一日部員

今日は埼玉県S高校写真部の皆さんと一緒に撮影を楽しんできました。 連休の真っ只中ということもあり結構な人で賑わっていましたが、それだけ被写体も多いということで人物撮影にはもってこいのコンディションといえます。 今回持ち出した機材はGX100とEOS1D-MarkIIIにプラナー50F1.4、レフレックス300mmというシンプルなもの。 結果的には人物を撮るうえで最良の選択だったようです。 ▲地図を手にした女性の姿。旅を感じさせる最高の組み合わせです。 ▲おばぁちゃんの手を引く女の子。こんなシーンを撮りたくて待った価値がありました。 ▲この子のいい思い出になるんでしょうね。水筒を持っていたのが撮る側には嬉しいところです。 出来すぎのシチュエーションを目の前にして写真部の皆さんも一生懸命撮影していました。 さて、ここで普通に撮るだけも面白いとは思うんですが貴重な体験をしてもらおうと用意したものがあります。 ほとんどの部員がキヤノンユーザーだったこともあり最高におせっかいなレフレックス1000mmを貸与です。 彼はこのレンズで苦戦していました。 「ピントが合いません」 「重たいです」 「ブレちゃう」 汗ビッショリでぼやいていた彼ですが、それもいい体験となったようで使用後はしっかりホールドできるようになっていました。 またシフトレンズや面白いトーンのレンズなども使ってもらったのですが、こちらも後々いい体験だと思ってもらえればおせっかいは成功と言えそうです。 夕方までガッツリと小湊鉄道を撮影した後は近所の登り窯で撮影再開。 ここでは質感や形、曲線などをイメージ通りに撮る練習をしました。 みんなうまく撮れたでしょうか。 このようにして今日の撮影会は終了~ なんだか自分も先生というよりは部員になったみたいでとても楽しい一日でした。 こんな行動を続けていたら若返ってしまうかもしれません。 というか今の気分は16歳嬉しい

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード