スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月の格言「設定は戻しておこう」

「普段と違う設定をしたら必ず撮り終わった後に戻しておくこと。」
な~んて学びにいらっしゃる方々には説明していたのに。。。。





先日

やっちまいました。

RAWで撮っていると思っていたのに。
JPEGでした。

しかもSの超圧縮(笑)

思い当たるフシは、もうそれこそ目の前にブランブラーンってわけでして。
嗚呼・・・・
ISO感度とかバルブとか。
夜の設定がそのままになっていても
最悪、次の時には一発で分かるじゃありませんか。
でも記録サイズなんて、まずいじることがないから気づきませんでした。
RAWとJPEGっていじれるかどうかって前に階調とフチの部分が全くの別物で。
プリントすると一発で違いが分かってしまうのです。


11012445_1421263451525990_6368278718578132089_o.jpg
TAMRON15-30mm
IMG_6947.jpg
TAMRON 150-600mm
11078124_1421263474859321_2710606547848028405_o.jpg
TAMRON150-600mm

そのまま捨ててしまおうと思ったけれど
何かの時に使えるかもしれないから取っておこう。

さーて
頭を切り替えて次いくぞ次。
スポンサーサイト

最近お気に入りのバッグやそれにまつわるシステム

昨夜バックパックにカメラを着けるシステムのことで多くの問い合わせがありました。
TVの力ってすごいと感じますが皆さんよく見てますね。

これはブラックファルコンさんで扱っているコットンキャリアというメーカーのストラップショットです。
それをOAKLEYのTOOLBOX(廃盤。メーカーに再販の予定を訊ねてみたものの返事なし)っていうリュックに装着したものでした。

ちなみに武田さんが持っていたバッグはFOXFIREのカーボン柄モデル。
既に廃盤となってしまっのですがアウトレットで置いてあるところもあるようです。
信じられないほど安い価格(2500円ぐらいだったけな)なので見つけたら迷わずゲットです。
FOXFIREさんの製品は最近お気に入り。
よく考えて丁寧に作ってあるしファッショナブルなものもかなりあるので要チェックです。

さて、ストラップショットでしたね。
こちらです。

bf.jpg


一度付けちゃうと、もう戻れません。
「今までストラップってどうして付けちゃってたんだ?」なんて自分だけじゃなくて皆さんが言うので、そういうことなんでしょう。
写真を撮っていると長距離を歩くことなんかがよくあります。
そんな時にすごーくラクだし
ひったくられる心配もストラップとは比べものになりません。
すごーく、おすすめです。
http://www.blackfalcon.jp/cotton/strap.html#7
Amazonでも取り扱ってるようです。


ちなみに・・・
裏ワザというわけではないのですが
THE NORTH FACE(ノースフェイス) テルスフォト40 っていうバックパックを利用している人はめちゃくちゃ多くて
本当によく見るのですが
そのバッグのベルトホールに、このストラップショットのズリ落ち防止ベルトがピッタリのジャストサイズなんですね。
すごくスマートに収まります。純正じゃないの?ってぐらい。
他にもジャストな組み合わせがあるかもしれません。
「この組み合わせはいいよ」
なんていうのがあれば、そっと教えてくださいね。

写真展のお知らせ

水道・国道・鉄道のない町。
北海道の東川町にて5月15日(金)~28日(木)
鉄道写真展が開催されることになりました。155.jpg

2013年に東京で公開したものでA3ノビサイズ23枚・A4サイズ28枚。
広田尚敬・広田泉が撮影してプリントしたものを展示します。

東川町文化ギャラリーって、すごく素敵な空間ですので、ぜひ。


久々の。

「当分TVには出ないよ~」なんて言っておりましたが
このたび解禁。
5月4日の夜18:55~3時間
絶景ローカル線カメラ旅という番組に出させていただくこととなりました。

http://www.bs-j.co.jp/official/cameratrip/

http://www.bs-j.co.jp/official/cameratrip/

サッカーの武田修宏さんと
あすみんこと中田あすみさんと一緒に2日間旅をしました。
考えてみれば、どなたかと共演って初めてのことです。
向かった先はJR飯田線と大井川鉄道。
武田さん、めちゃ優しくて
体育会系で育った私としては本当にいいセンパイといった感じ。
あすみんは、これまたさっぱりしていて甘えのない方。
写真の勝負が行われるので私はそのお手伝いです。
しかし、両者ともすごいんですよ。
こういうのって最初から筋書きができているのかと思いきや全てに渡ってガチでした。
「山道を歩くなんて言いつつロケバスが待ってるんじゃないのかな?」なんて甘かった^^
日の出前から早朝までガッツリと。

勝負の行方は番組を観ていただくとして両者のアプローチとか決める瞬間なんて
やはり常人ではないと感じました。
二人ともすごいものを持っているんですよ。
これを機会に写真にどっぷりハマっていただけたら幸いです。

写真と一緒で世の中は変わって把握から制御へ。

このところ、ずーっと突っ走ってきてしまったなぁ。
そんなことを感じたからっていうわけでもないんですが
最近は昔の友達と一緒にいることが多くなりました。
CP+の時なんかは地元ということもあり会いに来てくれたりすることもあるけれど
なかなか、ゆっくりとってわけにもいかないものです。

昔は皆レースをやっていたけれど少しずつ離れていったり遠いところへ行ってしまったり。
皆で顔を合わせる機会も減ってしまったというのは、よくある話しで。
IMG_3549.jpg
▲もう20ウン年以上も前か・・・ 左から3名までが今年のメインメンバー

そんな中、一人がまた走り始めるって聞いて
「じゃぁ時間をつくって行くよ」っていうことになりました。

10944885_806741996078578_368205085561172329_o.jpg
11155173_1408406702811665_2656645224417609707_o.jpg
906089_806741759411935_2951257835663007433_o.jpg
Photo by CLUB KENJIN

いやぁ、しかし世の中はカメラがデジタルになったように
すべてデジタル化が進んでいるんですね。
昔は吸気を変えるっていったらキャブの中身を変えたり本体そのものを変えたり。
すんごい乗りにくいったらありゃしない物でも他人と違うことで集団から抜け出そうと試行錯誤していたわけですが現在は工具よりもパソコンを使う時間が圧倒的に長いのです。

11079501_813152392104205_6342695299190323716_o.jpg
▲昔はこんな感じだったのに。

11127875_1408406676145001_127761850644283996_o.jpg

把握から制御。
世の中の流れはレースでも変わりません。
しかし。
以前とは違って細かいものが見えなくなっていたり・・・
仕方ないですね。
写真で比較しても体型や髪の毛なんか。オッサン化しているのは明らかなわけです。
そのくせ勝負する相手は14歳とかの軽量少年少女たち。

11090955_815037161915728_6587904936018894143_o.jpg
11156370_810552542357133_7938765790882282649_n.jpg


オッサンたちは今のところ厳しい状況が続いていますが
確実にトップ争いに近づいてきました。
今年は筑波と、もてぎの選手権にできるだけ足を運ぶつもりです。

もてぎRound1

筑波Rond1はなかったことに・・・
もてぎRound2練習で、まさかの突撃。

決勝レース


ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。