FC2ブログ

原点回帰

展覧会では父のカメラが一部展示されます。 それに合わせて私の原点と言えるCanonA-1も展示しようということになりました。 ところが肝心のA-1は処分してしまい手元にはありません。 そこで友人の所有するA-1を借りて展示することになっていました。 ところが先日の打ち合わせの帰り道、胸騒ぎというんでしょうか。 どうしても気になり、某カメラ店に行きました。 そこには35-70付A-1が置かれていたのです。 こういうのを「呼ばれた」というのだな。 と判断し、信じられないほど安かったので即決購入となりました。 昨日の日記で宣言した「趣味のカメラは当分買わない」というやつが気になっていましたが、これは趣味のカメラではありません。 思い出のカメラ。というやつです。 なんて自分に言い訳しながら家に戻り 箱から出すと懐かしい感触が蘇ってきました。 気がつけば体温が上がる、脈拍も上がる。 こんなにドキドキしたのは久しぶりです。 記念にカメラの姿を撮っておこう。とカシャッ! 撮った後に結構ホコリがついていたことに気づき エアーとウエスで掃除していると各所に傷がついているのが分かりました。 「ここは傷がつきやすいんだよなぁ」 でも見れば見るほど自分の使っていたカメラの傷と似ています。 「もしかして」 と思い、よーく見ると幾つかの箇所が 丁寧に補修されているではありませんか。 「この艶はエナメルかな。」と判断して 下地を痛めないように溶剤でそーっと拭くと・・・ 出てきました。T字型のスレ。 さらには縦位置で構えるときにできた軍艦部のスレが。 これでほぼ確信しました。 「これは自分が使っていたA-1だ!」 ほぼ間違いないと思います。 こんなことってあるんですね。 今となっては昔のシリアルなども分からないから 完全には分かりません。 でも当時、小さいでホールドしていたらこのカタチになったので それは忘れられない思い出だったのです。 展覧会用に大伸ばしされたサンプルの写真を見て 「これはもう35mmフィルムには戻れないな」 そんなことを考えていた私に対する神のお告げだったのか。 と思えてなりません。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード