スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やるな!

すっかり元気になりました。
本日はホームグラウンドで幾つかのテスト。
メインは動画についてです。

動画って写真とは違うことが多いですね。
機材にしても何にしても。
設定も通常じゃありえないようなことだらけで何とかなっちゃう部分もあれば実にシビアな部分もあったり。
まだまだデジタル一眼ムービーは黎明期だから自分で探らなきゃならない部分も多く
だからこそ楽しくもあります。

そんな中、GXRで写真も撮ってきましたよ。

R0010178.jpg

今日はGR33mmユニットのみで、ちょっと光線状態が悪い場所からのテストです。
半逆光や完全逆光などで撮ってみました。
ちょっと色がVすぎるかなといった感じがしますが
これはパラメータや現像次第でどうにでもなります。
凄いのがダイナミックレンジがメチャ広いこと。
撮った瞬間は「あぁ飛んじゃった」「潰れちゃった」
と感じたものが実は現像してみると、かなり上下に余裕があることが分かりました。

また一番気になっていたのがシャッターのレスポンス。
普段撮っていると「もうちょい速ければ」と考えていたのですが
よく考えてみればピントが迷っている時間が長いだけで。

マニュアルでOKじゃありませんか。
33mmだから深度もあるし。
というわけでカシャツ!
あっけなく決まりました。
GXRはシャッターのレスポンスが悪くありません。
VF2も見やすいし普通に撮れちゃいます。
またカメラに妙なシャープネスもかかっていないからプリントしても伸びる伸びる。
ちょっと驚きです。

もう今すぐ一眼レフは要らない
というわけではありません。
でも、こういったカメラが勢力をひっくり返す可能性は充分にあると感じました。
これで動体予測AFとモニタの精度が上がれば一気ですね。

このカメラとユニット1つで旅したら面白いだろうな~





ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。