光のある場所へ

R9330210.jpg
ここ一発という時に
こちらの期待以上の頑張りをみせてくれるのがツァイスレンズ。
光の表現はピカイチ。
広角は広角なりの。
望遠は望遠なりの感動的な光景を見事に表現してくれます。

そんな感動的なシーンに巡りあうまで
目は、しっかり守らなければなりません。
被写体を前にして100%のパフォーマンスを得るために。
R9330217.jpg

以前、気に入ってかけていたツァイスレンズを使ったサングラス
スカイレットは廃盤になってしまったけれど
新潟県にあるメガネのまついさんが、より高性能なサングラスとして再発売してくださいました。

フレームは若干変わり誰がかけてもフィットしやすいタイプになっています。
「これが似合わない日本人はいない」というスタイルなのではないでしょうか。
そんなスポーティさが消えたように感じるフレームなのですが先日初めてこれをかけてMTBに乗ったところ
飛んだり跳ねたりしてもずれることはありませんでした。
これは失礼ながらちょっと意外。
だって外観は絶対スポーツっぽくないじゃないですか。
ヘルメットを被ってもステムの長さが絶妙なのが分かります。
これは自転車乗りには嬉しいかも。

初期のレンズは超アンバーという印象だったのですが今回のは自然に見えるかな。
写真を撮る方に説明するならば色温度を500ケルビンほど低くしてアンダーを持ち上げた感じ。
普段は偏光を使うこともあるのですがPLフィルター同様、万能じゃありません。
疲れやすいし違和感を覚えることもあるんです。
このスカイレットはコントラストが高いのにキツい印象は受けません。
撮影前のアプローチでもかけていられるし撮影後の疲れ目にも優しいので次の日が全然違いますよ。
と言っても人それぞれ受ける印象は違うと思います。
気になった方もギャンブルする必要はありません。
HPから申し込むとテストすることができるから、まずはいきなりポチッとせずに試してみましょう。

R9330224.jpg


「さて光のある場所に出かけてみよう」
そんな気分にさせてくれるサングラスです。

スカイレット



※追記

思いつきなんですが
今度開催される「光と遊ぶ」で参加者の方たちにも、テストしてもらいたいな。
これを通すと光の存在がいつもと違って見えるからです。
ということで松井さん
これを見ていたら、ぜひ宜しくお願いいたします。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード