スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手つどう写真2010

現在プリントしています。
今回は新しい用紙にチャレンジ中。
私が持っている作品用のプリンターは9000と9500
つまり染料と顔料の2種類があります。
以前は併用していたのですが
現在は作品作品に関して言えば顔料じゃないとお話にならないと感じています。
本当は鉄道写真ならば染料のほうが何倍も簡単。
簡単っていうのは狙った通りのプリントまでの道のりが短いってことです。
でも「この写真をください」
そう言われて染料でプリントしたものを手渡すことはできないじゃないですか。
だからって染料でプリントしたものを見て気に入ってくださったものを顔料で差し替えるなんてこともできません。
やはりプリントしたものって特別なものですからね。

今回プリントするのは5枚。
5枚って難しい。

ん~

う~ん

悩んでいても仕方ないので分けて考えることにしました。
2+3
4+1
う~ん・・・
これでどうだ。
なんてことを繰り返しながら、ようやく
うん決まった!

で、何をプリントしているかっていうと

昨年末にニューヨーク開催された
デジ侍写真展の凱旋写真展を行います。
そのためのプリントなんです。




タイトル
デジ侍 NY凱旋写真展

期間
2010年10月19日(火)~10月31日(日)
11:00~19:00 月曜定休日

 
デジ侍
川合麻紀 豊田直之
清水哲朗 広田泉
たかはしじゅんいち  吉田繁
土屋勝義

場所
ギャラリーコスモス
目黒区目黒下目黒3-1-22 谷本ビル 3F
http://www.gallerycosmos.com/newpage4.html

☆オープニングパーティーのご案内
初日10月19日火曜日
午後18:00よりギャラリーコスモスにおいてオープニングパーティーを行います。
お時間を調整の上おこしいただければと思います。




昨年開催されたNY展。
もう一年です。
強烈な刺激を受けて帰ってきたのですが
それを、どう生かすべきかずっと考えていました。
目の前に広がる光景を見て考え
撮って考えて
現像して考えて
プリントするたび対峙して。
悩んだり決断したり。
自分なりの答えを幾つか出したところで今度はスイスのシーンが待ち構えていました。
前にも書いたことがあるかもしれませんが
目の前にあるものが強烈なパワーを持っていればいるほど写真は難しい。
被写体に力がある分、それを上回る力を発揮できるかできないかが客観的に写真を見たときの魅力を大きく左右していまうからです。
これは何もスイスに限ったことじゃありません。
蒸気機関車。
花。
ローカル線。
空や海。
珍しい車輌。
夕景や夜景、そして絶景。
依存すればするほど大きな落とし穴が待っています。

ある意味いいチャンスだったのかもしれません。
NYで得た答えのひとつを初めてのフィールドであるスイスでチャレンジすることができたからです。
そんな中で得たテーマから今回は出展しようと思っています。
ずばり

「手つどう写真2010」

手です。
鉄道って「て」から始まるでしょ。
集うことで、そこから生まれるものを見て感じて写真にしました。
シャレじゃなくてね。
このテーマから生み出された5枚の写真。
それが今年の自分の答えです。



先ほど清水侍に電話をかけたらオーストラリアから仙台へと移動中。
皆さんハンパじゃなく忙しそう。
なぜか自分はロシアに行ってることになってるし。
行ってませんよ。
誰だ?ガセ流したの。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。