スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツインテール

↓のE6スーパーこまち君。
「ウルトラ怪獣で、こんなのいたよね」っていう会話になったけど
名前が思い出せない・・・
ディテールとか独特の顔や表情は気持ち悪いほどに思い出せるのにね。

正解はツインテールでした。
時代の先取りだったのかもしれません。

ツインテール
※虫や両生類が嫌いな方はクリックしないように!
スポンサーサイト

フルカウル


ベルボンさんの試作品を持って旅に出ています。
これ、すごーく優れもの。
早く市販されたらいいのにな。

発売前ということと傷防止の理由でソックスを被せてみたのですが
これが可愛くてお気に入り。
子ども用ソックス使えるね。
履けないけど。







南三陸の今 16分の1

IMG_8079.jpg


被災地を訪れる企画が昨年あたりから増えています。
お声をかけていただくことも多くなりました。
でも、こういう時だからこそ慎重にならなければという考えに変わりはありません。
ただ行けばいいというもんじゃないですから。
地元の方と繋がりができればできるほど色々な声が聞こえてきます。
やはり鉄道関係のツアーだとデリカシーを欠くものがあるのでしょうか。
或る意味、目立つからなのかな。

何が正しいのか分からない。
でも自分がやりたいと思ったことは必ずやる。
やりたくないことは意地でもやらない。
それを貫いていけばいいのかなって考えるようになりました。
だから何度もツアーを開催させていただいている日本旅行さんとの企画だとしても慎重でいざるをえなかったわけです。

でも担当の瀬端さんは何度も打ち合わせをしてくれたし
ズレがあれば何度も現地に足を運んで見て感じて、その差を埋めようとしてくれました。
すごく時間とエネルギーをかけています。
このご時世ですから、出勤扱いになるわけもなく会社からお金が出るわけでもありません。
まだ寒い時期から温めてきた企画がGOになったのは、つい最近のこと。
すごい情熱です。

IMG_8050.jpg

現地でも急ぐことなく、しっかり見て感じていただけたんじゃないかと思います。
列車にも乗りました。
このあたりは瀬端さんのセレクト。
架線のある電化区間で乗るディーゼル。

IMG_8034.jpg

スコップを手に泥出ししていたエリアです。
地盤沈下により水面下に沈んだレールを見ていた自分にとって
その場所を乗車することができたのは特別な思いがありました。

BRTのシステムもご紹介することができました。
色々な考え方がありますが、これを見て何か感じるものがあったようです。
これは見てみなきゃ絶対に本当の意味での理解は不可能だと思うんですね。
皆さん熱心に観察していたし駅に貼ってあるポスターやチラシなどからも情報を得ようとしている姿を見て
こちらが感激してしまったほど。

盛にも足を運びました。
ここから先は鉄道イベントっぽくなりました。
岩手開発鉄道です。
こちらの倉を見学させていただいたのは初めてだったのですが実に素晴らしいんですよ。

IMG_8075.jpg

木造の柱の中は物が多いにも関わらず整理整頓されており見たことのない巨大な旋盤もありました。
「いい仕事ができる環境」っていうことは見てすぐ分かります。
本社も床がピッカピカ。
さらに社員の皆さんは笑顔に溢れていて「いい職場だなぁ」って感じました。サービス精神も旺盛。
驚きだったのは、これほど男らしい鉄道ながらグッズがあったこと。
すごく失礼なことですが(笑)

IMG_8069.jpg

一番素晴らしかったのは社員さんお手製の商品。
めちゃくちゃ、いいセンス。欲しかったなぁ。

今回、自分が2日間で撮った写真は16枚。
そんなもんです。
でも、とびっきりいいのが撮れましたよ。

IMG_8072.jpg


震災から本当に大変だったと思いますが頑張った人たちの姿を撮ることができて本当によかった。
皆さん本当にありがとうございました。

色々な意味でのギャップが大きいためか
いつも被災地に入る時より出るときのほうが苦しくなってしまうことが多かったけれど
今回のセレクトのおかげでしょうか。
すっと自然に戻ることができました。
次にやるべきことも見えてきているし
今後も様々なことで東北に関わっていこうと考えておりますので、よろしくお願いいたします。





X3


本日は気仙沼から陸前高田、大船渡を経由して盛へ。
盛では岩手開発鉄道にお邪魔しています。
お休みだというのに機関車を3台出して並べていただき参加者一同感激しています。









なぜか


仙台から松島に向かう途中なぜか75。
しかも何か引っ張ってる?










やまびこ#123

南三陸の今を見て感じる企画ですが、いよいよ今週末になりました。
しっかり説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。
さて、今日と明日で準備する方が多いと思うのですが
カメラを持って行かれる方にひとつだけご提案を。
今回も、できるだけ一眼レフじゃなくコンパクトやミラーレスを使いましょう。
必要のない時はバッグやポケットにしまえるようにっていうこともあるし。

なんて言いながら前回も集まってみれば「最初から、そのつもりでしたよ」っていう方が多く
あらためて「このツアーの参加者さんって優しい人ばかりだな」なんて思いました。
土曜日の朝は早いので集合に遅れないように。
東京でお待ちしてます。

プリントのためにすべきこと。

今回の写真展ではプリントのことを訊かれることが多いのが特徴でした。
これは嬉しいことです。
データを仕上げて業者に仕上げていただくことも大切だし、それが求められることも数多くあるけれど今回のようなオリジナルプリントは言い訳できないですからね。
しっかり仕上げました。
「もう今の自分には、これ以上無理」っていうところまで追い込んでいけたかな。
一部「どうして、こうなっちゃうわけ?」っていう個所もありました。
細部を適正値にすることによって「お上手な写真」にすることはできます。
でも、それをすることによって失う部分の方が実は問題。
そっちのほうが大切だと判断すれば施さずにプリントした方を択びました。

本当は染料プリントすれば見た目もいいし鉄道とのマッチングは良好と言えるでしょう。
分かってます。何度となく、そっちに逃げようかなって思いましたし(笑)

でも顔料を使い続けるのには理由があります。
大きな目的は耐久性ですね。
写真展レベルでいえば1週間ぐらいならば問題なく色を保つことはできます。
照明にもよるけど2週間だと問題あり。
最初と最後で色が違う写真展なんて嫌でしょ。
少なくとも自分は絶対に嫌。
また「この写真が欲しい」と言っていただけた時に同じ写真をプリントするのが基本だと思うんです。
「今ここに飾ってあるのは染料プリントだけどお手元に届くのは顔料です」なんていうのは、ありえないことだって信じていたいですから。

とは言うものの染料プリントで販売したものを買って、すぐ色が変わってしまったって話しも聞いたことがあるし、そのあたりは作家の意識の違いなのかなって思います。



EOS学園をはじめとするセミナーなどでは参加していただく際にプリントを持参してもらっています。
画像から写真へ。
これが一番の上達だと考えるからです。
プリントを意識している人のステップアップぶりっていうのは本当に目を見張るものがありますからね。
目的意識が強い。その理想は自分が飾りたくなる写真。
だから力が強いのは当たり前ですよね。
どんなに毎週のように撮っていてもプリントしていない人は写真の力も弱いものです。

このたび、ずっとやりたかった講座ができる運びとなりました。
https://forum2.canon.jp/public/seminar/view/2516
会社帰りにでも時間をつくっていただければ参加できるように18:30からの授業として設定しました。
敷居は決して高くありません。
写真の力を高めたい方。
少し無理しての参加でも、その効果はこれからの写真にしっかり現れてくるはずです。
eosg.jpg

プリントを最終的な写真の姿として持っていくためには撮影時が最も大切であることには変わりありません。
そんなスタイルを大切にしたい方はぜひ。
締切間近です。
お申込み、案内はこちら。

貫けて次。

ima2_20130617104439.jpg


写真展 いまの写真 が無事千秋楽を迎えお開きとなりました。

今回は父との二人展です。
よくグループ展とかで、写真の下に作者名とかってあるでしょ。
必要な場合もあるけれど、それをやっちゃうと一緒にやっている意味なんてなくなっちゃうじゃないですか。
だから「特に誰がどれを撮った」というのは必要ないと考えています。
だから記すこともしませんでした。

写真展って色々と考えて決めていかなきゃならないことがありますが
そのひとつに総合的な企画力というものがあります。
どう見ていただくか。一枚の写真もそうだし見ている途中もそう。
また見終わった時に感じていただくことも重要。
だから並べる順番も本当に大切だと、いつも感じます。
今回、軸となったのは この3枚。

ima3.jpg

どこに配置するかはギャラリーを初めて見た時から決めていました。
正確に言うと右2枚。当初は右の2枚の順番も逆だったわけですが
一番左側にどんな写真を持ってくることによって成立するかを考えて
それを撮りに出かける。ということで完成しました。
それ以上でも、それ以下でもなく軸。
在廊時は、この3枚を見ている人を観察させていただける位置に立つことが多かったのですが
3枚を合わせた構図デザイン(視覚的なトリックを含め)としては思惑通りの結果を出せたと感じました。
これは、めっちゃくちゃ嬉しいことです。

あとは、この写真。

zz6582.jpg

点で見せる写真と線で見せる写真。面で見せる写真、幾何学的に見せる写真、ベクトルで見せる写真などなど。
そこに色彩や空気、光といったもので並べてゆくのですが、そう見ていただけるように
この写真の位置はとても重要でした。

写真展に出展する写真は18枚。
だけどセレクトした写真は20枚ありました。
やっぱりね。正直言うと少し不安だったんですよ。
花とか人とか入れないと味気ないって言われちゃうんじゃないかって。

でも、そういうのから卒業して、このところずっと撮ってきたわけだし
花と人を出さない写真展をやることで得られたものは想像以上に大きいものでした。
ようやく言うことができます。「いち抜けた」って。
簡単じゃないっていうのは分かっていたけど思っていた以上に大変なことでした。
失うものだってあったけど必要なのは勇気と情熱。
これは応援してくれる企業や見ていただける人たちからいっぱい貰っていたから貫くことができました。
また、これも父との二人展だからできたことです。
そして、もう既に意識は次に向かっています。
撮り始めています。
やりたいこと、撮って表現したい世界が多すぎてバーンナウトなんかしている時間はありません。いまの写真に依存することなく次に行きますので、これからも見ていてください。
 
     #123 広田泉

帰ってきました。

今日はEOS学園の実習から、そのままギャラリーに。
本当に多くの方たちにご来場いただきまして本当にありがとうございました。
明日、6/16日曜日も時間は未定ですが在廊予定です。
蒸し暑い日がまだ続きそうですが
ギャラリーはキンキンに冷えていますので涼みに来てくださいね。

灼熱の新緑


無事にムカデを退治できたこともあり
快調に撮影旅を続けています。
写真展会期中ということもあり、すぐに帰るつもりでいたのですが
もう止められません。

そんなわけで昨日から秋田です。

緑の色がすごーく美しくてたまりません。
空の色も日本じゃないみたい。
雲の形も最高っ!

ところが今日はハンパじゃない暑さ。
30度を余裕で超えているんじゃないかな。
真夏仕様の体制で来ていないので暑さにやられていますが先日見つけたサンダルが大活躍。
かわいいでしょ(笑)超お気に入り。
また見つけたら、もう一足ゲットしておきたいな。
側溝に流れる水で足をぴちゃぴちゃつけて涼んで撮影待ちしています。







まさかの百足


写真展用の写真をまとめていたら新たなる世界を発見してしまったので撮影に出ています。
機材とか着替え。それから普段は使わないようなアイテムなんかをクルマに詰め込んで出発!

ところがですね。
やーな奴を同行させてしまったみたい。
その正体はムカデむかで百足。
こんなの見つけちゃったら退治するまでは落ち着きません。
刺されたらヒドいことになりますから。
そんなわけでクルマの荷物を降ろしてハサミ片手に格闘中なり。
無駄な抵抗はよせ。包囲されてるのでおとなしく出てこい。







在廊の予定

明日6月8日は午後2時ぐらいより在廊を予定しています。
また6月9日は15時よりトークのため
お昼すぎには会場入りしようと考えておりますので
お気軽にどうぞ。

いよいよオープン


父との二人展
いまの写真。いよいよオープンとなりました。

昨日ミリ単位で展示した写真を今朝になって並び替えるという驚きの展開。
結局一時間遅延となりましたが何とかオープンです。
早くから来ていただいた皆さま本当に申し訳ありませんでした。

土日を中心に、できるだけ在廊しようと思っています。
16日まで開催しておりますので、ぜひ。









準備中


いよいよ明日から始まる写真展
いまの写真。

ただいま準備中。










いいもんみっけ

待つことが多い。
それが鉄道撮影のひとつの特徴ですね。
もう一日の殆どを待つことに費やしているんじゃないでしょうか。
この時間に絵づくりを考えに考えぬいたり
撮影のために、しっかり集中したり。
でもね、後半までいい撮影ができるよう
身体だけは休めておくっていうのも悪くありません。
できれば座っていたい。でも椅子のある撮影地なんて、そうそうあるもんじゃありません。
じゃマイ椅子を持ち歩く?
これが結構かさばるんですよね。
海外のアウトドアショップで超軽量コンパクトな折り畳み椅子を見かけたことがあって
よっぽど買おうと思ったんですが高価すぎて手が出ませんでした。
今でも「買っておけばよかったリスト」のトップにいます。

実はワタクシほぼ毎日のようにホームセンターに行っておりまして。
好きなんですよ。
地方を旅してても見かけると入っちゃうほど。
何か作りたくなっちゃうじゃないですか。
完成品にあまり興味がないというか木とか金属が
作っていると、ある瞬間になにか意味のあるものになっちゃうっていう
あの興奮が好きで。

なんて言っておきながら何なんですが
いいモノ発見しちゃいました。
興味がないなんて言っていた完成品です。

IMG_7990.jpg

軽量コンパクトな椅子です。
折りたためるアルミチェアっていう商品名。
海外のショップで見たチタン&カーボンに較べると、そりゃ重たいかもしれないけど
カメラバッグの中に入れても気にならない軽さでコンパクト。
IMG_7991.jpg
▲ジョイントを抜くと超コンパクトになっちゃうのが凄いっ。

はじめてでも収納・組み立てに30秒はかかりません。
大きさとしてはスリッパぐらいかな。
これなら常時持ち歩けます。
なんたって798円ですよ。
IMG_7994.jpg

カインズホームばんざーい!
いいものを作ってくれてありがとう!!!

IMG_7997.jpg

見かけたら即ゲットして損はありません。
使える撮影機材です。

原動力

昨日開催された「てっぱくセミナー」はお昼からだっていうのに
開館前から多くの方に並んでいただいたおかげで
すぐに定員いっぱいの満員御礼。
急遽、限界まで席を増やすことになりました。
こうなったら出し惜しみしてる場合じゃありません。
未発表ものを含め手持ちの写真を組みなおして構成しな直すことに。

速いペースでお喋りしても時間オーバーしてしまう内容になってしまいましたが、いかがだったでしょうか。
でも自分のセミナーに来て下さる方ってみんな優しいから喋ってて楽しいです。
真剣にメモをとったりニコニコ頷いて聞いてくれるのを見ると、もっともっと喋りたくなってしまうし
もっともっと、いい写真を撮って見ていただきたくなっちゃうってもんです。
これが原動力に繋がるんですよ。いつも感謝しています。
なのに、いつもおみやげまでいただいてしまって。
ありがとうございます。

さて、明日は写真展の準備日。
伝えたいテーマもはっきりしているし
頭の中に構想もしっかり形になっているから
すぐに仕上がるんじゃないかと思うんですが
なかなか、そうもいかないのが常なのです。
頑張ってきますね。

_E4C0310.jpg

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。