人の輪・和・話わワWA・・・

「〇△×に掲載されました」なんていうことは最近、積極的に告知しなくなりましたが今月は月刊カメラマンに掲載されました。
「メーカー乗り替え野郎の赤裸々激白!!」
のページではなく
「プロカメラマン丸裸!」っていうコーナーです。
と言っても私が脱ぐわけではないのでご安心を(笑)

いや、なんていうか。
このところ「メーカーを乗り替えたんですか?」とか「水面下で何をしてるんですか?」とか
さまざまなことを訊かれる機会が多くなってきて。
純粋な質問から「仕向けられたな」って質問まで。
のらりくらりと避けてきたわけですが、その数も次第に大きくなってきたので
いい機会だから話しておきます。
昨年限りで、それまで大変お世話になってきたキヤノンさんとの仕事はなくなりました。
EOS学園を辞めたことには10の理由があるし
キヤノンさんの仕事を辞めたことには、その倍以上の理由があります。
それは、ここでは書きません。

そんな経緯があったわけですが
今でもEOSを使っています。

「個人的には」っていう前提の話しになるのですがEOSは5D2あたりが最後の名作となるのではないかと思うわけです。
それ以降のモデルはカタログスペックや機能に目を向けられすぎていることもあり
その分犠牲になっている箇所が多くなってしまう。
これは仕方のないことだと思います。

ただ、自分が今目指している本当に撮りたい世界っていうのがあります。
その写真が撮れなくなってしまうのは問題。
だから5D2で撮ってゆく選択をしました。
こういう決断は今まではできなかったことですが自由になればできること。

ここで問題になってくることが2つあります。
やはり仕事でやっていた以上どうしても金銭的なことが挙げられます。
これは元々「写真家」として活動している以上プロモーションじゃなく本当の意味での作品をつくりあげていくことで、そのうち何とかなるでしょう。
もうひとつの問題はメンテナンスを始めとするサポートの問題。
それで悩んでいたんですけどね。
悩んだり困ったら、とにかく笑っていようと。
そうすれば、いいことあるんじゃないの?なんて笑って過ごしていたら
ある方と知り合って。
プロの方ならPDA GALLOPって聞いたことがあるのではないかと思います。
若い方は「ピーギャロ」とか略したりしていますが
そう、あの大阪のプロフェッショナル専門のカメラチューニングショップです。
メーカーの基準値よりも厳しい基準で組み上げる本当の意味でのチューニング(調律)ができる唯一の会社として有名です。
PDAギャロップさんがあるなら色々な問題がクリヤーになるし強がりな声に聞こえてしまうかもしれないけれど
プライベーターとなる意味もあるってこと。
「いい考えだ」なんてメンテナンス費用が幾らかも知らないでお願いしようと思っていたら
「いや、泉さんはウチがフルサポートします」ですって。

12080362_1506604119658589_1252778664310086449_o.jpg
▲赤メッキのボタンがPDAフルチューンの証し。5D3も一度フルチューニングしていただいたところネガティブな部分が少なくなってきていると実感。もう一回チャレンジしてみようという気になってくるから不思議。

なんて男前な一言でしょう。
だってプロフェッショナルしか受けつけないならば
商売の対象は当然プロフェッショナルってことじゃありませんか。
つまりプロをサポートして宣伝に使うっていうのとは違うようです。
他に、そういう人がいる様子もないし何故自分一人をサポートしていこうと考えていただけたのかは分かりません。
でも、だからこそ心配事も吹っ飛んだし攻め続けていける。そんな原動力を戴きました。
こうなった時の自分は強いからガンガン行きますよ。
本日発売の月刊カメラマンの中で「マル秘チューンが云々」の件は、このような経緯があるんだってことです、はい。

12107089_1508681919450809_6431050104929570396_n.jpg
12105951_1507744929544508_2975002644146658693_n.jpg
12118862_1507744896211178_3174482575494210296_n.jpg
常総市での災害復旧支援で疲れてきた頃に色々なサポートをしてくださった企業や団体、そして個人の皆さま。
本当にありがとうございます。
まだまだ人の手を必要としているので今後とも、よろしくお願いいたします。

頑張れ常総線その1


常総市から大阪に行き、また戻り活動。そこから北上して雫石に来ています。

今回は取材される側で。
頭の中を一旦切り替えて撮影に集中。。。
考えてみれば俯瞰の撮影は久しぶりだなぁ。
「こうしたい」って目的があって山を登るわけですが、いざ登ると目に入ってくる情報量が多すぎて「あれも入れたい」「これも入れたい」になってしまいます。
すると、ただの自己満足俯瞰になってしまうわけで落とし穴にまっしぐら。
こういう時こそクールでなければなりません。
整理整頓して見せたい世界を創り上げるためには時として思い切りや勇気が必要。

この後は再び常総市の災害支援に戻る予定。
今週末も#123の会の皆さんが活動のため集まってくれます。
今までは基本的に個人での活動だったけど
鉄道や写真を通して仲間が集まるって凄い。
山口や九州からも来てくれるとのことで本当に心強いな。














ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード