮ってこそカメラですからね。


長かった~

今日まで連休なんですね。
大井川鉄道も大いに賑わっていました。
そんなわけで心配になったのが帰りの渋滞。
普段はなるべく平日に旅をしているわけですが今回は極秘テストもありスケジュール的な理由で休日の出撃。
しかも連休だから帰り道は50キロの渋滞です。
どこかで寝て道が空いてきたら距離を稼ごうとも考えたのですが、どこのSAも満車。
しかもエアコンを効かせるためなのかエンジンかけっぱなしのクルマが多く空気も悪いので、ひたすら走行しました。
腰に響く~
帰ったら急ぎの仕事が山盛りなので頑張って帰らなきゃね。

撮影中


ちょっとフォームを工夫しながら撮影しています。
こちらのイモト。前回見た時は薄汚れていたけれど服を洗ってもらえたのか少し綺麗になっていました。

でも洗濯してる間のイモトって…
通行人が見たらビックリかもしれません。

リハビリ中

「必ず一週間で復帰します」
関係者にそう宣言してから一週間。
約束通り撮影することができました。

とは言うもののカメラを構えても、いつものフォームができません。
ずっとコルセットしたままだからかな。
腹筋と背筋が全然力入らなくてへなちょこ。
そんなんだから腕の力に頼ってしまい悪循環といった状態。 明日までに、なんとかせねば。

回復へ

7月9日朝のことです。自宅の階段を降りていたら突然、背中付近に衝撃が走りました。
スタンガンでやられたのかと思うぐらい激しい衝撃です。
全く動けなくなりました。

その日は朝から晩まで打ち合わせ三昧だったのですが、とりあえず午前中と夕方以降の打ち合わせは事情を話しキャンセルさせていただきました。
でも午後一番の会議は銀座鉄道の件で、どうしても出なきゃならなかったので普段から、こういうときにいつもお世話になっている整体の先生のところへ搬送してもらいました。
「右筋肉背筋が陥没している」
「ここだな」
なんて声が聞こえるのですが、こちらはもう意識も飛びそうになるし脂汗まみれ・・・
なんとか動けるようにしてもらったのですが、とにかく痛くてたまりません。
いつもは逃げていた鍼も今日は打ってもらいました。
松葉杖を借りて会議の場所へGO!
しかし100mほどの道なのに30分もかかってしまいます。
あのスタンガンの衝撃が歩く度にドカーンとくるのだから、たまったもんじゃありません。
座ることもできず立っていても苦しい。
会議が終わると全く動けなくなり病院へ直行。
moblog_beed4541.jpg

翌日のEOS学園、次の日に予定されていたトークショーも参加することができず
皆様と関係者に大変ご迷惑をおかけしました。
本当に申し訳ございませんでした。
そしてメールで応援のメッセージをくださった皆様、本当にありがとう。

その後、大きな病院でレントゲンやMRIで検査してもらいました。
現在は右脚に痺れさえあるものの立つこともできたし杖がなくても歩けるようになりました。
ずっと座ったり立ったりしていると例の衝撃波がやってきますが初日に較べたらもう天国のよう。
おかげで3kg痩せました。
この何日間かで本当に多くの方々に迷惑をかけてしまいました。
反省しています。
早く完全に健康を取り戻すよう努めます。

今後とも宜しくお願いいたします。

緊急のお知らせ

久しぶりに救急車に乗りまして先ほど病院から戻ってまいりました。
数日間、安静にしなければならないとのことです。
そこで明日のEOS学園に参加される方は明朝、教室には向かわず受付からの連絡をお待ち下さい。

また日曜日11日のトークショーも参加することができません。

ご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ありません。
早く治します。

緊急のお知らせ

久しぶりに救急車に乗りまして先ほど病院から戻ってまいりました。
数日間、安静にしなければならないとのことです。
そこで明日のEOS学園に参加される方は明朝、教室には向かわず受付からの連絡をお待ち下さい。

また日曜日11日のトークショーも参加することができません。

ご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ありません。
早く治します。

帰りました。

あれこれと溜まりに溜まってしまった雑務をこなしながら時差ボケもお約束で。

しかし暑い…
なんとか正常のペースに戻さなきゃね。

おみやげシーニゲお天気よさげ

シーニゲ・プラッテ鉄道は始発駅、中間駅、終点駅と3つの駅を結ぶ登山鉄道です。

山頂方向に向いて座ると背中に、かなりの体重がかかりダイエットを考えてしまいます。
また麓方向に座っていると、ずり落ちてしまいそうになるのだからどれだけの勾配っていうのも体で感じることができるってもんです。
そんなシーニゲ・プラッテ鉄道に今日は珍しくSLが走るということで走行前の準備から撮影させていただくことになりました。
あのボイラーがクラウチングといって前傾しているSLです。
テレビなどで見たという方も多いのではないでしょうか。

実はワタクシこちらにお土産を持ってきていたので手があいた隙をみて機関士さんに手渡しました。
中身は鉄道博物館のキャンディ。
色々な車両の姿が包み紙に入っている物なのですが頂き物のおすそわけです。
これに凄く喜んでいただけたのか信じられない出来事が。
「中間駅から頂上までコックピットに入れてやろっか」ですって。
実は中間駅で降りて走行写真を撮ろうと思っていました。
でも、こうなったら作戦変更するでしょう。またとないチャンスですから。
撮影旅を締めくくるサプライズにテンションも最高潮の気分上々!
スーパーワイドレンズが大活躍しました。
写真はもちろん、せっかくの機会だから動画も回しましたよ。
EOSでよかったな。
ただ動画を回していても機関士さんと機関助手さんはジョークが止まりません。
もう、そのまま回し続けました。
やがて頂上に着くと、お土産キャンディの袋が開きました。
機関士さんが説明しながらスタッフに配っています。
やはり蒸気機関車が人気でした。
ちなみに女性車掌さんは紅いELをチョイス。
「だってウチのラブリーなELに似てるでしょ」
そっか、たしかに。

さてさて。
SLが山を降りる前に以前から決めていた地点までトレイルラン。
ここ本当に気持ちいいトレイルです。
高速コーナーありスイッチバックありドロップオフあり。
そういえば最初ここを訪れた時は急ぎ足で歩いても心臓バクバクだったけど今は普通の心拍数がキープできるようになっています。

そんなわけで返しのSLに余裕で間に合い撮影も最高の仕上がりになりました。

SLは1日2往復。
午後の走行までは時間があるのでレギュラーの可愛いらしい普通列車も撮影しています。
こうやって同じ場所に居続けて撮影する人が珍しいのかキャンディが行き渡って「日本人が撮影に来てるぞ」っていうのが知れ渡ったのか運転士さんも車掌さんも何かしらのアクションをしていきます。

だから高原の中ひとりぼっちで居ても寂しい気持ちにはなりません。
バックトゥザフューチャーのドクに似た駅員さんも優しいしツーリストも分かりやすい英語でガンガン話しかけてくれるしハッピーな気分で撮影を続けています。
もっと英語を勉強しなきゃ。
フランス語とドイツ語も覚えたらもっともっと楽しくなりそうだ。スペイン語の延長で何とかなりそうだということも分かったし、いっちょ頑張ってみよっかな。

しかし今回は初日から毎日最高の天気でした。
今は少し曇ってきたけれどカメラを構えれば雲も割れて青空が姿を現すでしょう。

昨日も快晴、今日も快晴。
明日も空の上だから間違いなく快晴。

いつも快晴ときどき日記。

うん、我ながらいいタイトルだ!

少し重たい

午前中はクライネシャイデック駅周辺で撮影していました。
3つの線が交わる標高2061mの駅です。
朝は観光客を乗せた一番電車がラッシュ状態。
しかも続行運転ですから、新旧車両ちゃんぽんで、まさにゴールドラッシュ。
かなり撮りました。
でも自分の集中力が持続するのは18分。
高地ということもありどうなるのか興味津々だったのですが「切れた」と思って時計を見たら累積ぴったり18分。
平地と変わらないコンディションを保てたのは高地に身体が慣れてきたのかもしれません。
せっかく慣れてきたけれど今日は下山です。「もう少し時間があったら凄いの撮れそう」と感じたポイントを重点的に攻めました。
トータルで考えて今のベストを尽くせる限界ギリギリの線まで追い込み撮影することができたのは、いい経験だと思います。
少しずつ高度を下げ
今夜は麓まで降りてきました。

ちょっと身体が重たく感じます。
息を吸えば吸うだけ普通に呼吸ができていいんですが。

明日はSPBで再び2000m級に登ります。
SLに乗れることもありワクワク。
撮影最終日ということで最高の仕上げができるんじゃないかと思います。
どんな作品が生まれるのかちょっと楽しみかも。

とろける~

雄大な光景ばかりを目にしていたせいなのか。
暑さにより溶けた雪が起こす雪崩をたくさん目にしたせいなのか。
はたまたチーズをたくさん食べているせいなのか。

とけてます。

原因は分からないけど自分の中にあるレギュレーションが少しずつとけていくのを感じます。
ピント、露出、構図。
そこに行き着くまでのものも一度ぜーんぶ捨ててしまい本能おもむくままに撮りまくっています。
最終的に、いい写真になれば関係ないだろうって。
撮りたい絵が、最終的な姿が次々とフラッシュバックのように脳天を直撃するからカメラを使って再現するだけ。
知らない間に集中しすぎて、どっと疲れちゃうけど絶景のトレイルを歩いたり走ったりしてると不思議なものでまた集中力が湧いてくるんです。

写真を撮るってことがまた楽しくなってきました。

撮影上々

本日も朝からガッツリ食べました。
パンもチーズもハムもフルーツも本当においしくてつい。

で、しっかり満たされたお腹と気分でBLMに向かいました。
電車と貨車っていう不思議な編成がやたらかわいいしハイキングコースも気持ちいいし。
いいのが撮れましたよ~
そしてクライネシャイデック。
2061mという高所駅ホームにあるホテルに2泊します。
明日はいよいよ3454mのユングフラウヨッホまで行くのですが先ほど身体を慣らしてからトレランしたところ身体の調子は上々。
心配だった高山病も大丈夫かな。
こっちは23時頃まで明るいのですが終電は18時ぐらいまで。
あまりにも暇なので2時間ほど時間をかけながらガッツリ夕食を頂いてます。
なんでも美味しいんですよ。
フランスとドイツの、いいとこ取りって感じで。
夕食後は真っ赤に染まった山々を眺めているのがたまりません。
面白いもので空や山を眺めていると必ず晴れてくるものです。
だから、いつも快晴どきどき日記っていうのは我ながらいいタイトルだなぁなんて感じました。

それから今日撮影中に電車の中から「いずみさ~ん頑張って」という声が聴こえました。
撮ってる最中で反応できなくてごめんなさい。
ありがとう。嬉しかったです。
楽しみながら頑張りますので、また見かけたら声かけてくださいね。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード