前に進むということ。


南三陸のSL。
ずっと見守ってきたのですが
今、目の前にあるのは瓦礫の山。
そこには何もありません。

こうして復興に一歩一歩近づいているのだと思えば間違いなくそうなのだと思うけれど。
それまで街だった場所には何もなく
人もいなくて、ただただ風が吹いている。









広田泉



夏休みは、ずっと続くのだ。


市川ソフトラボラトリー横山氏が遊びに来ました。
仕事上の遊びといったらゴルフ。
じゃやくて自転車です(笑)
夏草生い茂る山の中を、えっちらほっちら漕ぎまくり。
頂上に何があるわけでもないのに登って降りて。
そんなことが楽しくて仕方ないのだからしょうがない。
仕事のことやライフスタイルのことなんか話しながら登って降りて。
お昼になって何か食べようということになり
家でバーベキューをすることに。男2人焼き焼き食べ食べ飲み飲みです。
サンマ4本とラム、牛、豚、鶏などなど。
バーベキューダイエットでございます。
これでも日に日に減ってるのだから今やってる方法は理にかなっているんだと思いました。
すっかり満腹になったところで
諏訪君も呼ぶことに。
実は諏訪コージ君は引っ越しも住んで、ご近所さんになったのにすっかり忘れてました。
焼いてる時に呼べよー
なんて悪態ついても時既に遅し。
真っ赤な炭を見ながらオヤジたちはダベるのでありました。
それが昨日のこと。
今日は鮎を焼き焼き食べ食べ飲み飲みです。







広田泉



暑っ


いやー暑い。
本当に暑い。
日陰にあった温度計は40度を差しており、ヤバいでしょうというなか撮影しております。
気温も暑ければ身体も熱い、カメラも熱い。
そこから生まれてくる写真も、きっと熱いものに違いない。
そう信じて、いつも以上に集中しながら熱く撮っています。
手応え充分、撮影快調っ!







夏休みは続く


ノビー上田さんは、みんなが帰った後も滞在しています。
普段は猛烈に忙しくて日本中、世界中を飛び回っていますが
お盆ということで久しぶりにのんびりできるみたい。
お墓参りに行ったりウッドデッキで朝ご飯を食べながら話したり、お風呂に入ったり。
夜には表の庭に椅子を出して流れ星を見たり。
そんな中でメンタルな話し、身体づくりの話しやチームの話しなど凄く勉強になることを教わりました。
ノビーさんは、これから外房線、内房線に乗って房総半島を一周。
フェリーで神奈川上陸して江ノ電とか
スーパー乗り鉄ツアーをしながら愛知に帰るそうです。
そんな趣味があるなんて知らなかった…
とりあえず自分はこれからダイエットです。
ボランティア作業って体重増えるんですよ。どういうわけか。
これ以上肥ると
思った写真も撮れなくなってしまうってこともトータルで考えるとあるし。
ダイエットしたからいい写真が撮れるってこともないんですけどね。
人として、かなりヤバい数字になってきてるので自分をコントロールするためにもチャレンジしてみます。
ノビーさん、ありがとう。
また、いつでもどうぞ。
それから、素敵な乗り鉄旅を。
チャオ!







夏休みの工作


阿蘇から帰ってきました。

本当は昨年つくる予定だった露天風呂兼プチプール。
震災や会津、和歌山と続いた豪雨災害ボランティアとかで延び延びになっていました。
考えていたより規模は小さくなったけど、これはこれで楽しいもんです。
夏休みということでモータースポーツ系カメラマンの赤松さん、レーシングライター遠藤さん、横浜の肉屋さん尾島君、世界チャンピオン原田君一家とノビー上田さんが遊びに来てくれました。
被災地から帰ってくると気分の切り替えって難しいこともあるけれど
楽しい人たちに囲まれて普段の自分に軽々とスイッチすることができました。







心強い味方


昨日と今日、JR九州の社員さん達が応援に来てくれました。
やたらスコップの使い方が上手い人がいると思ったら
普段はSLを動かしているのだとか。
どうりで。

皆さん本当に働き者で心強かったです。
自分もブルートレイン(だったっけな)で貰った赤文字JRロゴのタオル巻いて活動しいます。
持ってきてよかったぁ!







快適すぎる阿蘇


地元のご好意でキャンプ場を使わせていただいてます。
自然に囲まれ気持ちよすぎ。
八月とは思えないほど涼しいし。
現在入っている案件は超ハードだけど
鉄道写真愛好家が応援に来てくれたり、お水を大量に送ってくれたり。
そんなわけで全力で活動できています。
少しずつだけど確実に蘇ってゆく古城一区。
今日も闘うハイエースたちが大活躍。
それから被災地では、いつもマウンテンバイクが行動力を広げてくれます。
OPUSBIKEさんの熱いサポートに感謝です。









蘇る阿蘇


思っていた以上に大きな被害です。
それでも地元の方々や各地の方々の手により少しずつ蘇ってきました。
昨年の3月から少しずつ日本は変わってきている。
それを実感できるってことは、ある意味幸せなことなんだとも思います。







広田泉



ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード