素晴らしい活躍をありがとう。

今日は頼まれてウェディングの撮影をしてきました。 普段は丁重にお断りすることが多いんです。 でも今回は依頼の理由で即OKとなりました。 その理由とは「ストロボを使わないで撮影して欲しいのですが」 というものです。 「式場などで頼むとストロボを使わなければ無理といわれてしまったので」 そりゃそうでしょう。 機材は色々と考えた結果こんなセットにしました。 カメラはEOS-1D MarkIIIと40D レンズはタムロンの A001(70-200mm・F2.8) A09(28-75mm・F2.8) に加えプラナー50mm・F1.4 ディスタゴン15mm・F3.5を持っていったのですが、この4本セットは実に素晴らしい活躍をみせてくれました。 もう完璧。 キッチリ撮るという職人としての役目。 それから会場の光をアーティスティックに表現してくれるという芸術家としての役目の両方を見事にこなしてくれたのです。 カメラの設定は撮りながら細々と変更していきました。 最初は高輝度側・諧調優先をONにしていたのですがA09とプラナーがハイライト付近でかなり粘るため思い切ってOFFに。 ISO感度は上限を400までとしていたのですが特にぶれる様子もないため200固定に変更。 ホワイトバランスはオートで通しましたが、いいフィーリングです。 そんなわけで20GB分を現在とりこみ中~ ▲現在使用しているパソコンはサンディスクのExtreme・FireWireリーダーが使えないため少々遅め・・・速いリーダーが欲しい。 しかしCFカードの転送速度(カードからPC)って不思議ですね。 速くないはずのカードが実は超ハイスピードだったり逆もまたしかり。 でも、こんな画面を見てしまうのがいけないのかもしれません。

コメント

非公開コメント

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード