ハートでシークレット

明日よりRINGCUBEでSecret展が開催されます。
今年もお声をかけていただけるかヒヤヒヤしていたのですが
昨年に引き続き私も参加することとなりました。

写真を文字じゃなくハートで感じていただいたいと思います。
Secret展のご案内はこちら。

ありがとうございました。やります。

BS12の鉄道写真物語。
「見たよ」とメールがたくさん。
いつもの撮影旅を、そのまんま撮ってもらい
特別なことは何もないと自分では思っていたのですが
色々な感想をいただきました。

PB116556S.jpg

PB116560.jpg

1+1=2
鉄道写真に当てはめて言うならば
「何かと鉄道を絡めただけ」じゃない。
桜があったから撮れる写真。
紅葉の中でだからこそ撮れる写真。
そんなものに今ある光を添えて。
だから1+1が3にもなるし100にもなる。

番組の中でも言ったように
自分が目指すコンディションは整いました。
長かったし苦しいこともたくさんあったけど
これから多くのものを創りあげます。
見守っていてください。

いつも、ありがとうございます。

  広田泉

TVのお知らせ

_B260769.jpg

レールに撒く砂が入ってるお守りです。
「人生のすべり止めに」
と書いてあったから思わず買ってしまいました。
鉄道写真物語という番組でロケに行ったときのことです。

この日のカメラはオリンパス。
久しぶりに使ったセットということもあり
探りながらの撮影となりましたが楽しい旅になりました。

_B110693.jpg

明日11月27日の21時から放送なので
BS12が見られる方はぜひ!

鉄道写真物語 一枚にかける旅HP

プチ旅 with E-P2

プチ旅に出ました。
ポケットにはE-P2。
広角ズームだけ着けて自転車に乗って。
さぁスタートだ。

p001_20101126165448.jpg

p002_20101126165448.jpg

森を抜けて海まで。

p007.jpg

里山、田園ときどきあぜ道。

p008.jpg

踏切を越えようとして、ひと休み。

p009.jpg

p010.jpg

そんなに遠くまで行かなくても旅は楽しい。

つまんないもん捨てたら見えてきた。

_MG_2805S.jpg

小湊鉄道の、いつもの駅へ。
ここ何年か撮り続けているうちに定番ポイントとなってしまったようで。
自分でも飽きてしまいそうなので今回は発想の転換をしてみようと考えました。

_MG_2851S.jpg

今を撮って、その瞬間に過去へ。
それが写真。
それでも過去、現在と来れば「未来」も撮ってみたくなるじゃぁありませんか。

ずっとチャレンジしては向かい合い
また挑戦を続けてきたけれど
駅の反対側に、その未来への入口はあった。

この先の、もうちょっと先に見えた。

写真家たちの日本紀行、リクエストスペシャル!

BSジャパンで放映中の「写真家たちの日本紀行」では、大晦日に6時間リクエストスペシャルを放映します。
現在そのリクエストを募集しています。

20101112.jpg

リクエストをすると抽選でカメラなどがもらえるそうです。皆さんどんどんリクエストしましょう!
ワタシの回を見てない方、リクエストしてください! (^^;
ほかにも見逃した写真家の回があったり、もう一度みたい回があったらそれをリクエストしちゃいましょう!
リクエストは以下のWebサイトから ↓
http://www.bs-j.co.jp/shashinka_sp7/



ちなみに本日の日記は
諏訪光二さんのブログ
そのまんまパクらせていただきました。

情熱

_MG_1840.jpg

先日、足を運んだ丸瀬布。
ちょうど紅葉も素敵になりはじめてきた頃だったから
随分経ってしまったけれど。

_MG_1715.jpg

「ここで撮影ツアーをやったら凄くいい練習になるだろうなぁ」
なんて考えてしまいました。
幾つかのテーマごとに反復練習ができるんですよ。

_MG_1607.jpg

_MG_1831.jpg


それと普段はSLの影に隠れているディーゼルですが
普段使いのクルマみたいにエンジンは一発でかかっちゃいました。
各部の動きもガチャガチャせずスコンと心地よく動いているのが分かります。
実にしっかりと手が入れられているんですね。

_MG_1501.jpg

表面だって、この通り。
ピッカピカじゃぁありませんか。

_MG_1537.jpg

ここまでレストアされた機関車は一見の価値ありあり。
こんな凄いの見ちゃうと撮るほうだって中途半端な撮り方しちゃいけないな。
なんて気合が入るってもんです。

禁断のラックレール

細々した仕事が続いています。
短いスパンで気分の入れ替えができていいのですが
いつになったら終わってすっきりできるんだろ。

そんな中ですが
机の上には、こんなものが。

R9331177.jpg

禁断のラックレールです。
ちゃんと噛み合わせながら登っていくんですよ。

R9331185.jpg

HOスケールながらレールの巾は10.5mm。
流用できるものも少ないから、ちょっと厄介ですが
普通の模型とは少し違った楽しさもあります。
これで思いっきり遊べるのはいつになるんだろ。
頑張らなきゃね。

新しいA12 

PB126605.jpg

GXR用の新しいユニットがやってきました。

PB126599.jpg

やはり広角は専用機にアドバンテージあり。
そんな印象を受けます。

わ鉄です。


今日はTVロケで、わたらせ渓谷まで来ています。
大間々から撮影開始!

江no・fes

江no・fesワークショップ
行ってきました。

IMG_0102.jpg

準備中。

IMG_0100.jpg

今回は熱心な方が多かったのが特徴でした。
女性の参加も目立ったのですが皆さん上手。
しっかり表現する写真づくりをしています。

IMG_0105.jpg

日も暮れてきました。

IMG_0186.jpg

この日は鎌倉高校前でダイヤモンド富士ならぬ
ダイヤモンド江ノ島が見られました。

IMG_0203.jpg

日没後10分間って空の色や空気が、どんどん変わるから楽しいですね。

IMG_0228.jpg
IMG_0214.jpg

素敵な写真にも出会えて、いい一日でした。
でも出会ったのは写真だけではありません。
いいモノ見つけてしまいました。
それは






カッパ。



河童じゃなくて合羽です。
カメラのレインカバーです。

今まで色々と試してきたけれど
「これだ!」っていうものはありませんでした。
帯に短し襷に長しってやつで。

でも、こりゃ最高でしょ。
ただしEOS限定だけど。

IMG_0229.jpg

ファインダーにガチャンと嵌められるんです。
これ考えた人はとても偉い!

IMG_0230.jpg

ここから覗けるってわけです。
サイズはS M Lとあるけれど
超望遠ユーザーじゃなければSが1つあればOKでしょう。
コンパクトになるから邪魔にならないし。
でもお値段もコンパクトなら尚OKかな。
Canon-ERC-E4S
品薄らしいので見つけたらゲットです。

渋谷から江ノ電


朝のわかしおで都内まで。
テレビのスタジオで父と対談です。
その後は江ノ電に向かいました。
明日のイベントのため前乗りしつつ撮影しています。
今回も、たくさんのご応募いただいたようで
当選された方、セミナー会場でお待ちしております。
思いっきり楽しんで下さいね。

60Dは鉄道写真に使えるのか。

発売以来、人気の60Dですが
「鉄道撮影に使えるのか」
なんて質問を受けます。

top_vol2.jpg

広角で後追いした写真を見てもらえれば
撮る人ならばシャッターのレスポンスがどれほどなのか分かってもらえると思います。

ちょっと覗いてみてください。
https://www.tetsudo.com/

例のロケ

_B010594.jpg

この2人がやってきました。
ラクショーのロケです。
諏訪君は火の扱いがうまいので火の番人。
サンマを焼きました。

_B010597.jpg

並木君は家の前に生えていたセイタカアワダチソウを激写中。
憎たらしい草も
並木君の手にかかれば優しい表情になってしまうのだろうか。

_B010604.jpg

最後のシメは北海道ロケのおみやげカチョカヴァロ。
これ本当においしいね。

というわけで楽しんだモン勝ちVol002
諏訪君が頑張って編集中です。
乞うご期待!

極上ツアー第3回も最高

台風の接近に伴い降水確率はウナギのぼりに上昇となった長野ツアー。
それでも前日入りすると、この通り。

_A290270.jpg

ファインです。
ここ長野駅で集合場所などを吟味しつつ
駅の近くにあるお店に行ってきました。
以前、銘酒廣田泉を買ったお店です。
ところが「最近つくってないのかな。入ってこないんだよね」
という店主の返事。
こりゃショックです。

気を取り直してコシナさんへ向かいました。

_A310591.jpg

「パン屋さんみたい」
と言われた通い箱。
この中にはツァイスやフォクトレンダーの銘レンズたちが。
軽~く200万円オーバーでございます。

_A310587.jpg

ほらね。
扱いにはちょっと緊張しました。

さすがに土日は台風の影響は避けられないだろうと
様々なことを想定して撮影地をセレクトしたのですが
結局、雨に降られることはありませんでした。
なんてラッキーなんだろう。
皆さん色々なレンズを装着して撮影に励んでします。
最初は固まって撮影していたけれど
焦点距離が違えば撮る場所も違って
レンズの特性を生かすべく前後左右に動きはじめました。
生き生きしています。
「すげー立体感」
「生々しい」
「マニュアルフォーカスおもろい」
「でも難しい」
色々な声が聴こえてきました。

中でもプラナー50mmF1.4は大人気。
モヤモヤした開放の描写が印象的ではあるけれど
絞ればキャラクターが豹変するところなんかが受けていたみたいです。
そう、金属のタッチも得意なんですよプラナーって。

_MG_2393.jpg
tr_MG_2393.jpg
ステンレスの表現が、ここまで再現できるってすごいでしょ。


今回も東京近郊の方はもちろん兵庫から。
地元長野の方や奄美から何とか苦労して来た方もいらっしゃいました。
長野の方からは、こんな嬉しいものも戴きました。

_A300424.jpg

う~嬉しい・・・
セミナーの時に皆さんでグイッといきました。
今まで飲んだ廣田泉の中で一番おいしかったな。

「早く次のツアーを」
と言われていますが、また来年もやりますよ。
第4回目はピントを極める(仮題)でいきましょう。
詳しいことが決定したら、また告知させていただきます。

今回、全面的にお世話になったコシナさん。
繁忙期にワガママを聞いてくださった水明館さん。
それから長野電鉄さんと優しい地元の方々。

ロックのこころモジャモジャ君と開放さん。
そして参加者の皆さん、最高です。
本当にありがとうございました。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード