錆だらけのヒーロー

突然ですが「太陽の牙ダグラム」 というアニメーションがあったのを思い出しました。 リアルタイムで放送されていたのは部活が終わってもトレーニングという生活をしていた中学時代ですので実際の放送を見た記憶はないのですが、なぜかオープニングだけはしっかり覚えています。 錆だらけのロボットが衝撃的でした。 今、思うとそれは放送予告のCMか何かで見た姿なのかもしれません。 でもいまだに覚えていることを考えると それは当時の自分にとって大きなインパクトだったのだと思います。 そういえば「宇宙戦艦ヤマト」のオープニングも印象的でした。 錆だらけの戦艦大和から物語が始まったように記憶しています。 どうやら私たちの世代では 「錆だらけ=かっちょいいヒーロー」という公式が意識の中に埋めこまれているのかもしれません。 遠く離れた南大東島や屋久島。 そんな場所に捨てられた錆だらけの機関車に強く惹かれてしまうのも無理のないことなのかなぁと自己弁護する次第です。 さて、昨年見て以来 気になる存在として頭の中にある平取(びらとり)のD51。 (EOS&SIGMA 12-24mmF4.5-5.6EX DG) (EOS&Voigtlander ULTRON40mmF2 SL) ロシア帰りということは分かっているのですが それ以上のことは私には分かりません。 とにかく現在この場所にこの状態で置かれているという存在。 その事実だけでOKです。 昨年初めて撮って 足りない部分を今回撮ったわけですが まだまだ足りない。 今後も何度か足を運んで自分なりの物語を完成させていきたいと考えています。 (EOS&SIGMA 12-24mmF4.5-5.6EX DG) このまま、もう少し置かれていればいいのですが こういった機関車は突然潰されたりすることもあるので少し怖い。 でも、それもまた自然な姿なのだと思うようにしています。 (EOS&SIGMA 12-24mmF4.5-5.6EX DG)

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード