CPX2014

CPX2014

CP+が約1ヶ月前に終わり通常の生活に戻りましたが約1ヵ月後の4月27日にはCPXも控えています。
今年も、ひたちなか海浜鉄道の那珂湊駅でやりますよCPX。

って何?
と思われる方もいらっしゃると思います。
CP+って、どうしても一方通行な形式になってしまうじゃありませんか。
もう、これは大きなイベントである以上どうしようもないこと。
じゃぁ喋りきれなかったことが自分もあるし来られた方の中にはメーカーの方に質問したいことだってあるでしょう。
そういう交差した場ってないじゃないですか。
「じゃ、やってみよう」と始めたわけです。
押し込む+じゃなくて交差したかったからX。
だからCPXっていう名前となりました。
一日セミナーをしつつ喋りまくります。
メーカーの方にもイチオシの機材を紹介していただきます。
質問も自由にどうぞ。
昨年は、こんな感じでした。
http://tetsudoshashin01.blog17.fc2.com/blog-entry-2367.html

今年は、さらに楽しめる要素を増やしていこうと考えています。
今、考えていることは2つ。
まず1つめ!
前夜の4月26日には昨年の銚子電鉄みたいにイブニング撮影をやります。
普段は入ることのできない車庫付近。照明を使って、しっとり、じっくり撮れるよう色々考えています。
この催しは集客や運営を日本旅行さんにお願いしているので近々発表になるので
その時が来たらまた改めてアナウンスさせていただきますね。

あと、もう1つ!
「鉄道写真 真剣勝負」という企画を。
あなたの写真が讃えられるか斬られるか。
モニターや印刷ではなくA4以上のプリントで見せてください。というもの。
これは一点2,000円がエントリーフィーになります。
三点を上限とますが、その際は5,000円に割引させていただきます。
少しお得でしょ。
そのお金はCPXの運営に。なんてことはしません。
CPXは、あくまで個人でやります。
企業からもお金は一切受け取っていませんし自分の活動のひとつです。
じゃ、そのお金は?
災害支援のための資金にしています。
昨年までと同じように今年も災害があるでしょう。
ないに越したことはありません。
でも避けて通れるわけもないし見て見ぬふりもできないようになってしまいました。
そこで有事の際に一番いいと思うお金の使い方をさせていただきます。
災害の現場へ即、資材を届ける。直接届けて作業する。自分が行けない場合は現場で頑張る人の運営を助ける。色々な方法はありますが何がベストなのか。
今の段階では誰にも分かりません。
その時のベストだと思ったときにすぐ動かせるための資金にします。
ローカル線=地元線。
地元が元気にならなければ鉄道だって元気にはなりません。
鉄道が元気じゃないと地元が元気になれないのと同じように。
ここも相互。つまりXなんですね。
そんなことを考えながら動いています。

鉄道写真真剣勝負

ほら。
鉄道 写真 真剣 勝負
4つの文字には、それぞれがあるでしょ。
時には勝負してみるのも悪くないものだと思います。
それは他人と争うことではなく自分との勝負ですから。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード