FC2ブログ

ファストからスロー 米原探索

琵琶湖に沈みゆく夕陽を眺めながら 新幹線に揺られていると あっという間に米原でした。 予約していた宿は東口でしたが 西口で降りぐるりとまわりながら探索してみようと考えました。 それまでの新幹線のスピードから一転。 スローな気分に転換したかったのかもしれません。 西口には大きなスーパーが一軒。 その他は細々とした商店があるだけです。 新幹線が停まる駅というのに 閑散とした印象があります。 東口と西口を結ぶ通路は2つ。 跨線橋を渡る方法と地下道を抜ける方法です。 迷わず地下道を選びました。 クルマでは通ることができないという単純な理由からでした。 (GR-DIGITAL) 地下道の中は超無機質な空間。 太いパイプがアクション映画に出てくるワンシーンのようでした。 すぐ上をたくさんの線路が走っているため それらを想像しながら抜けるのは楽しいものです。 (GR-DIGITAL) 地上に出るとガランとした空間が目の前に広がりました。 再開発のため ここから何もなくなるというのは時間の問題です。 今夜の宿は駅前の古い旅館です。 ずっとここに泊まりたかったのは理由がありました。 それは撮りつづけている一角を俯瞰できるからです。 翌日、朝早くから近所の撮影を始めました。 鉄道写真2003で訪れた時と較べて ガランとしているのが分かります。 (H2D39M) (HASSELBLAD-500C NC160) ▲昨夜訪れたおでん屋さん。おでん以外は何もないという正しいスタイルのおでん屋さんだった。2006年4月撮影 (GR-DIGITAL) ▲今回のおでん屋さん。周囲にあった建物が消え強風の時にはかなり揺れるのだとか。近江鉄道の米原駅から改札に向かうときに見える米原の象徴

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード