嵐のような

銚子撮影会の翌日は屋根を叩く大きな雨音で目を覚ましました。
外は嵐です。
実はこの日、ある約束があったのですが中止に間違いない。
そう考え2桁睡眠へ突入しようと決めこんだのでありました。
久しぶりの睡眠快楽・・・

しかし、そこに一本の電話が。

「おっはよーございまーすっイズミさん今日どうします?」
声の主はフォトライター矢野直美さん

眠っていたことを悟られないようハイテンションで応えます。
「だって雨じゃない?っていうか嵐でしょ。行く?」
「行きたいです」
「走ってないかもしれないよ」
「見るだけでもいい」
「おれ晴れオトコだから大丈夫だと思うけど」
「あっ私も晴れオンナですから」
「じゃ大丈夫かぁ!」
そんなノーテンキな会話から成田へGO!となりました。

途中で矢野さんをピックアップして成田へ向かうものの雨は一向に止む気配がありません。
ザブンザブンと車を走らせました。

ゆめ牧場へ到着した頃は嵐もピーク。絶好調です。
二人ともカメラバッグを濡らさないよう注意して歩きました。

まきば線に到着すると羅須の方が待っていてくれました。

この日は活動日ではないのに我々のために休日出勤してくれたのです。
感激!
矢野さんが色々とお話しを伺っている間、私は撮影タイム。
雨に濡れた機関車は美しく、かなりの枚数を撮ってしまいました。
あれ?いつの間にか雨やんでる!

そこでスタッフの方から「乗ってみます?」と、ありがたい言葉が。
「乗ります乗ります!」
なんと乗せていただいたのは運転席。
立山砂防で活躍していた機関車の運転席に乗せていただけるなんて夢のようです。
小さな機関車に3人乗りでゴトゴトと発進~

_MG_1092.jpg


いやぁ噂には聞いていたけれど本当にリジット感覚なんですね。
レールの上をダイレクトに走っているようです。
でも本当にエキサイティング!
マジで感激です。

_MG_1099.jpg
▲ポイント作業をする矢野さん。

この日は羅須のTさんに本当にお世話になりました。ありがとうございました。
撮影した写真は毎日コミュニケーションズのデジタル一眼レフFanのKissX2ムックに掲載される予定です。
矢野さんは何に載せるんだろう。
この日、成田空港から関西空港へと向かった矢野さん。
タフだなぁ。

そうそう、デジタル一眼レフFanといえばVOL2が発売されています。
こちらではKissXとKissX2で撮影した箱根登山鉄道。またプロのアトリエというコーナーに登場していますので、ぜひご覧ください。

_MG_1130.jpg


ブログ内検索

Facebook

月別アーカイブ

写真集「ここから始まる。」

book-hyoushi-2.jpg

被災地支援写真集
「ここから始まる。」
広田泉
販売中です!
寄付のご報告

QRコード

QRコード