半そでのダウン?


「もう寒くて寒くて」っていうような状況じゃ撮影時に集中するのは難しいものですよね。
とりあえず撮るとか記録することぐらいならできるけど、その先の余裕がないっていうか。
ピント・露出・構図。すべてに気を配るのは困難になってしまいます。

しかし最近は化繊の進歩がすごいですね。
以前は化繊のTシャツなんてペタペタして着られたもんじゃなかったのに今じゃ綿より快適。
運動する際なんかは、もう綿には戻れません。

寒いときなんかフリースが目立つようになってきています。
ヒートテックも着用している人は多いんじゃないかな。
こうしてみると、かなりの衣類が化繊になってきていることを実感します。
でも変わらないものもあるんですね。
それがダウン。
こればっかりは代用がない気がします。
化繊のダウンもどきはギュッと丸めてもコンパクトにはならないし、あんまり暖かくないじゃないですか。
なのにダウンはフワーッと暖かい。もう着てるだけで幸せ感じちゃうのです。軽いし。

そんなダウンですが撮影する時って、あまり快適ではなかったりします。
カメラを構える際には右手を大きく曲げるでしょ。180度近くまで曲げます。
すると肘の内側が詰まってしまうじゃありませんか。
右手だけが冷たくなったり痺れて動きが悪くなったりするのは、これが原因だということに気づきました。
それ以来、右腕の肘内側だけ加工したり色々工夫していたけど
最終的には薄手のダウンベストをインナーとして着るようにしました。
風をシャットダウンするのは別のもので。つまりレイヤードっていうわけです。
こうすることで長時間に渡り腕を曲げてもモンダイなーし。
しっかり集中できるようになりました。

ところがですね。
人間というのは常によりよい環境をつくろうとしてしまうのですね。
昨年、開催したツアーで半袖ダウンを着た方がいらっしゃったんです。
はじめは「え?」と思ったけど、これがものすごく羨ましく思えたのです。
その時の自分は肩(特に外側っていうのかな)が寒いと感じていたから
マフラーを肩にまでまわしてアウターを着こんでいたことから窮屈ってこともありました。
「超快適そう」
もう、その場でスマホからポチってやろうかとも思いましたよ本当に。
北海道ってアマゾンのプライム会員でも少々遅れてしまうこともあり
最終的には「帰ってから」となったわけですが帰ったら即ショップに行って試着したのは言うまでもありません。
ところが自分の体型のせいなのか脇がタイトすぎて撮影ポーズをとってみたらキツいんですね。
XXLなんて天文学的サイズ(!)を着てみても根本的な対策にはならず断念してしまった経緯がありました。
「もう半袖ダウンは諦めよう」なんてショックを受けながら一年が過ぎ
また寒いシーズンがやってきました。
そんなわけで色々と新調しようとショップを覗いていたらですね。

あったんですよ理想の半袖ダウンが。
何が凄いって、まずラグランであること。
IMG_9191.jpg
▲さらに身頃と袖の部分。そして脇までも、それぞれのエレメントが伸縮素材で結ばれていること。

IMG_9193.jpg
▲ファスナーが噛まないと思われること(結構イラつくから)さらに首や顎に当たる部分はやさしいつくり。

IMG_9192.jpg
▲ポケットをあければ換気が可能。これ最高にありがたい。

IMG_9194.jpg
▲いいモノは裏が考えられてるってことに最近気づきました。ほんと感動もの。

もし「半袖ダウンがいいよね」ってことで一気に流行したとします。
ユニクロやguでも出てきたよーなんて時代がやってきたとしても
ここまで動きをよくする必要が感じられなければ安く済ませたいこともあり簡易的なつくりになると思います。
Phenix さん、ここまで動きやすい半袖ダウンをつくってくれてありがとう!

もし一般的に評価されなくても写真を撮る人は絶対にこれ評価しますよ。
つくり続けてくださいね。

ちなみに父親もおなじものを使ってます。
客観的に見たら某野球チームの応援団みたいだってことに気づいちゃいました・・・
ちなみに他にもカラーバリエーションはあったような気がします。
多くの方にすすめたところ現在は品薄らしいのですが
アウトレットに行くと売っているとのこと。
快適な撮影ライフの参考になれば幸いです。

phenixさんのHP
まだまだ色々いいものがありそう。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード