スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こりゃ楽しくなりそうだ。

今回のツアー。タイトルは
鉄道写真家 広田泉と撮る水郡線&ひたちなか海浜鉄道2日間
ですがテーマは
「その場で感じたことを写真に込める」
というものです。

ただ写真を撮るだけなんて、もったいないじゃないですか。
だから、その場で絵づくりするポイントを中心にレクチャーしていこうと考えています。
単なる構図だけじゃありません。
どこに主体を置きどこに、どんな光を配置して、その結果として色をどうコントロールするか。
撮影地で考えることはたくさんあります。
そのあたりがメインになるかな。
スナップ派も走行風景派も満足していただける内容になっています。

_MG_5171.jpg
LEDを途切れることなく表示させつつブレのない写真を撮るって結構難しいですよね。
でもコツを覚えちゃえば簡単。
_MG_5096.jpg
どこで切る?どの光を狙う?色とトーンで丸みと質感を表現できる?


それから、まだ決定したことではないのですが、とても普通じゃ考えられない内緒の内容も実現しそうな感じ。
今回の主催者である財団法人グリーンふるさと振興機構さんも、やる気満々です。
「すごい気合い入ってるなぁ」なんて思っていたら
今回、担当されるお二人は写真とカメラが大好きだということが判明。
また、さらにツアーを充実したものにするため
いつも極上ツアーを企画してくれるロックのこころもじゃもじゃ君も手伝ってくれることになりました。
やっぱり凄いよ、この男。
一緒に下見していたら、どんどんアイデアがあふれてきたようで
当日は最高に楽しくなりそうです。

また今回泊まる宿ですが
中に入れていただきました。

すると
なになに?

_MG_5143.jpg

絶景岩風呂ですって。

どう絶景かというと

_MG_5134.jpg

目の前に川が流れており、これだけでも絶景なのですが

あっ

_MG_5132.jpg

確かに、こりゃ絶景ですね。
宿から駅までは徒歩2~3分。
だから早朝や夜は自主トレ撮影もできるかな。

奥久慈トレイルランの大会が行われる関係で
宿のフロントには鏑木毅さんと石川弘樹さんのサインが。
_MG_5148.jpg
こりゃ自分には最高に嬉しかったりして。

ちなみに今回の下見では、こんなものをいただきました。
けんちん蕎麦と麦とろ飯。

_MG_5088.jpg

蕎麦は日高のいずみ食堂みたいに極太で、すごく食べごたえのある麺でした。
ご飯の炊き具合も、とろろにぴったりです。

この地域って東京からだと微妙な距離で微妙な方角ですが大好きになっています。
トレイルもいっぱいあるしプライベートでも遊びに来たい場所だと感じました。
そんな中で撮影ツアーができることは自分にとって最高に嬉しいことです。

2日間は無理という方でも大丈夫。
1日だけでもOKなので
ぜひ、ご参加をお待ちしております。
http://www.greenful.jp/tour/detail.php?code=13
先着順なので、お早めに。

ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。