FC2ブログ

デジタルの50mm

「50mmを使いこなさなきゃ何も見えてこないぞ。」 という耳タコの話がありました。 呪詛のように頭の中を支配するその言葉。 センサーのサイズが大小さまざまであるデジタル時代にあって それはどうなのでしょう。 50mm。 フルサイズでは50mmだけど 1.6倍になるセンサーを持つカメラでは80mm? そんなことはありません。 50mmは50mmです。 見かけの画角は80mm相当に見えますが よくよく写真を確認してみると やはり50mmなのだと確認できます。 これは単焦点レンズを使いこんだ経験のある ベテランの方々には納得していただけることと思います。 この50mm何が面白いのかといえば 撮り手の工夫次第で、どんな撮り方にも変化させられるという点。 望遠レンズのようなタッチにも 広角レンズのようなタッチにも自由自在。 画角に頼らず自分がグイグイ引っ張って 頭の中にあるイメージを創り出すことができるんですね。 また赤ちゃんの肌のように柔らかく 針のようにカリカリとしたシャープにも撮ることもできるのです。 そのタッチの差は2面性というものではなく無段階調整といった具合。 撮り手の要求はワガママです。 どうしても目の前にあるものと 実際に写った写真にズレが生じますよね。 その差を埋めてくれるのが実は現像ソフトでもなくレタッチソフトでもなく 50mmなのではないかと感じはじめてきました。 とても幅広いシーンに対応してしまうところに やはりレンズとしての器の広さというものを感じてしまいます。 「このレンズに不満があるのなら、それは自分の技術が足りないから。」 そう考えることができるのもまた 自分の写真を見つめなおす、いい機会になりそうです。 とにかく、50mmレンズが教えてくれることは価格以上のものがあります。 50mmを1本だけつけて 何か撮りに出かけてみませんか? 「標準レンズ」 元々メーカーがしのぎを削りあい つくりあげたレンズ群。 「あくまでも素材であり味つけは撮り手がつける。」 カメラの性能も何も関係なく 撮り手の技術や心がストレートに表面化する50mm。 まだまだ侮れない存在です。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード