センサーのダスト対策

シュポシュポッ センサーのゴミ取り機能がついて、この作業から解放されると思っていました。 しかし。 いまだにシュポシュポ!というのが現実のようです。 もちろん起動時に取れるゴミもあるからラクチンですが基本はブロアー作業に頼るしかありません。 面倒で地味な作業ではありますが後からゴミを消す作業に較べたらはるかにラクだと感じます。 しっかり全てのゴミを消すって本当に大変なことですからね。 このアナログなゴミ取り作業。 サラッとやるだけでは取れないゴミもあるから厄介。 ゴミが完全に除去できたかどうかを確認するのには望遠レンズを使い絞って白いものを撮影するという方法もあります。 ところが最近はあまり望遠レンズを使わないことからロケに必ず持っていくものでもありません。 また確認の際、センサーについたゴミなのか被写体のゴミなのか分かりにくいことから近頃はこの方法で確認するという話も聞かなくなってきました。 最近の流れとしては完全にこれでしょう。 RAYQUAL(宮元製作所)のセンサーチェッカーです。 RAYQUAL製品に関してはマウントアダプターで、その精度の高さを思いっきり実感しているから不安はまったくありませんでした。 とてもコンパクトなのでカメラバッグに入れておいても邪魔にはならないし白い被写体を丁寧にチェックする作業も必要ありません。 交換レンズを取り付けるようにキュッと装着してシャッターボタンを押すだけ。 実にカンタンです。 カメラの液晶モニタで確認することもできるしパソコンのモニタで確認すれば、より鮮明にチェックすることができます。 これで気持ちよく撮影できて後処理の面倒な作業から解放されるなら安い買い物だと思いました。 ずっと使える物だし。 このセンサーチェッカー。 今なら期間限定で安く買うことができるからチャンスです。 デジタル一眼を持っている方のマストアイテムですね。 レイクオールさんのHPはコこちら。 さて、明日は写真展最終日。 お昼ごろには会場に入り3時の終了までゆっくりしていようと思います。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード