スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲見世探検してみたところ。

仲見世探検してみたところ。

今回のCP+仲見世ツアーに参加してくれた方には色々な商品をご紹介させていただいたのですが
中でもピカイチだったのが、これ。
http://www.agai-jp.com/others/hahnel/index.html
今まで社外バッテリーというと頼りなかったり後ろめたかったり。。。
でもね、こいつは純正を超えるものでした。
オレンジ色の外観はダテじゃありません。
中にはシリコンのカバーが入っていて衝撃に強い。
さらには外気温にも強い。
特に今の時期は寒いですからね。
いきなりダウンってことがあるじゃないですか。
でも
テストの結果さむ~い環境でも、かなりいい結果が得られたようです。

また通常の気温でも純正に較べて多くのショット数が撮れる。
これは大きいですね。
そう聞くと「容量が大きくなったの?」と考えてしまうのですが「最適化」という答えが帰ってきました。
バッテリーって30%残ってるって表示されても
そこから点滅してゼロになるまでが、やたら早いってことありません?
そのあたり最後の最後っていうところの性能が強いこのバッテリー。
純正より安くて強くて性能がいいならばゲットでしょう。
また充電器でもいいのが出品されていました。
スマホのチャージャーってあるじゃないですか。
あれのカメラバッテリー版といったものでユニパルという製品です。
撮影に出ると充電器だけでなんだかんだ相当な数になっていましたが、これで整理できそう。
電源のない場所でも充電できるってことは何日もかけて撮影する自分のスタイルにはぴったり。
これを考えた人は偉いっ!
鉄道撮影の強い味方です。
価格もぐっと抑えられていてその場で買えるものならば買いたくなってしまうものでした。

さらに。
今回、個人的にカメラバッグ(リュックタイプ)を探していたんですが
背中が曲がらない物が多くスタイルや容量、機能としてのポケットといったものを追求しているあまり
大切であるはずの背負い心地が今ひとつ重視されてない製品ばかりが目立ちました。
しかーし。
ありましたよ凄いのが。
マンフロットのオフロードというライン。
機動性の高い30リットルの容量。
ぴったりじゃありませんか。
これに入りきらないようなら撮影スタイルを見直す必要があります。
4色のカラーがあり使い勝手よさそう。
しかも背中が当たる部分は現在のトレンドを踏襲しており直接当たらないように考えられています。
その結果、屈んで撮影しても背中が突っぱらないし空気が抜けるので汗でびっしょりってことも防げます。
しかも、フィッティングの許容範囲が広いから、どんな体型の人も快適に背負えるタイプになっています。
残念なのは・・・
まだ発売されていないこと。
予約だけでもしておこうかな。
でも4色あると悩む。
赤はそんなに発色がよくなかったしライトグレーは汚すだろうな。
ってことでグリーンをポチっといきたいところです。
http://www.amazon.co.jp/Manfrotto-road-%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AF-MB--BP-30RD/dp/B00T8RETUS/ref=sr_1_1?s=photo&ie=UTF8&qid=1424335445&sr=1-1&keywords=Manfrotto+off
4月20日が待ちきれない・・・

あとですね。
メモリーカードといえば信頼が第一。
ってことはサンディスク以外考えられませんが
ハードディスクも同じです。信頼が第一。
ってことで、いつもWD製品を使っているのですが
http://www.wdc.com/jp/
外付HDDで、かなりいい物が出ていました。
動画や高画素で、相当なバックアップが必要になってくる時代に突入しそうだから
今のうちに揃えておく必要がありそうですね。


それからSTC, 勝勢科技股份有限公司
http://cht.stcoptics.com/
こちらの製品のクオリティーは実に高いです。
やはり台湾の技術や精度は今や世界のトップクラスと言えるでしょう。
朝の開場前に伺ったので、まだ通訳の方がいらっしゃらなかったこともあり
自分のヘタッピな中国語では細かい部分まで知ることはできなかったのですが
そこは何とかコミュニケーションを図ることができました。
特にフィルターのコーティングに関して素晴らしい技術を持っているので国内での発売に超期待。
日本製品もっと頑張らなきゃね。
他にも色々と魅力的な製品がありました。
まさに宝の山ですね。
だから仲見世探検はやめられません。

しかし毎回思うことなのですが
仲見世と呼ばれる小さなブースが2~3年後の流れを変えていくという図式は
過去の例を見ても間違いありません。

色々な意味で「ひっくり返っていく。」
そのターニングポイントがCP+2015だったのではないかと感じます。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。