雪中撮影対策 足元編

「寒い場所での撮影は足と頭を温めることが大切」
よく耳にするものの実は今まで足元に関しては、うまくいきませんでした。
靴の選択と靴下の選択が敗因だったと思います。
今回の丸瀬布遠征では靴下を見直してみました。
まずサラサラの薄手を履いて、その上からメリヤス素材のトレッキング用。
事前に走ったりして汗がどう逃げるかをテストしてから実戦投入したわけですが
これが大当たりでした。

靴下を2枚履くことに関しては今までもトライしたことがありました。
ところが中でぐずついてしまったり素材選定のミスがあったりで、いいイメージがなかったんですね。
ところが、こりゃいい。
もう雪中撮影の定番になりそう。
あまり美しいものでもないので写真は割愛・・・


靴も今まで失敗を繰り返してきました。
長靴って少しだけならいいけど長時間。さらに何日も繰り返していると疲労がハンパじゃないものです。
また一見暖かそうに見える靴も実際に使ってみるとイマイチっていうのは、よくある話しで。
こればっかりはギャンブルで数撃つしかないのかもしれません。

今回はこんなのを購入しました。
IMG_0321.jpg

IMG_0323.jpg

IMG_0328.jpg

下半分はしっかりしたスニーカーのようなホールド感と履き心地。
そこから長靴状になっており雪が入り込むことはありません。
さらには紐を結ぶ必要がなくドローコードを引っ張ることでフィットするので
手袋着用のまま調整ができるわけですね。
これ重要。

IMG_0320.jpg

「早くから、こんなのがあればよかったー」
一日撮影しているとモチベーションを、どれだけ高く保てるかが勝負の分かれ目になるポイントがあります。
丸瀬布でも「もう寒いからやめよう」「限界っす」と離脱してゆく人が多い中でもヌクヌクと撮り続けてゆくことができたし何より頭の中を常にクリヤーな状態に保つことができたことからも
足元は、やはり重要だと実感しました。
いい写真機材より、まずは足元。
納得。

今まで靴で苦労してきた方はこちら。
メーカーサイトで見てから安いところで買うといいと思います。
サイズに関しては普段履いているのと同じサイズを選んで問題ないんじゃないかな。
厚手の靴下を履いた状態で設定されているみたいです。

http://www.keen-japan.com/item_view.asp?id=183

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード